質量分析コンサルティング等の価格改定

以前に書いたこの記事で仕事を手伝っている大学のプロジェクトですが、科学技術振興機構の大学発新産業創出プログラム(通称STARTプログラム)と言って、大学発ベンチャーを立ち上げる事を出口戦略としている補助金制度です。

 

そして、現在のこのプロジェクトは来年3月で終了しますので、出口戦略として立ち上げる新しいベンチャーに関わる事になりました。来年4月以降、実際には3月の準備期間から、そちらの仕事にある程度軸足を移す事になりそうです。もちろん、エムエス・ソリューションズの現在の仕事は継続して行います。しかし、それにかけられる時間はかなり少なくなると思います。

 

 

その事と、少し前にこの記事に書いた様に現在質量分析コンサルティング関係の仕事依頼が少ない事を勘案し、3月までの時間を可能な限り質量分析コンサルティングに使いたいと思い、価格を大幅に改定しました。特に、初回限定の“診断およびコンサルティング”は、1日40,000円で引き受ける事にしました。個人の収入では無く会社の売り上げとしての価格ですから、はっきり言って出血大サービスです。まぁ、時給1,000円一寸の日雇いバイトをするよりはマシなので...

 

現在LC/MSをお使いの多くの現場では、ほぼ間違いなく何らかの問題を抱えている筈ですが、その殆どで問題を問題として認識していないと予測しています。つまり、本来得られるよりもかなり質の悪いデータが得られているにも関わらず、それに気づいていない、数千万円もする効果な装置を有効に活用できていないと言う事になります。今回、価格改定に併せて新たに設けた“診断およびコンサルティング”では、日常的に行っているLC/MS分析業務を一通り拝見し、得られたデータなども確認し、装置が効果的に使われているか、試料前処理や溶離液調整に問題はないか、データ解析は正しく行われているか、などを診断し、必要に応じてコンサルティングを行います。基本的には1日かけて、その作業を実施します。

 

 

手前味噌ではありますが、私のLC/MSに関する経験・知識・技術を、LC/MSの現場で使えない事は本当に勿体ないです。上述の通り、来年4月以降(早ければ3月中から)、質量分析(LC/MS)に関するコンサルティングを実施する時間は大幅に減らさざるをなくなります。この機会を是非ご活用下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇