About

ホームページをリニューアルしました。是非新しいホームページをご訪問ください。https://www.sitsuryobunsekiya.com/

 イメージング質量分析、LC/MSの受託を本格的に始めます
浜松医科大学発ベンチャー”株式会社プレッパーズ”のイメージング質量分析とLC/MSの受託事業を、エムエス・ソリューションズのブランドで引き継ぐことになりました。
       イメージング質量分析受託事業
イメージング質量分析(IMS)は、生体組織切片などの平面状試料に対して、微小空間のマススペクトルを空間情報と合わせて連続的に取得し、網羅的な分子マップの情報を得ることが出来る方法です。従来のマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析(MALDI/MS)に加え、脱離エレクトロスプレーイオン化質量分析(DESI/MS)よるIMSが可能です。
        LC/MS受託事業
LC/MSは、液体状の混合試料をLCによって成分分離し、順次マススペクトルを得ることが出来る方法です。弊社独自の技術であるソルナックチューブを用いることで、通常LC/MSでは使用できないリン酸塩緩衝液を用いるLC/MSも可能です。
      質量分析特にLC/MSの棚卸をしてみませんか?
近年、LC/MSは様々な分野で用いられる様になり、それに伴い多くの企業や大学、研究機関等で装置が使われるようになりました。しかし、技術指導やコンサルティングでご訪問した先では、その殆どで正しい分析が行えていません。独学で誤った知識の基で装置を使い、正しい結果が得られていないケースが多いのが現状です。またその殆どで、問題を問題として認識できていません。
エムエス・ソリューションズは2020年8月で10周年を迎えました。設立以来、一貫して質量分析(特にLC/MS)に関する分析技術・ノウハウ・経験・専門知識のアウトソーシングを提案し、現場でのユーザーサポートを実践してきました。25年以上のLC/MS応用研究と装置開発の経験をもつベテランコンサルタントが、貴社の質量分析(LC/MS)に関する問題を抽出し、その解決を強力にサポートします。
分析の条件設定、データ解析についてのコンサルティングから、インハウスセミナーへの講師派遣、分析代行によるコスト削減など、質量分析に関わることなら何でもエムエス・ソリューションズにご相談ください。従来のコンサルティングや技術指導事業に加え、リン酸塩緩衝液条件でのLC/MSを可能にする弊社オリジナル製品”ソルナック”の発売も行っています。ディスポタイプの”ソルナックチューブ”はセミミクロHPLC用のみでしたが、汎用HPLC向けの新製品を2018年5月から発売開始しています。リン酸塩除去用、TFAなどの強酸性添加剤除去用、ナトリウムイオンやカリウムイオン除去用、計3種類をご用意しています。ナトリウムイオンやカリウムイオン除去用のOOANは、イオン対試薬への効果が確認できたため、新たにイオン対試薬用としても発売を開始しました。各10本セットが基本ですが、少ない本数でそれぞれ試してみたいというご要望があり、各2本ずつのトライアルセットの発売も開始します。ソルナックのご購入に関するお問い合わせは、アルテア技研株式会社様へお願い致します。
LC/MSでリン酸塩緩衝液が使えるオンライン脱塩装置2017年4月発売開始! >オンライン脱塩装置とは
オンライン脱塩装置で用いる専用カートリッジ(ソルナック)を発売中 >価格表はこちら
ディスポタイプの”ソルナックチューブ”をJASIS2017で発表、好評発売中! >価格表はこちら
イオン対試薬用の”ソルナックチューブ”を開発、発売開始しました。 >価格表はこちら
message-img
LC/MSに関する技術指導・コンサルティング LC/MSの条件設定やデータ解析等でお困りのことはありませんか? コンサルタントが現場に出向き、一緒に問題を分析し解決策をご提案します。
インハウスセミナーへの講師派遣 質量分析計の原理から分析上のノウハウまで、高い技術と豊富な経験をもつコンサルタントを講師として派遣しご要望の内容でセミナーを行います。
質量分析計を用いた分析の代行 “装置はあるけど使う人がいないし雇う経費もない”、“正しく使えているか自信がない”そんな問題を抱えてはいませんか?  技術者が現場に出向き分析を代行します。(一部対応できない機種もあります)
 
事業内容一覧へ

新着ブログ

  • 2021.06.26ボッチランで久しぶりオーバーハーフ

    今朝のランは、一人で狭山丘陵を中心に約23 km。 ここしばらく、ボッチランでは長くても15 kmまでしか走っておらず、記録をみたらなんと昨年の7月以来でした。 多摩湖周辺は整備されたランニングに適し…

  • 2021.06.14偶数電子イオンのフラグメンテーション-3:マスシフト則(±0と+2)の例

    LC/MS/MSによるプロダクトイオン分析で対象となる偶数電子イオンのフラグメンテーションの3回目、今回はマスシフトを伴う例について解説します。偶数電子イオンのフラグメンテーションにおけるマスシフトに…

  • 2021.06.06偶数電子イオンのフラグメンテーション-2:電荷移動の考え方

    前回の記事に引き続き、LC/MS/MSによるプロダクトイオン分析で見られるフラグメンテーションについて解説します。今回は、偶数電子イオンのフラグメンテーション-2というタイトルにしていますが、恐らくは…

  • 2021.05.31LC/MSで観測される偶数電子イオンのフラグメンテーション-1

    質量分析計特にGCやLCとのハイフネーション装置であるGC-MSやLC-MSは、現在定量分析に多く用いられています。しかし、質量分析は元々は定性分析のための機器分析法であり、そのためにはマススペクトル…

  • 2021.05.27ESIにおけるイオン化抑制とPESI

    以前書いたエレクトロスプレーイオン化(electrospray ionization, ESI)におけるイオン化抑制に関する記事について、「エネルギー供給を絶たれた帯電液滴」からのイオン生成プロセスが…

  • 2021.05.26カブトムシの常識、埼玉の小6が覆す 世界的雑誌に論文

    朝日新聞デジタルに掲載されていたこの記事「カブトムシの常識、埼玉の小6覆す 世界的雑誌に論文」、読んで嬉しくなりました。小学校4年生の夏休みの自由研究から始まったカブトムシの観察記録が、生態学の世界的…

小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社に質量分析のことならお任せください

エムエス・ソリューションズ株式会社では質量分析に関するコンサルテーションをはじめ、分析代行や技術指導による人材育成サービスをご提供しております。東京都小平市を拠点に活動しておりますが、企業様の環境やご希望に合わせたセミナーへベテラン講師を派遣いたしております。機器の原理から分析ノウハウまで、受講者数に関係なく一律料金ですのでお気軽にお問い合わせください。
エムエス・ソリューションズ株式会社は大手企業様をはじめ名だたる企業様との共同開発や研究実績があり、自社だけでは設備や人材の関係から分析が困難な中小企業様から頼れる会社としてご信頼いただいております。コンサルティングは1年間何度でもご相談いただけるメール相談から、1日単位でスポット的にご利用いただける技術相談・指導、1年単位の継続契約を基本とした技術顧問契約などご用意しておりますので、質量分析のことなら何でもご相談ください。
小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社では、工学博士でもある講師が半日または1日のお時間でLC/MSの基礎を中心に装置の使用法などの質量分析セミナーをご提供しておりますので、ぜひお問い合わせください。