LC, LC/MSに用いる緩衝液の理解に役立つサイト紹介

LCやLC/MSの移動相に緩衝液を用いる事があります。

LC/MSの場合、基本的には不揮発性の塩を含む緩衝液は使えませんので、使用できる緩衝液には制限があります。

エムエス・ソリューションズで開発したソルナックチューブを使えば、LC/MSでも不揮発性の塩を含む緩衝液を使う事は出来ますが、やはり万能という訳ではありません。

 

で、緩衝液を用いる理由は、移動相のpHをコントロールしてイオン性の分析種の解離状態を安定化させるためですが、このサイトは、そのことが分かりやすく書かれていると思います。LCやLC/MSのためのサイトではありませんが、ご参考になれば。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇