CE-MSインターフェース”ZipChip”の販促協力

以前ブログでご紹介したように、アメリカのベンチャー”908devices社”が開発したマイクロチップベースのCE (Capillary Electrophoresis)-MS (Mass Spectrometry)インターフェースを、エス・ティ・ジャパンと言う会社が国内代理店として扱う事になり、エムエス・ソリューションズとプレッパーズは、デモ測定などの形でその販促に協力する事になりました。この製品の担当者が、何と前職である日本電子在職中の先輩なのです。その方は、私より先に日本電子を退職された訳ですが、今回この製品を扱うにあたって、ご連絡を頂きました。

ZipChip-3

 

これも以前ブログに書きましたが、私は前職で経産省関連の国プロに研究員として参加していた時、核磁気共鳴装置で使うマイクロチップデバイスの開発をしていた事がありますので、マイクロチップベースのMS関連技術には非常に興味をもっています。ZipChipの類似技術は、その当時でも既に論文が出ていて、何報か読んだ事があります。こういう形で、その種の技術を仕事として扱う事になるとは思っていませんでしたが...

 

CEの事は、何れこのブログでも紹介しようと思いますが、LCとは異なる分離手段ですから、CE/MSにはLC/MSとは違う面白さがあると思います。引き続き情報発信していきます。ご興味あればご連絡下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇