サッカー少年達へのランニング教室終了:子ども達への意識付け

近隣の少年サッカーチーム(富士見スポーツクラブサッカー部)の高学年の子ども達への早朝ランニング教室、3月から行っていましたが、今年は今週で終了しました。約8か月間、子ども達頑張りました。今年は、サッカー少年に加え、4年生に弟がいるという6年生のバスケット女子が2名参加しました。

 

ほぼ皆勤賞の子、たまにだけ来る子、来た時の集中の仕方や、動きを意識出来るかどうかの違いも子どもによって様々ですが、全体として皆の走力は上がったと思います。サッカーの大会で、1日に3試合ある時などは、この早朝ランニング練習が活きているなぁと思うことがしばしばありました。

 

小学生はやっぱり女子の方が真面目ですね。二人とも毎回集中して取り組んでいて、8か月間で3回行った12分間走の最後では、女子の1人がトップでした。またこの子は、富士見小学校の運動会(9月の終わりだったかな?)のリレーでも(私も時間があったので応援に行ったのですが)、凄い走りを見せてくれました。第一コーナーを抜けたあとのバックストレートでのスピードのノリが半端じゃなく、“今年はこの子が一番伸びたなぁ”と思った瞬間でした。実際凄く真面目に取り組んでいて、人の話しは良く聞くし、動きの意識もしっかりできるし、こう言う子は何をやっても伸びると思います!

 

今年は、昨年までのランニングのみの練習に加え、アクティブストレッチやバランス系の体幹トレーニングを取り入れました。それぞれ動画を撮影し、公園にパソコンとスクリーンを持って行って、動きの解説も行いました。

FSS_ラン-1 FSS_ラン-2 FSS_ラン-3

スタートダッシュと12分間走の様子

 

FSS_アクティブストレッチ-1

アクティブストレッチの1つ

 

FSS_体幹-3 FSS_体幹-2 FSS_体幹-1

体幹トレーニング

 

 

アクティブストレッチとバランス系の体幹トレーニングは、サッカーには有効だと思います。キック、トラップ、ドリブル、ボールキープ、身体のバランスが良くて軸がしっかりしている子は、これらのどれを見ても上手にできています。

 

私は、この子達に大声を出すことはありません。叱ることも殆どありません。以前のブログに書きましたが、アドラー心理学の課題の分離を実践しています。子ども達自らが目的意識をもって、サッカーやランニングの練習に取り組むように、動機づけをする努力をしています。これがなかなか難しいのですが...アドラー心理学の話しを子どもにしたって分かりませんから、“何のために誰のためにサッカーやランニングの練習をしているのか!”を自分達で意識できるきっかけを作ってあげたいと思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇