LC/MSで観測される可塑剤由来のバックグランドイオン

LC/MSでは様々なバックグランドイオンが観測されます。正イオンESIで、m/z 391413のバックグランドイオンを見た事がある人は多いと思います。これに関して、私は大分前にブログに書いたつもりでいたのですが、検索しても出てこないので、どうやら書いたつもりになっていて実は書いていなかったようです。

 

正イオンESIで観測されるm/z 391イオンと413イオンは、同じ物質由来です。正体は、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)です。通称DOP。分子式はC24H38O4、ノミナル質量は390、モノアイソトピック質量は390.2770です。前述のm/z 391は、DOPのプロトン付加分子([M+H]+)、m/z 413はナトリウム付加イオン([M+Na]+)です。

 

DOPは可塑剤として用いられておりLC/MSにおいても、使用する容器などに含まれていると考えられます。

 

 

この両イオンをはじめとして、LC/MSで余りにも沢山のバックグラウンドイオンが高強度で観測される状況は好ましくありません。と言って、バックグランドイオンを完全にゼロにする事は不可能です。このブログで書いた様な状況は避けなければなりませんが、重要な事は、“気を付けつつも気にし過ぎない”だと思います。

 

 

私自身は、DOPのイオンは、装置のキャリブレーションの指標として積極的に使っています。私の仕事では、高分解能LC/MSを使う事が多いので、キャリブレーションはとても重要です。とは言え、無条件に毎回使う度にキャリブレーションするのではなく、今この装置がキャリブレーションを必要としている状況なのか否かを、DOPの様な既知のバックグランドイオンを見て判断しています。前述のDOPの分子式から、プロトン付加分子とナトリウム付加イオンの計算精密質量は、それぞれ391.2843, 413.2662となります。キャリブレーションする前の装置で、“両イオンの実測m/z値が計算値とどれ位ズレているか”で、その装置のキャリブレーションの必要性が判断できます。

 

以下は、お客様の装置で観測されたDOPのイオンですが、観測されているm/z値は、両方共理論値との誤差は約2 ppmですから、まずまずの状態である事が分かります。

DOP

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇