ブログ

2019年は飛躍の年に!

新年あけましておめでとうございます。

49542294_2006424089439767_8628547932833972224_n 49132511_2006424179439758_3488512273356423168_n

 

今日から仕事初めと言う会社が結構あると思います。私は、今日はまだ本格的には仕事を始めてはいませんが、このブログを書いたり、来週のプレゼン資料を作ったり、ボチボチ仕事モードに入る準備をしています。

写真は、いつも走って行っている多摩湖の堤防から見た初日の出と、多摩湖越しの富士山です。

 

昨年は、様々な企業や大学から質量分析に関するコンサルティングや技術指導のご依頼を頂きました。中でも最も多かったのは、マススペクトルの解析に関するご依頼です。リピートオーダーも頂き、解析結果に満足して頂けた、あるいは私の解析技術を信頼して頂けたと思い、とても安心しています。2番目に多かったのは、LC/MS分析現場における技術指導です。メーカーさんのトレーニングを受けても、実際に自分達の現場で自分達の試料を測定しようとすると、どうして良いか分からない。また、実際に行った分析が妥当であるか判断できないと言ったケースが多かったです。

 

ご依頼頂いた件数としては、実は余り多くは無く、事業としては非常に厳しい年になりました。4月~8月までは自分に対して給料が払えず、約5か月間無給生活。流石にギリギリの生活で、妻には大分助けて貰いました。今年はベンチャーを掛け持ちするので、少しは楽になるかな♪

 

今年も、エムエス・ソリューションズは、質量分析を通じて社会の役に立つ仕事を継続して行います。

 

仕事上での今年の大きな目標は、共同研究している大学で一緒に立ち上げるベンチャーを一日でも早く軌道に乗せる事です。新しいベンチャーの事業内容については、まだ詳細は書けませんが、質量分析に関する受託分析を行う計画です。事業開始は41日を予定しています。受託分析の内容に関しては、個別にお問合せ頂ければお答え致しますし、見積書の提出にも対応できます。

 

個人としての今年の目標は、昨年果たした5月の野辺山100 kmウルトラマラソンと2週間後の奥武蔵78 kmウルトラマラソンのダブル完走。これを2年続けて達成する事です。また、少年サッカーで見ているチームが6年生になるので、マラソン大会の数は減らして、サッカーに時間を割きたいと思っています。

 

今年も1年間、仕事に趣味に全力で取り組みます。関係する皆さま、よろしくお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年走り納め

夕方に走り納めで多摩湖へ行ってきました。日の入りには間に合いませんでしたが、綺麗な夕焼けを見てきました。

49188445_2005087099573466_322978456872681472_n

 

そして、今年の総走距離を計算したら2000kmを一寸超える程度でした。月平均200km未満は、ここ数年ではかなり少ない方ですね。9月に50kmしか走らず、1011月も100km程しか走れなかったのが効きました。

 

さて、2018年も残すところあと4時間程となりました。家でテレビを見ながらこのブログを書いています。

 

今年は、3年ぶりの野辺山100kmウルトラマラソン完走2週間後の奥武蔵78kmウルトラマラソンも完走し、三年越しの目標だった野辺山&奥武蔵ダブル完走を達成できました。

 

仕事では、本格的に発売を開始したLC/MS用オンライン脱塩チューブの売り上げが思った程伸びず、夏~秋にかけてコンサルティングのご依頼も少なく、厳しい年になりました。それでも、LC/MS/MSにより得られたプロダクトイオンスペクトルから未知化合物を推定すると言うご依頼を、複数の企業様から繰り返し頂くなど、“社会の役に立つ仕事を出来ている”をしっかりと確認できる年になりました。また、共同研究をしている大学と、来年4月に一緒にベンチャーを立ち上げる予定も立てられ、新たなステージに向かって弾みをつける年にもなりました。

 

仕事、ランニング、サッカー、ソフトボール、スキー、ソフトバレー、飲み、仕事に趣味に沢山の人達にお世話になりました。良いお年をお迎えください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

売れない小説家や漫画家のような生活

 

ここ数か月、売れない小説家や漫画家のような生活をしています(>_<)

 

日本分析化学会で認証している“液体クロマトグラフィー分析士”と“LC/MS分析士”ですが、それぞれ初段から三段まではマークシート方式の筆記試験があります。四段と五段は小論文と面接です。両分析士の各段位試験は、毎年1回ずつ行われています。そして、初段から三段までの最初の5回分については、問題の解説書を液体クロマトグラフィー研究懇談会(液クロ懇)の役員で執筆・編集しています。

これは、第一回のLC/MS分析士二段試験解説書です。

LCMS分析士二段試験解説書

 

問題の解説を執筆するのは、基本的には問題の出題者です。私は長年、液クロ懇で役員をやっており、役員の中で私以外には質量分析に詳しい人が少ないと言う事があり、LC/MS分析士の試験では今までに何度か出題者を務めてきました。そして、ここ数年、1年に1冊ないし2冊のペースで、過去に出題した問題の解説執筆の依頼が入ってきます。この依頼、お金になれば幾らでもウエルカムなのですが、残念ながら原稿料は殆ど頂けません! 高校生のアルバイト代より遥かに安いです。

 

一冊につき、78題分の解説原稿を書くのに、毎日書いている訳では勿論ありませんが、一ヵ月程はかかります。本来の仕事が順調に入りながらの、この種の書籍の執筆依頼が入ってくれば問題無いのですが、ここ数か月は本来の(お金になる)仕事の件数が少なく、会社の少ない売り上げは、全て社会保険やら年金やら税金やらホームページ作成費やらの固定費に消えていきます。4月以降、横市大の非常勤講師の謝礼が少し入ってきましたが、悲しいかな6ヵ月間会社からの給料を自分に支払っていない生活が続いています(ToT) 流石に生活が厳しくなってきた...

 

質量分析で社会のお役に立つ仕事をしていると言う自負はあるのですが、中々結果に結びつかないですねぇ...

 

“売れない小説家や漫画家のような生活”と書きましたが、そのような人達は今後売れる可能性がありますが、私が今書いている原稿は、お金にならない事が分かっていて書いていますから、ある意味更に悲惨ですね。とにかく今は、LC/MSのコンサルティングもソルナックチューブも、売り上げを上げるためにジタバタするしかありませんね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

核磁気共鳴装置で使う化学反応観測用マイクロチップ開発

最近、LC/MS専門書の執筆に関連して、化学反応を幾つか勉強し直しました。その中にWittig反応とGrignard反応があり、前職で開発した製品の事を思い出しました。

 

前職である日本電子㈱在職中、MCPTと言う国プロに参加して、マイクロ化学チップと機器分析装置との融合に関する研究を約4年間行っていました。その時の研究内容については、だいぶ前にアメブロに書いています。

 

この国プロ期間の最後に、NMRの超伝導マグネットの中で使う化学反応用のマイクロチップを開発し、それが日本電子で製品化されました。特許も取得し、今でも多少特許使用料が入って来ます。この技術、当時NMRのアプリケーションを担当していた人達とMICCS-NMRと名付け、MS屋でありながら、一時期は随分とNMRの仕事をしていました。それはそれで、とても楽しかった記憶があります。

 

これは、MICCS-NMRの関連で書いた最初の論文です。

MICCS-NMR_Wittig

 

有機合成の研究者の方達とも共同研究をしていました。化学反応の様子をリアルタイムにNMRで観測出来る技術と言う事で、他に同様な技術が無かったために、非常にニッチでありニーズの数自体は少なかったですが、興味を示す人は多かったですね。

 

このMICCS-NMRという製品、今でも日本電子で扱っていますので、興味ある人は日本電子のNMR関係者に問い合わせて下さい。私にご連絡頂いても大丈夫です

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

知り合いのお嬢さんが出演するライブに行ってきた♪ ライブハウスの受動喫煙防止に対する考え方は?

もう大分前になりますが、710日、知り合いのお嬢さん(高校生)がバンドやっていて、そのグループ(teen’s sight)が企画するライブに行ってきました。以前、友人がドラムやっているお気に入りのバンドが在って、そのライブにはよく行っていたのですが、2年程前に活動休止しちゃって、それ以来ライブに行くのは久しぶりでした。

 

これがそのグループのTwitterに挙がっていた写真。一番左が知り合いのお嬢さん!

みなこライブ

彼女がグループのヴォーカル兼ギター(あと多分リーダー)で、ソロでアコギの弾き語りもやっていました。このグループの他には、若い男子のグループが3つ程出演。

彼女の弾き語りとteen’s sightの演奏、素晴らしかった~!! 心に染みる歌声っていうのかな!? とにかく良かったです。

 

ライブハウスに入って先ず驚いたのが、お客さんの年齢層の低さ!!

企画したのが女子高生グループだから当然と言えば当然なのかもですが、回りが女子高生ばっかりΣ(・□・;) 居心地が悪いのなんのって(>_<)

 

で、次に参ったのがタバコの煙(>_<) 最初の頃はまだ良かったのですが、若い男性客が増えるに連れてタバコの煙が部屋に充満してきて、最初の弾き語りを聴いたあと外(受付のところ)に出て、最後のteen’s sightの出番まで、外でドアから漏れてくる音楽を聴いていました。そしたら、受付の人が“出来れば中に入って下さい”とか言って来て、“タバコの煙で頭が痛くなるから中に居られないのです”、“このお店は受動喫煙防止についてどう考えているのですか?”と言ったら、何も返事がありませんでした...

 

未成年が沢山いる密閉された空間で喫煙を認める店の考えって、どうなんだろうって思います。まぁ、本人達が気にならなければ、それはそれで良いのかも知れませんが。

しかし、タバコ嫌いの客をタバコの煙が充満している部屋に押し込めようとする店の姿勢は、完全にアウトでしょう! 中に入る事を余り強くは言ってきませんでしたが、強制的に入れようとすれば、傷害罪にもあたる行為だと思います。

 

音楽は愛煙者だけのものではない筈です。嫌煙者も気軽にライブハウスで音楽を楽しめるように、ライブハウスの人達には考えて頂きたいものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

国立科学博物館特別展「昆虫」開催中

上野の国立科学博物館で昆虫の特別展が開催中です。

この展示会、研究員の友人が企画に携わっていて、展示の説明員もやっているとのこと。

夏休み中のお子さんの自由研究ネタに如何ですか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。