2017年のうちに標高2017 m東京都の最高峰雲取山に登頂

昨日(11/20(月))、東京都の最高峰である雲取山に登ってきました。雲取山に登った経験のある、ラン友達の山本さんと一緒に。休日はなかなか予定が合わず、思い切って平日に仕事を休んで行ってきました。経営者には有給休暇なんてないし、仕事をしようと思えば何時でもやってしまうので、たまにはこんな休み方も良いでしょう(^_^)

 

雲取山の標高は2017 m、今年は2017年ってことで、今年中に行こうと思っていたのですがなかなかタイミングが合わず、今回やっと行けました。良かった良かった♪

 

雲取山に登るルートはいくつかあるようですが、以前山本さんが登った鴨沢ルートにしました。始発電車に乗って奥多摩駅に650分過ぎに着き、7時のバスで揺られること約40分。鴨沢バス停に到着。そこから少し上がった所に登山道入り口がありました。2017 m2017年に因んで、こんな看板が立ててありました。スタートの鴨沢バス停の標高は、約550 mでした。

DSC_0822

DSC_0822

 

走れるところは走るつもりでいたので、装備は軽めにしました。この時期の2000 m級の山がどの程度の気温なのか分からなかったのですが、手袋にニット帽、薄目のダウンジャケットや薄手のジャージと着替え、チョッとした食べ物と500 mLのスポーツドリンクを1本、これらをランニング用のリュックに入れて、山頂を目指しました。

 

歩き出しから結構な傾斜の山道。石がゴロゴロしていたり、チョッとした岩場があったりしましたが、全体的にはそれ程急ではなく、登りでも走れる場所が何か所かありました。

スタート時の恰好は、普通の冬のランニングウェア。下はロングタイツ、上は長袖Tシャツにランニングジャージ、頭にはキャップ。標高1300 m位から急に気温が下がり始めた感じがして、上下のジャージを重ね着、頭はニット帽に変更。山頂まではその恰好で大丈夫でした。ただ、手袋が薄手のものだったので、手が冷たかったのは辛かったですね。登山用のもう少し厚手の手袋があった方が良かったです。

 

1000 mを超える辺りから、日陰の登山道脇に長い霜柱が立っていて、それは下りの時も残っていたので、日が当たらない場所は日中でも零度近い気温だったってことですね。

湧き水も凍って、こんな感じになっていました。

DSC_0826

DSC_0826

湧き水が小さな滝になって凍っていた

 

DSC_0827

DSC_0827

滝の下には氷の小さな塊が沢山

 

DSC_0825

DSC_0825

登山道は概ねこんな景色

 

 

登り始めが8時、雲取山山頂には1110分位に着きました。山頂はとても寒く、なんと雪がちらついていました。流石にダウンジャケットを着ないと居られませんでした。サクサクっと写真を撮って、避難小屋でおにぎりを一個食べて少し休憩して、11時半には下り始めました。

23805656_1732345043503252_813027169_n23755707_1733176046753485_7756623295178624378_n 23794837_1733178573419899_8041402937720117631_n 23622079_1732540563483700_1285228257596579799_n

DSC_0834

DSC_0834

DSC_0828

DSC_0828

 

下りは、ちょいと急な岩場や大きな石がゴロゴロしている所は慎重に歩き、それ以外は結構走れました。平日ということもあり、登りも下りも会う人は疎ら、下りでハイカーを追い抜く時は、当然ですがかなり前から声をかけて、ゆっくり追い抜いて♪

 

走れるところは頑張って走り、鴨沢バス停には1343分着。1350分のバスに乗れました(^o^) 山頂での休憩を除けば往復で5時間半位。走距離は約22 km。

雲取山20171120

 

 

夏の日が長い時期であれば、奥多摩駅近くから登るルートや秩父側から登るルートなど、もっと長いコースを取れるルートでも、十分日帰りで行けそうです。来年暖かくなってきたら、また行って見たいと思います。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇