質量分析コンサルティング

LC/MSやGC/MSで得られるクロマトグラムの種類

今回は、LC/MSGC/MSにおいて、マススペクトルを取得するモードで測定した時に得られるクロマトグラムの種類について説明します。添付した図は、上から(a)TICC, (b)BPIC, (c)高強度のバックを除いたm/z範囲で作成したクロマトグラム、(d)ある成分イオンのm/z値を設定した抽出イオンクロマトグラム、を示しています。試料は天然物の抽出液です。

Chromatograms_Rev

 

TICC:全イオン電流クロマトグラム(total ion current chromatogram

少し前まではTIC(全イオンクロマトグラム、total ion chromatogram)と呼んでいましたが、2013年質量分析関連用語についてのIUPAC勧告に基づき、日本質量分析学会は用語集を改定し、全イオン電流クロマトグラムと呼ぶようになりました。TICは、測定するマススペクトル上に観測される全イオン強度の和を、時間軸に対してプロットした二次元チャートと言う定義でした。しかし、この二次元チャートの縦軸は、イオンの強度を直接プロットしている訳ではなく、イオンが検出部によって変換された後の電流値をプロットしているため、ionchromatogramの間に電流(current)が入ったと言う経緯があります。マススペクトルを取得するm/z範囲の下限値を小さく設定し過ぎると、バックグランドイオン強度が増加するため、TICCS/Nが低くなり、TICC上でピークが確認し難くなります。

GC/MSの場合、強度の高いバックグランドイオンは、H2O由来のm/z 18N2由来のm/z 28O2由来の32などが主であるため、マススペクトルの取得m/z範囲を35からに設定すると、S/Nの良いTICCが得られます。m/z 50~の設定にすると、CO2由来のm/z 44イオンも含まれないため、更にS/Nは良くなります。

一方LC/MSでは、移動相溶媒分子や環境から混入する不純物などに由来するイオンがm/z 400位まで、環境に依ってはそれ以上大きなm/z領域までバックグランドイオンが観測されます。バックグランドイオン強度を下げたいからと言って、マススペクトル取得のm/z範囲を400~とかに設定する訳にはいかないので(それ以下の低分子化合物が検出されないので)、LC/MSで得られるTICCは、どうしてもバックグランドイオン強度の高く、S/Nが悪くなってしまいます。プロテオミクスなど一部のアプリケーションでは、マススペクトル取得のm/z範囲の下限値を比較的高く設定する事は可能です。

 

BPIC:ベースピークイオンクロマトグラム(base peak ion chromatogram

取得される全てのマススペクトルにおいて、ベースピーク(最大強度ピーク)の強度を時間軸に対してプロットしたクロマトグラムです。BPICは、試料成分から生成したイオンがベースラインに常に存在するバックグランドイオンよりも高強度で検出された場合、バックグランドレベルの低い、解析し易いクロマトグラムになります。一方、上に示した図(b)では、ピークは観測されず、むしろマイナスピークが幾つか観測されています。LC/MSで溶媒に含まれる夾雑物等の影響によってバックグランドイオンレベルが高い場合、このようなBPICが得られます。

この時の測定データでは、バックグランドとしてm/z 371イオンが常時高強度で観測されていました。図(c)は、このm/z 371イオンを含めないように、その少し上m/z 375以上の範囲を指定して作成したクロマトグラムです。高強度のバックグランドイオンが含まれないクロマトグラムであるため、TICCでは観測されていない小さなピークまで見つける事が出来ます。ただし、このクロマトグラムでは、m/z 371より小さなイオンは含まれませんので、そのような低m/zイオンを含んで且つベースライン強度の低いクロマトグラムを得るためには、強度の高いバックグランドイオンを除いて狭い範囲(例えばm/z 100200, 200300など)でクロマトグラムを作成するのも有効です。最近の装置には、自動でピークを抽出してくれるソフトが付属している場合もあるので、そのようなソフトの機能を使うのも良いですが、自力でピークを探す方法も知っておいて損はありません。ちなみに、このように比較的広いm/z範囲を指定して作成したクロマトグラムは、以前はRICreconstructed ion chromatogram、再構成クロマトグラム)と呼んでいましたが、先の用語改正によって推奨されない用語になりました。現在では、このようなクロマトグラムは、(d)と同じEICが使われます。

(d)は、保持時間44分辺りでスライスデータ(マススペクトル)を作成し、そこにメインピークとして観測されていたイオンのm/z値を設定して作成した抽出イオンクロマトグラム(extracted ion chromatogram, EIC)です。LC/MS(GC/MS)のデータ解析でマススペクトルを作成したら、そこに観測されているイオンのm/z値でEICを作成するようにしましょう。顕著なイオンが複数あれば、それらが共溶出している未分離成分由来なのか、同じ成分由来なのかを判断する目安になるし、そのEICで他の保持時間にもピークがあれば、異性体が検出されている可能性もあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CE-MSインターフェース”ZipChip”の販促協力

以前ブログでご紹介したように、アメリカのベンチャー”908devices社”が開発したマイクロチップベースのCE (Capillary Electrophoresis)-MS (Mass Spectrometry)インターフェースを、エス・ティ・ジャパンと言う会社が国内代理店として扱う事になり、エムエス・ソリューションズとプレッパーズは、デモ測定などの形でその販促に協力する事になりました。この製品の担当者が、何と前職である日本電子在職中の先輩なのです。その方は、私より先に日本電子を退職された訳ですが、今回この製品を扱うにあたって、ご連絡を頂きました。

ZipChip-3

 

これも以前ブログに書きましたが、私は前職で経産省関連の国プロに研究員として参加していた時、核磁気共鳴装置で使うマイクロチップデバイスの開発をしていた事がありますので、マイクロチップベースのMS関連技術には非常に興味をもっています。ZipChipの類似技術は、その当時でも既に論文が出ていて、何報か読んだ事があります。こういう形で、その種の技術を仕事として扱う事になるとは思っていませんでしたが...

 

CEの事は、何れこのブログでも紹介しようと思いますが、LCとは異なる分離手段ですから、CE/MSにはLC/MSとは違う面白さがあると思います。引き続き情報発信していきます。ご興味あればご連絡下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

知り合いの会社でプロテオミクス関連の分析技術者を探しています

質量分析の世界でず~っと前から知っている人がメディカル・プロテオスコープと言う会社に居て、いま分析担当者を新規に採用したいと言う事で人材を探しています。プロテオミクス関連の受託分析では、実力のある会社です。

採用情報ページ

 

ご興味ある人は、連絡してみてください。

現場のトップの人が私の以前からの知り合いですが、とっても穏やかで良い人です。

プロテオミクスを通じて社会の役に立ちたいと考えている人にとっては、やりがいのある良い環境だと思います。

メディカルプロテオスコープ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC/MS定量分析入門セミナー on Zoom終了!

少し前にお知らせしました、株式会社情報機構様主催のセミナーを、Zoomで行いました。

午前中2時間、午後3時間ちょい、質問時間を含めて約5時間半の長丁場、やり遂げました。

やっぱり、オンサイトでやるよりWebの方が各段に疲れますね。もう大分慣れましたけど。

 

企業等の分析現場でLC/MSの定量分析を担当している人って、下手すると全然マススペクトルやクロマトグラムを見ないで、定量値だけを見て仕事をしちゃっている事が多いと聞いた事があります。私はそれは余り宜しくないと思っているので、定量分析の内容であっても、マススペクトルの基本的な解釈の仕方程度は正しくしっかり話すようにしています。

 

終了後にアンケートを取られていて、その結果を早速教えて頂きました。

声が聴きづらかったと言うご意見が幾つかありましたが、内容については大変好評だったようです。

Webを使った講義の場合、自分の声が相手にどのように聞こえているのか分からないので、意識してゆっくり目に、語尾をはっきり話すように心がけると良いようです。4月から、ZoomやTeamsを使った講義やセミナーを幾つかこなしてきましたが、これで一旦終了。

次の予定は今のところ決まっていません。ご希望があれば、ホームページからお問い合わせください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC, LC/MSに用いる緩衝液の理解に役立つサイト紹介

LCやLC/MSの移動相に緩衝液を用いる事があります。

LC/MSの場合、基本的には不揮発性の塩を含む緩衝液は使えませんので、使用できる緩衝液には制限があります。

エムエス・ソリューションズで開発したソルナックチューブを使えば、LC/MSでも不揮発性の塩を含む緩衝液を使う事は出来ますが、やはり万能という訳ではありません。

 

で、緩衝液を用いる理由は、移動相のpHをコントロールしてイオン性の分析種の解離状態を安定化させるためですが、このサイトは、そのことが分かりやすく書かれていると思います。LCやLC/MSのためのサイトではありませんが、ご参考になれば。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CE-MSによる受託分析事業を行います

以前のブログで、株式会社エス・ティ・ジャパンで扱っている”ZipChip”と言うCE-MSインターフェースのことをご紹介しました。この会社、前職の同僚が何名か務めていて、この製品の担当が正にそのうちの一人なのです。で、この製品を国内で販売するためのお手伝いをすることになり、その一環として、ZipChipを使ったCE/MSの受託事業を行う事になりました。

ZipChip-2 ZipChip-1

 

使用可能な質量分析計は、とりあえずはThermofisher ScientificのQ-Exactiveです。

 

これから装置をセットアップするので、分析を受けられるようになるのはまだ暫く先になると思いますが、CE/MSにご興味があれば是非お問い合わせください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。