LC/MSインハウスセミナーへのこだわり

つい最近、以前から学会関係で親しくして頂いている方から、LC/MSのインハウスセミナーを頼みたいという連絡を頂きました。有難いことですし、頼りにして頂いていると思うと嬉しい限りです。

 

さて、私はで質量分析(主にはLC/MS)の話をさせて頂くことが多いですが、学会等外部主催のセミナーや講習会以外では、どこかに聴講者を集めてのセミナーは実施しておらず、インハウスセミナー(お客様のところに訪問して行うセミナー)のみで対応しています。

 

それは何故か...?

 

インハウスセミナーであれば、必要に応じて測定データを見せて頂きながら質問に答えたり、現場で起こっている問題についての相談に応じたりすることができるからです。

以前、“セミナーは所詮机上の空論”というタイトルのブログ記事を書いたことがありますが、セミナーを単に話を聴く場で終わらせてしまっては、現場での仕事で役に立ちません。

問題は現場で起こります。同じ装置であっても設置環境で異なるデータが得られるし、異なる問題が起こります。装置メーカーでは、装置がスペック通りに動いていれば問題ないというスタンスなので(これは当然のことですが)、使用上で起こる問題特LC/MSのバックグラウンドイオンの問題などは現場で解決するしかありません。

 

「測定データについての質問を受ける」

「現場で起こっている問題を装置の前で相談にのれる」

インハウスセミナーであればそれが出来るので、私はインハウスセミナーにこだわっています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇