TOF-MSでスキャンは原理上正しくない

先日、ある質量分析計関連メーカーさんが作成した依頼分析のレポートを見る機会がありました。装置はQTOF-MSです。

そして、測定条件の部分に、以下の記載がありました。

・測定法     MS Scan

・スキャン範囲  m/z 20 – 1200

・スキャン時間  1 sec

 

この記載内容には、間違いが2種類あります。

1つは、m/zのmとzがイタリックになっていないこと。まぁ、これは忘れてだけかも知れませんので、軽微な間違いと言えるでしょう。

 

もう1つは、これは何度かブログに書いていますが、装置がTOFなのにスキャンと言う用語を使っている事です。

TOF-MSでは、マススペクトルを取得する際、原理上電圧走査(スキャン)を行いません。つまり、スキャンと言う用語は、TOF-MSに対しては原理上用いる事ができません。これは、QTOF-MSでも同じです。QTOF-MSでも、マススペクトルを測定するのはTOFですから。

 

上の3つの条件を正しい用語で書くなら、以下のようになるでしょうか。

・測定法          マススペクトル取得モード

・測定m/z範囲       20 – 1200

・マススペクトル取得時間  1秒

 

メーカーさんの人は専門家と言える筈なので、原理上正しくない用語は使って欲しくないですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇