同じ会社の違う部門からの高分解能LC/MS/MSによる構造解析支援依頼

昨年から、高分解能LC/MS/MSにより得られたデータを使った未知化合物の構造解析支援の仕事を受けている会社があり、最近になって同社の違う部門からも構造解析支援のご依頼を頂きました。

 

元々ご依頼を頂いている方がご紹介して下さり、今回の新規ご依頼に結びつきました。私の仕事を信頼して頂いていると言うことなので、大変有難いし素直に嬉しいですね。今年度は、この種の仕事のご依頼がとても多いです。これは、Q-TOFOrbitrapなど、高分解能LC/MS/MS可能な装置の性能や操作性が向上して、気軽に使えるようにはなったものの、得られたマススペクトルをどのように解析したら良いか分からないというエンドユーザーが多いことに依るのでしょう。

 

私は、30年前に群馬高専の田島研究室でマススペクトルの解析に関する研究から質量分析を始め、以来ずっとマススペクトルの解析をやっていますので、一番好きで面白いと思っている内容のご依頼です。

 

信頼できるデータを得るためのメソッド開発から、得られたマススペクトルを解析する方法まで、LC/MSに関して一貫した技術指導を行います。詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇