少年サッカー

少年サッカーの審判って1試合でどれ位の距離走る?

少年サッカーチームのコーチとして、主に審判をやるようになって大分経ちます。ご存知の方が多いと思いますが、私はウルトラマラソンを趣味としており、普段走る時はGPS付きの腕時計をして、走る距離を計測しています。

 

審判をしている時に走る距離は計測した事が無かったので、2月に行われた所属チームの6年生の冠大会で主審をした時、GPSウオッチを付けて走った距離を計測してみました。主審をやる時は、普段から両腕に時計をしますが、この時は左腕に1つ、右腕に2つ時計をするという奇妙な出で立ちで、試合をするチームの子ども達も不思議そうに見ていました。

 

フィールドのサイズは44 m×66 m15分ハーフでした。以下、GPSで記録した軌跡と走距離です。

くぬぎ2019_審判動き

 

走距離は約2 km。最近ほぼ同じ条件で計測したら、やっぱり約2 kmでした。私の場合、少年サッカー用のフィールドで15分ハーフの主審をやると、大体2 km走るようです。因みに、副審でも一度測りましたが、約1 kmでした。

私は、歳の割には結構走れる方なので、多分この条件で2 kmというのは、少年サッカーの審判としては走っている方なのかなぁと思います。

 

軌跡を見ると、概ね対角線審判法がしっかり出来ている感じですね! 少年サッカーのフィールドは、フルサイズの約半分の大きさですから、フルサイズのフィールドで45分ハーフの主審をやるとすると、単純計算で2×2×312 km程走る事になります。キロ5分くらいの一定のスピードで12 kmなら大したことはありませんが、審判の動きで12 km走ると相当キツいでしょうねぇ...(>_<)

 

これからも、審判でしっかり走れるようにトレーニング頑張ります!!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少年サッカーの遠征試合を利用して走距離を稼ぐ作戦

今月から5月の野辺山100 kmウルトラマラソンに向けて走距離を延ばそうと思いつつ、少年サッカーチームの試合が沢山入っていて、他のコーチに任せっきりという訳にもいかず...

 

って事で、遠征試合に何度かランで行って走距離を稼ぐ作戦をとってみました。10日の鶴ヶ島遠征や、23日の清瀬遠征など。鶴ヶ島遠征の事は、このブログで書きました。今回は、23日の清瀬遠征について書いてみます。

 

 

会場は清瀬市の内山グランド、人工芝のとても良いグランドです。清瀬FCさんの6年生以下の招待大会でした。うちから最短距離で走ると約10 km。これではちと短いので、平日に走っているコースを入れて、多摩湖堤防まで行って八国山を越え、空堀川を下って行くコースにしました。Google mapで測ったら約20 kmでした。

 

実際のコースはこんな感じ!

ラン_清瀬招待_20190223

 

6時半に家を出て、キロ6分半~7分位でゆっくり走り、開場の95分前に現地に到着。GPSウォッチの距離は、Google mapより少し短めの18 km

子ども達やお母さん達と一緒に車で向かっているヘッドコーチにラインしたら、渋滞していてまだ暫くかかりそうとの事...

 

ベンチコートとかトレシューとか、着替えとかの荷物を、車で運んでもらうように前日に預けてあったので、身体が冷えないように近くを無駄にゆっくり走っていたら、20 kmになった辺りで車部隊が到着し合流できました。

 

審判は15分ハーフで1つ。20 km走った後の1人審だったので、なかなかキツかったけど、結構しっかりジャッジできたと思います。

 

肝心の試合は、予選リーグで2敗してしまって下位トーナメントへ(>_<) トーナメントでは2勝して、参加8チーム中5位と言う結果でした。戦えていないと言うか、勝とうとする意欲が見えないと言うか、特に最初の2試合はグズグズな内容でした...

 

そして、この日は午後から強い風が吹いてきて...

この会場はとにかく吹きっさらしなので、寒いし試合はグズグズだし、何とも疲れた1日でした(ToT) この試合には、6年生と5年生で臨みましたが、それぞれ1人ずつ気持ちの強い子がいるのですが、それ以外はとても優しい子が揃っている学年で、優しいのは良いのですが、気持ちの入っていない試合を見るのは歯がゆいですね。

 

気持ちが入っている時は、見ていて感動するようなとても良い試合を出来る子達なのですが、スイッチの入り方がまだ良く分かりません...

メンタルトレーニングが必要なのかな...

 

そして、2月の総走距離ですが、250 kmの目標に対して235 kmでした。久しぶりに200 kmを越えました。3月は1回に走る距離を延ばしていこうと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少年サッカーチーム内での審判研修会

もう大分前の事ですが、昨年末1216日、私がコーチをしている少年サッカークラブ(富士見スポーツクラブサッカー部、FSS)の5年生の冠大会が開催されました。今私が主として見ている学年です。私は今年度チーム内の審判部長も引き受けていて、“いつかチーム内での審判研修をやりたいなぁ”と思っていて、この大会でやる事にしました。

DSC_3151

 

3年生のお父さんコーチで、今年度4級審判員資格を取得した人が何人かいるので、彼らを中心に14名のコーチに参加してもらいました。招待したチームは7チーム。予選リーグ&決勝トーナメント含め16試合中、10試合をFSSで担当しました。

 

FSSには、14ブロックの審判部長を務められているレジェンド的存在の審判がおられまして、その方に講師として参加して頂きました。私が審判を始めた頃に沢山の事を教えて頂いて、身近で目標とするべき審判員です。

当日は、私も三位決定戦で主審を務めた以外は、他のコーチの審判を見てアドバイスをさせて頂きました。

 

さて、何故私が少年サッカーチームで審判を頑張っているかと申しますと、サッカー経験がないので審判(&子ども達と一緒に走る)くらいしかチームのために役立つ事が無いから。そしてこちらの方が理由としては大きいのですが、何と言ってもサッカーの審判が楽しいからです。

 

サッカーの試合をするのは勿論選手ですが、審判次第で試合の内容はガラッと変わってしまいます。全然走らずプレーを見ないで笛を吹いたり、ダラダラしていたり、副審と主審でコミュニケーションを取らなかったり、そんな審判をしていると選手には伝わるので、試合が荒れたり、選手やベンチからクレームの声が上がったりします。逆に、しっかり走ってプレーを近くで監視し、堂々とした態度でしっかり増えを吹いて、選手ともコミュニケーションを取れれば、締まった良い試合になります。

 

高学年でレベルの高いチーム同士の試合では、身体の当たりは強いし、激しいプレーが多いですが、そんな試合をビシっと締められると、終わった後に何とも言えない爽快感があります。マラソンを完走した時とは全然違う感覚です。

 

試合の主役はあくまでも選手であり、審判は裏方ですが、無くてはならない存在ですし、審判次第で試合の良し悪しが変わります。そんなところが魅力ですね! 今のチームに関わって、そこそこ経験を積んできて、こう言う感覚を持つようになってきました。他のコーチにここまで求める事はしませんが、選手が安心してプレーできるように、基本はしっかり押さえて伝えていきたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無意識に出来る事を敢えて教える事の難しさ:サッカー少年達へのランニング指導

球技の中で走る事が重要な代表的例と言えば、誰もが思いつくのがサッカーでしょう。特に少年サッカーは8人制なので、全員で攻めて全員で守る事が求められ、キーパー以外はゲーム中常に走っているイメージです。足元でボールを扱う技術やパス、トラップなどの技術が重要なのは言うまでもありませんが、最低限の走力と持久力が無いとやはり試合には出られません。

 

私は、今は高校3年生になった長男が小学校3年生の時、サッカーをやりたいと言ったところから、現在コーチ&審判をしている少年サッカーチームに関わるようになりました。私にはサッカー経験はありませんでしたが、当時既にウルトラマラソンを走っていたし、市の陸上大会では100 mに出て入賞、多摩地区の大会に市の代表選手として参加したりして、とにかく走る事はチームのコーチ陣の中で誰より出来ました。

 

私がチームに関わり始めた頃は、通常の練習の中で子ども達は良く走って(走らされて?)いました。しかし、ここ数年、通常練習ではボールを扱うトレーニングに割く時間が増えてきて、走る時間が少なくなってきました。それによって子ども達の走力が落ちるのは好ましくないので、週に1回だけ、早朝に集まってランニングトレーニングを始めました。45年前の事です。

 

ヒトは日常生活の中で物を運ぶ時、主には手を使います。一方でサッカーは、手以外の身体の部分(主には足)を使ってボールを運ぶスポーツです。始めてサッカーをする時、あるいはサッカーをするまででなくても足でボールを蹴る(扱う)時、いきなり上手に出来る人はいないでしょう。それは、足でボールを扱うと言う動作が極めて非日常的であり、動作11つに対して意識をしなければならないからです。

 

ヒトは、生まれてからある程度の年齢になると、誰に教わる訳でもなく歩いたり走ったりできるようになります。子どもは、家庭で父親や母親、あるいは兄弟が歩いたり手で物を運んだりする動作を見ながら育つ事で、自然にそれらの動作を身につけます。意識をして出来るようになる訳ではありません。しかし、ここで歩く・走ると言う動作が意識せずに出来てしまうが故に、正しくない所謂我流な動きが身についてしまう可能性があり、それが、小学生や中学生になって“速く走れるようになりたい”と思った時の弊害になると考えられます。

 

意識せずに出来るようになってしまった身体の動きは、正に体に浸み込んでいるため、変えようと思っても早々変えられるものではありません。“速く走れない事”は、多くの場合走り方(フォームや着地の仕方)に問題があり、意識を変えないとそれらの身体の動きを変える事は出来ません。サッカー選手は、サッカーの中でボールを扱う事に意識を集中させますから、無意識に出来る“走る事”に意識を集中させる事は容易な事ではありません。

 

数年前から始めたサッカー少年達への早朝ラントレーニングは、正にその部分に狙いがあります。サッカーから離れたところで、走り方を意識し易い環境をつくり、着地の仕方や身体の運び方を意識させ、良い動きを身につけさせます。意識して良い動きが出来るようになったら、それを繰り返す事で無意識になり、その段階まで来て初めて、サッカーの中で良い走り方が出来るようになると考えています。

 

この早朝ラントレーニングを数年前に始めた当初、対象は6年生だけでした。希望すれば4, 5年生も参加可能にはしていましたが。しかし、試行錯誤しながら指導していく中で、上述した様な難しさに気付き、このトレーニングの目的を達成するためには、もっと長い時間が必要である事が分かってきました。そして今年から、4年生以上を対象にしました。本当は3年生からでも良いのかも知れませんが、そこまで含めると子どもの数が多くなり過ぎて、1人では見切れなくなる恐れがあるので、今はまだ4年生以上にしています。

 

4年生から6年生まで3年かけて、チーム全員に良い走りを身につけさせてから卒業させたい! それが私の、少年サッカーチームでの最大の目標です。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少年サッカーチームの夏合宿参加! お風呂の入り方指導も重要!!

7月最後の金~日曜日(72729日)、私がコーチをしている地域の少年サッカーチーム(富士見スポーツクラブサッカー部)の夏合宿に参加して来ました(チームとしては1年~6年までいますが、合宿参加は3年生以上)。この週末は、東村山市の青少対第一地区委員会のキャンプが28, 29日で予定されており、私は第一地区事業部の役員なので、27日に合宿に行って宿泊(コーチや母達と飲み会)し、28日の朝からキャンプに行く予定にしていました。しかし、台風12号の接近に伴いキャンプが中止になったので、3日間フルで合宿に参加して来ました。

 

 

私がこのチームでコーチをするようになったのは、今は高3になった長男が小3の時ですから、もう9年程前になります。その頃の合宿地は群馬県の片品村で、宿は岩蔵スキー場や片品スキー場の近く。私は子供の頃からスキーをしていて、特に小・中学生の時はこの両スキー場がホームゲレンデだったので、懐かしいと言うか、嬉しかったのを覚えています。

 

しかし、東京から遠く、緊急時に病院が離れていると言う事で、ここ数年は茨城県古河市のスポーツ施設に変更になり、今年に至ってはその施設が予約出来なかったので、狭山市にあるJACPAグランドになりました。

DSC_5281 DSC_5298

 

下道で1時間程で行けてしまうので、余り合宿という雰囲気にはなり難い気もしましたが。でもまぁ、これ位近く無ければ、金曜日に合宿に行って土日にキャンプに行くなどと言う予定は、そもそも立てられなかったと思いますけど...

 

さて、合宿では基礎練習に通常練習時より長めに時間を取りました。加えて、普段は余りやらないセットプレーの練習、OBによるキーパー練習、選手同士・OB vs 選手・選手 vs コーチ、などミニゲームも沢山やりました。私も、サッカー経験が無いなりに、楽しくミニゲームに参加できました。

DSC_5374 DSC_5392 DSC_5400 DSC_5452 DSC_5531 DSC_5614 DSC_6013 DSC_6062 DSC_6230 DSC_6284 DSC_6296 DSC_6421 DSC_6727

 

心配されていた台風による暴風雨の影響は運が良かったのか余り無く、3日間フルにグランドを使った練習が出来ました。また、台風の影響が良い方向に働き、それ以前の猛暑が大分おさまって、危険な暑さにはなりませんでした。いやぁ、ラッキーでしたね。雨が降ったりやんだり、時には晴れ間が出て猛烈に暑くなったと思ったら、また雲が広がって涼しくなって、と言う感じの3日間でした。合宿の大分前から、酷暑で日中練習が出来ない時のために、室内でのビデオ上映準備やストレッチメニューなどを考えていましたが、それらは使わず仕舞い。でも、結果的には良かったです。

DSC_5808 DSC_6381 DSC_6580

 

合宿では通常よりも長い時間まとめた練習が出来る事がとても重要ですが、私は、日常生活とは違う生活が体験できると言う面においても、合宿は子ども達にとって重要な機会だと思います。例えば宿での過ごし方。必ずしも貸し切りになる訳では無く、他の宿泊客の迷惑になる行為、また例え貸し切りになったとしても、宿のオーナーや従業員が同じ建物で生活しているケースは多く、その人達の迷惑になる行為をしないように指導するのも、コーチの役目だと思っています。保護者が同行しているとしても、保護者が言うよりコーチが言う方が子ども達は聞きますからね。

 

私が例年子ども達に対して重点的に指導している事(これは青少対キャンプでも同じですが)は、お風呂の入り方です。今の子ども達って、ホントに(自宅以外での)お風呂の入り方を知りません。

湯船に入る前に頭髪や身体を洗う。

お風呂から出る時は手ぬぐいを絞って身体の水気を拭き取る。

最初の事は、言わなくてもやる子は結構います。しかし、二番目の事を出来る子は殆どいません。そもそも、手ぬぐいを持ってお風呂に入ると言う事を知らない子が非常に多い。湯船から上がって、身体がびちゃびちゃのままで脱衣所に出ようとする子ども達の多い事(>_<)

今回の合宿では、初日の夜にお風呂番を自ら志願して担当、子ども達全員にお風呂の入り方指導をしました。約1時間、お風呂の中で子ども達と楽しく格闘しました♪ 手ぬぐいを持たずにお風呂に来た子には、部屋まで取りに行かせました! 身体がびちゃびちゃのまま脱衣所に出れば、バスマットや床が濡れてしまう。あとからお風呂を使う人が、それをどの様に感じるか。回りの人に気付かう心を育む。これはサッカーにも通じる事です。

2日目は若いコーチにやって貰いましたが、残念ながら不十分でした。来年は、若いコーチに対して、お風呂の入り方の指導の仕方を指導する必要がありそうです。

 

23日という短い期間でしたが、サッカー面でも生活面でも非日常を経験し、子ども達は成長できたかなぁ...(^o^)

 

 

 

2018年7月7日、サッカー審判員14ブロック研修会に参加して

77日、サッカー審判員の14ブロック研修会に参加してきました。私は、8年程前から、東村山の富士見スポーツクラブサッカー部(FSS)でコーチと審判をしています。今高校3年生の長男が小学3年生の時、サッカーを始めたのがキッカケでチームに関わるようになり、長男が卒業した後も何故か父は残っています...

私は、サッカー経験は全くなかったのですが、審判を始めたら楽しくなってしまって...子ども達と関わるのも好きだし...

 

東村山は、小平・東大和と共に、東京都少年サッカー連盟の14ブロックに入っています。7日は、14ブロックの市選抜チームの交流大会があり、各市からブロックの審判部に登録されている審判員対象の研修会がありました。私は、今年度FSSの審判部長を務めている事もあり、自身の審判スキルを向上させ、それをチームの審判コーチ達に伝えるために参加してきました。

 

 

参加された審判員は全員私と同じ3級でしたが、殆どは私より経験の長い先輩で、先輩達の試合を見て学ぶ事が多かったです。

 

サッカーって、プレーするのは選手ですが、試合をコントロールするのは審判の役目なのです。審判の良し悪しで、試合の雰囲気がガラッと変わってしまう事も珍しくありません。私の審判活動はほぼ少年サッカー中心ですが、子ども達はいつだって一生懸命ですから、審判も全力で試合に臨む必要があると思っています。少年サッカーの試合では、コーチが審判を行います。コーチが子ども達に“頑張れ”とか”気合いを入れろ“と言うなら、コーチも審判を頑張り、一生懸命な姿を見せてあげる必要があると思います。その方が、コーチとしての指導に説得力が増すと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。