リン酸塩緩衝液は何故HPLCの移動相として多用されるのか?

一昨日のブログで、「リン酸塩緩衝液はHPLCの移動相として多用されているがLC/MSには使えない」と書きました。

リン酸塩緩衝液を用いたLC/MS受託分析第一号

 

今日は、リン酸塩緩衝液が何故HPLCの移動相として有益なのか、について解説します。

 

その理由として、以下のような事が挙げられます。

① 短波長領域(210 nm以下)に吸収をもたない。

② 酸性・中性・塩基性、3つのpH領域で緩衝能をもつため、移動相条件のpH検討が容易である。

 

リン酸塩緩衝液のデメリットとしては、

① 酸性で長期間使用するとカラムの劣化が早い。

② (今までは)LC/MSに使えない。

などが挙げられます。

 

デメリットよりメリットの方が大きいので、古くから、リン酸塩緩衝液はHPLCの移動相として多用されている訳です。カラムメーカー等におけるアプリケーションデータにおいても、LC/MSでないデータについては、リン酸塩緩衝液を用いた例が多いです。

http://www.cerij.or.jp/service/09_chromatography/L-column_application_data/L2129.pdf

http://www.cerij.or.jp/service/09_chromatography/L-column_application_data/L2027.pdf

http://www.kanto.co.jp/products/siyaku/pdf/s_mtyappli201203l.pdf

 

2つのメリットの中でも特に①は重要で、ギ酸や酢酸などの移動相を使うと、カルボニル基が短波長領域に吸収をもつので、210 nm以下の吸収波長での測定は事実上出来ません。リン酸塩緩衝液ではそれが可能になるので、例えば脂肪酸の分析などは、200210 nmの波長で分析できる訳です。

 

弊社が開発中の脱塩インターフェースを使えば、オンライン・リアルタイムでリン酸塩を除去できますので、リン酸塩を含む移動相を用いて、210 nm以下の短波長でUV検出しながらLC/MS分析が可能です。

 

次回は、リン酸塩緩衝液は何故LC/MSに使えないのか。について解説します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
TEL:042-308-5725
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇