磁場型GC-MSでの定量分析

私の専門はLC/MSですが、

 

都内にある研究機関の依頼で、磁場型の高分解能GC-MSを用いた定量分析のサポートを、年内の期間限定でやらせて頂くことになりました。

 

磁場型の高分解能GC-MSと言えば

 

そう

 

前職である日本電子の製品です❗

 

 

いやぁ~、久しぶりに使いましたが、やっぱり磁場型の装置はピーク形状が綺麗ですね~o(^o^)o

 

イオン化はEIです。通常、EIはイオン化エネルギー70 eVで使用しますが、今回の分析では、フラグメンテーションを抑えるために低めに設定します。

 

高分解能SIM(SIMはselected ion monitoringの略)と言う方法で測定し、専用のソフトで定量解析します。

分解能は10%谷定義で10000なので、その他の装置の半値幅定義での20000に相当します。

 

高い質量分解能で測定することで、分析種イオンと近いm/z値の夾雑イオンを分離するのが狙いです。しかし、いくら高分解能条件で測定しても、分析種イオンと夾雑イオンを完全には分離できない場合が殆どです。

 

また、低めのイオン化エネルギーを用いてもフラグメントイオンが生成してしまい、そのm/z値が低分子量の分析種イオンのm/z値に完全に一致してしまうこともあります。

 

自動でのピーク検出は殆どの場合でうまくいかないため、全ての試料、全ての成分ピークを目視で確認しながら、手動でピーク検出を行います。

 

 

得意な仕事とは言い難いですが、質量分析のプロとしては、頼まれた仕事はきっちりやりますよ(^-^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
TEL:042-308-5725
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇