ブログ

ロードバイクにはやっぱりビンディングペダル&シューズ!

昨年から、基本的に週3日間、浜松で仕事をしています。

浜松医科大学発ベンチャー”プレッパーズ”の代表取締役社長として!

そして、浜松医科大学の非常勤職員(特任研究員)として!

 

家は東京の西の外れにあり、毎週3日間、2泊で浜松に通っています。浜松での滞在は、東海道線の弁天島駅近く。浜松駅から3駅目です。医科大学と宿舎の往復には、幾つかのパターンを使っています。

1.ロードバイクで直接移動

2.浜松駅~医科大学の移動はラン、浜松駅~弁天島駅は電車

3.医科大学~遠鉄積志駅はロードバイク、積志~新浜松&浜松~弁天島駅は電車

4.医科大学~浜松駅は遠鉄バス、浜松駅~弁天島駅は電車

雨の時は4のパターンを使います。この時期は天気が安定しているので、ほぼ毎週1と2を使います。

 

で、ロードバイクで直接移動すると約20 km、時間にして1時間弱。ずっと普通のペダルを使っていましたが、先週アマゾンで安いビンディングペダルとシューズを購入、今週はそれを付けて乗ってみました。私は中学生の時からロードバイクに乗っています。始めた当時はビンディングペダルは無く、トークリップと言う物を使って、ベルトでシューズをペダルに固定していました。ビンディングペダルが出来たのは、いつ頃だったかなぁ...?

もちろん、ビンディングペダルが登場してからは、ずっと使っています。

 

自宅にも一台ロードバイクがあり、それは当然ビンディングペダル&シューズです。浜松にもってきたバイクも、以前はビンディングペダル&シューズで乗っていたのですが、サンダルでも乗り易いようにと大分前に普通のペダルに替えていました。で、今回久しぶりにビンディングペダル&シューズに替えてみたと言う訳です。

 

やっぱり1時間位乗る場合、ビンディングペダル&シューズの方が圧倒的に安心感がありますね。特に上り坂と信号待ち後にダンシングする時、引き足が使えるし、足がペダルに固定されていると安定感があります。

 

ロードバイクに普通のペダルを付けている時って、足がペダルに載っているだけなので、何か不安定なんですよね。

スノーボードに例えると、リフト乗る時とかに片足を外して滑ってる感じ! まぁ、大分違いますけど...

 

ビンディングペダルって普通のチャリに付ける人はまず居ないので、見たこと無い人も結構いると思います。

こんな↓ものです。

DSC_1428

 

 

そして、シューズがこちら↓

DSC_1429

 

シューズのソール部分にクリートと言う部品(三角形っぽい形)を付けます。クリートの先端部分をペダルの前部に引っ掛けて、足を踏み込むと、スキーのビンディングの要領で、シューズがペダルに固定されます。外す時は、左右どちらかに捻ります。

 

くっついた状態はこんな感じ↓

118386208_3227464657335698_8416932037328370610_o

 

足がペダルに固定されているので、下に踏み込むだけでなく、引っ張り上げる時にも力を使える訳ですね。

 

足が固定されていて怖くないの? と聞かれる事がありますが、慣れれば全然大丈夫です。むしろスピードが出ている状態では、足が固定されていない方が怖いです。これで、浜松でのバイク移動が快適になります (^_^)v

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

祝! 10周年!!

エムエス・ソリューションズは、今月で10周年を迎えました。

日本電子を退職後直ぐに今の会社を設立して、もう10年経ったのですね! 長かったような短かったような...

 

昨年新たに設立した浜松医科大学発ベンチャー”(株)プレッパーズ”や、浜松医科大学の非常勤職員としての仕事も並行して進めてはいますが、エムエス・ソリューションズとしてのLC/MS技術指導等の従来のご依頼も、リピート中心にご好評いただいています。

 

10周年記念として、社名入りのボールペンを作成しました。

DSC_1404

ペン先を引っ込めると、先端はタッチペンとして使えます。

 

学会や展示会で配ったり、秋には記念パーティーも企画しようと思っていたのですが、新型コロナ騒ぎで学会や展示会は軒並み中止ですし、記念パーティーも今のところは難しそうです。

 

仕事でお会いする際、少しずつ配っています。10周年を記念して、割引キャンペーンをやってみようと考えています。

引き続き、質量分析を通じて社会に貢献する仕事をします。今後とも宜しくお願い致します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

知り合いの会社でプロテオミクス関連の分析技術者を探しています

質量分析の世界でず~っと前から知っている人がメディカル・プロテオスコープと言う会社に居て、いま分析担当者を新規に採用したいと言う事で人材を探しています。プロテオミクス関連の受託分析では、実力のある会社です。

採用情報ページ

 

ご興味ある人は、連絡してみてください。

現場のトップの人が私の以前からの知り合いですが、とっても穏やかで良い人です。

プロテオミクスを通じて社会の役に立ちたいと考えている人にとっては、やりがいのある良い環境だと思います。

メディカルプロテオスコープ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

青少対活動に対して感謝状を頂きました!

たま~にこのブログでも書いていますが、私は以前から東村山市の青少対第一地区委員会の事業部副部長をしています。

何年続けているか全然意識はしていませんでしたが、先週事業部の集まりがあった時に部長から、

 

「大分前から預かってたんだけど~」と市長名での感謝状を渡されました。

DSC_1388

DSC_1388

 

こういうのは、大体切りの良い年(10年とか20年とか)で渡されるので、多分10年経ったのでしょうね♪

 

青少対と言うのは、地域の青少年の健全育成のために大人たちが固くなった頭を絞り、色々なイベントを企画して、子ども達が様々な体験をする手助けをするボランティア団体です。任期は2年で、一応市から委嘱される形です。主なイベントは、夏のキャンプと秋の子どもまつり。今年のキャンプはコロナの影響で中止になりました(ToT) 秋の子どもまつりは出来ると良いけど、どうなることやら...

 

青少年委員も2年目で、やっぱり春~秋の活動は全て中止になっています。

 

青少年委員も青少対も、居心地が良いし楽しく活動が出来ているので、もう暫くは続ける事になるでしょう!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

外ではコロナより熱中症対策を!

今週も浜松での仕事4日間。

連日、新型コロナの感染者が増加していると世間では大騒ぎしていますが、注目すべきは感染者数より重傷者数や死亡者数。

下の図は、朝日新聞デジタルからの抜粋ですが、ここ最近は、感染者数は増えているけど、亡くなられた方は全然増えていません。

コロナ情報_0804_朝日新聞

引用:朝日新聞デジタルより

 

これは何を意味しているかと言うと、大きく分けて二つ挙げられます。

一つは検査数の絶対数が増えている事と感染疑いのある人達をクラスター的に検査している事、もう一つは重症化し難い若い世代の感染者が増えている事です。

接待を伴うお店で感染者が出たら、そのお店の関係者を全員、あるいは追跡可能な濃厚接触者をクラスター的に検査しているため、陽性者率は当然高くなるし、検査数自体が増えているから絶対数としての感染者が増えるのは当然の事です。そして、若い世代は感染しても重症化したり死亡したりまで至る確率は低いので、感染者の割に死亡者が増えていない訳です。

 

かかっても無症状だったり軽症で済んでいるので、基礎疾患を持っている人やご高齢の人を除けば、所謂ただの風邪とそれ程隔てて考える必要はないと言う事になります。

 

それより、梅雨明けして今後猛暑が続く中、外出した時に注意すべきはコロナより熱中症です。

今朝、浜松駅6時20分頃スタートで医科大学まで走りましたが、その時刻で暑さが尋常ではなかったです。

熱中症のリスクが高い気温でした。外で無意味にマスクをする事は、本当に避けた方が良いです。

 

以下のような状況で、外でマスクを着用するのは無意味です。

・一人で外を歩いている、自転車に乗っている。

・数人で歩いているが、会話や咳・くしゃみなどはしない。

・数人で多少会話をしているが、2 m程度の距離を空けている。

 

外で気温が高い状態でマスクをすると、何故熱中症のリスクが高くなるか、主な理由は以下の二つです。

・マスクの中は常に湿気が高いので、湿度の高い空気で呼吸をしてしまう。

・マスクで覆われた顔の部分は常に温度が高くなり、熱が体内にこもり易い。

マスクをしていると喉の乾きを感じ難くなり、給水のタイミングが遅くなる

 

コロナにばかり気を取られて、熱中症にならないように注意しましょう!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新型コロナウィルス感染者に対する誹謗中傷は愚かな行為!

岩手県で初の新型コロナウィルス感染者が出て、勤め先へ誹謗中傷のメールや電話が届いているそうですね。

 

そんな馬鹿げたことをしている人は、その行動がとても愚かで恥ずかしい行為である事を認識すべきです。

 

自身が感染しないように、また自身が感染してしまった場合は他の人に感染させないように、注意して行動するのは勿論必要です。

無菌室に閉じこもって外に一歩も出なければ感染リスクはゼロでしょう。

しかし、人は生活する上でそれぞれの事情を抱えています。感染リスクをゼロにする事はなかなか出来ません。

誰でも感染する可能性はあると言う事です。

 

昔の日本では、結核やハンセン病の患者に対する差別が行われていた時期があります。

それは、無知や誤解から生じたものだったようです。

戦争もそうですが、昔の日本人は愚かな行為を沢山してきました。

 

新型コロナウィルス感染者への誹謗中傷をする人は、昔の愚かな行為をしていた頃の日本人と同じ程度の腐った脳をもっていると言って良いでしょう。そういう人がいる事を知ると、戦争をしていた頃の愚かな日本に戻ってしまうのではないかと、危機感すら覚えます。

 

新型コロナウィルス感染者への誹謗中傷と言う愚かな行為は、即刻止めましょう!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。