第67回質量分析総合討論会

明日515日~17日まで、つくば国際会議場において、67回質量分析総合討論会が開催されます。この会は、日本の質量分析関係の学術集会としては最大のものです。質量分析計やアプリケーションに関連する多くの企業、大学、研究機関から沢山の人達が参加します。

 

私は群馬高専の5年生で、田島進先生の研究室に入った事から質量分析の世界に飛び込みましたが、その年に早速この会には参加し、それ以来記憶が正しければ、一度も欠かさず参加しています。と言う事で、今回は33回目の参加になると思います。

 

この業界の知り合いの多くは、日本電子に勤めていた時からの付き合いですが、同窓会のようで毎年楽しみにしています。もちろん、仕事上でも本会は重要な位置づけです。

 

今年は、2件のポスター発表に名前を連ねています。

 

1つ目は初日の午後(1P-14)、エムエス・ソリューションズで開発している脱塩チューブを使った、不揮発性イオン対試薬によるLC/MSの応用例を紹介します。

2つ目は3日目の午後(3P-16)、浜松医科大の研究サポートとして行った、DESI用のエミッターチップ試作に関する内容紹介です。これは、エムエス・ソリューションズとプレッパーズ両方の会社として関わっています。

 

ご興味ある方は見に来て下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇