マラソン

偏平足のワラーチランは注意が必要かも

偏平足のワラーチランは注意が必要かも

 

先週末(2/11)のランニングで足を痛めてしまいました。今日はそのことを分析してみようと思います。ワラーチでのランニングについて触れます。そして、少しネガティブな書き方をしますが、これは私個人の感覚であり、ワラーチを否定するものではないので、そこは誤解されないように読んで頂ければと思います。

 

私の足はチョッと偏平足気味です。偏平足は土踏まずのアーチが弱く、衝撃を吸収する能力が低いので、偏平足のランナーは膝や足首などの関節や靭帯の怪我をしやすいと言えます。私もランナーであり、その他のスポーツも楽しみますが、今までに膝や足首に沢山怪我をした経験があります。

 

偏平足では足が本来もつ機能を発揮できません。偏平足向けのインソールは沢山売られていますが、私は(今更な感はありますが)足本来の機能を復活させたいと思い、昨年の秋ごろからワラーチでのランニングをトレーニングとして取り入れています。

 

人がまだ裸足で走り回っていた時代、あるいは靴が現代のように高機能でなかった時代(靴がまだ普及していなかった時代)には、偏平足などと言う足の病気は無かったかも知れません。様々な現代病が知られていますが、偏平足もその1つと言えるでしょう。高機能の靴を手に入れることで、足の機能を失う人が出てきてしまった訳です。

 

さて、ワラーチって何だ?と思う人は多いと思います。私も使い始めたばかりなので多くを語ることは出来ませんが、“走るためのサンダル”ってことになるでしょうか!? 裸足に近い感覚で走れるので、ワラーチで走ることで足本来の機能を取り戻し、偏平足が改善されれば良いと考えた訳です。そして、これはワラーチで走ってみればすぐに分かりますが(まぁ走るまでもなく見れば分かりますけど)、薄いワラーチはクッション性が殆どないので、私のような偏平足がワラーチで走る時には、フォアフット着地(足の幅の最も広い部分が最初に地面につくように着地すること)にしないと関節への負担がとても大きくなります。そして、フォアフット着地で走ると脹脛の筋肉を使うので、ワラーチランニングによって脹脛の筋力強化ができると考えました。

24910123_1528344560581058_3452396841948621130_n

 

昨年秋から、ランニングの20%程度(5回に1回程度の割合)でワラーチを使用、少しずつ距離を延ばし、15 km位までは問題なく走れるようになりました。フォアフットで足を回すような着地がスムーズにできる時は、とても良い感覚で走れるようになりました。

 

そして先週末の三連休(2/1012)、10日は秩父方面へ友人とラン、少し雪が残っているという情報だったので、トレイル&ロード兼用シューズで約25 km。翌11日、近所の友人と多摩湖+αのラン約20 km、ここでワラーチを使いました。今にして思えば、これが失敗だったようです。つまり、前日の25 km走の疲れが残っている状態でワラーチを履いたことです。11日のラン、走り始めはワラーチで快適に走れていたのですが、10 km辺りから前日の疲れが脹脛に残っていたためにフォアフット着地が継続できず、徐々にミッドフットに近い着地になっていました。普通の足の人はミッドフット着地(足裏全体で着地すること)でも問題ないですが、偏平足の私はミッドフット着地では足裏アーチでショックを吸収できないのです。

 

そして走った後、“なんか左の足首が痛いなぁ”という嫌な感覚が残りました。午後は少年サッカーの試合で審判の予定がありました。足首が痛いなぁと思いつつも、予定通り1試合だけ審判。

 

三連休最終日の12日、午前中に少年サッカーチームの45年生を連れて、狭山公園へ走りに行く予定でした。前日からの足首が痛い感覚が残ってはいましたが、今更キャンセルは出来ないし、2.1 kmのコースを2周(1周目はジョグ、2周目はガチ)走って、+階段ダッシュのトレーニング。

 

11日午後と12日のランが余計で、痛めた足首に負荷をかけたことは否めませんが、やはり引き金になったのは、前日の疲れが残る状態でのワラーチランだったと思います。とは言え、春になればワラーチランはやっぱり気持ち良いし、足の機能向上にも役立つ筈なので、私にあったワラーチとの付き合い方をしていこうと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年1月の走距離

2018年最初の月の走距離は、バイクとランで330 km、ランだけだと228 kmでした!

201801走距離

 

半年近く月間100 km前後が続いたので、200 km超えは久しぶり。先週から雪の影響でまた余り走れない日が続いていますが、今月も少年サッカーと折り合いを付けながら、250 km目標でコツコツ走ります。それと、最近取り入れ始めたのが、階段でのダッシュ練。これは、富士登山競争に参加している知り合いの真似なのですが、野辺山の前半は標高が高く坂もキツイので、かなり心拍数が上がってしまうのです。なので、ゆっくりペースのロング走だけやっていたのでは、野辺山の前半部分に対応できないのではないかと、一昨年・昨年のリタイアから考えるようになりました。

 

今月も、何度か階段ダッシュ練を入れながら頑張ります(^o^)/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月の走距離

11月の走距離は、約180 kmでした。

9, 10月と100 km未満だったので、150 kmいけば良いと思っていました。脚の状態は良くなってきています。

距離を走ると大臀筋に痛みが出てきますが、もう慣れてきたので、痛い状態でもそこそこ走れています。

今月は週末に少年サッカーの予定を何回か入れつつ、200 kmまで伸ばそうと思います。

 

走距離_201711

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年のうちに標高2017 m東京都の最高峰雲取山に登頂

昨日(11/20(月))、東京都の最高峰である雲取山に登ってきました。雲取山に登った経験のある、ラン友達の山本さんと一緒に。休日はなかなか予定が合わず、思い切って平日に仕事を休んで行ってきました。経営者には有給休暇なんてないし、仕事をしようと思えば何時でもやってしまうので、たまにはこんな休み方も良いでしょう(^_^)

 

雲取山の標高は2017 m、今年は2017年ってことで、今年中に行こうと思っていたのですがなかなかタイミングが合わず、今回やっと行けました。良かった良かった♪

 

雲取山に登るルートはいくつかあるようですが、以前山本さんが登った鴨沢ルートにしました。始発電車に乗って奥多摩駅に650分過ぎに着き、7時のバスで揺られること約40分。鴨沢バス停に到着。そこから少し上がった所に登山道入り口がありました。2017 m2017年に因んで、こんな看板が立ててありました。スタートの鴨沢バス停の標高は、約550 mでした。

DSC_0822

DSC_0822

 

走れるところは走るつもりでいたので、装備は軽めにしました。この時期の2000 m級の山がどの程度の気温なのか分からなかったのですが、手袋にニット帽、薄目のダウンジャケットや薄手のジャージと着替え、チョッとした食べ物と500 mLのスポーツドリンクを1本、これらをランニング用のリュックに入れて、山頂を目指しました。

 

歩き出しから結構な傾斜の山道。石がゴロゴロしていたり、チョッとした岩場があったりしましたが、全体的にはそれ程急ではなく、登りでも走れる場所が何か所かありました。

スタート時の恰好は、普通の冬のランニングウェア。下はロングタイツ、上は長袖Tシャツにランニングジャージ、頭にはキャップ。標高1300 m位から急に気温が下がり始めた感じがして、上下のジャージを重ね着、頭はニット帽に変更。山頂まではその恰好で大丈夫でした。ただ、手袋が薄手のものだったので、手が冷たかったのは辛かったですね。登山用のもう少し厚手の手袋があった方が良かったです。

 

1000 mを超える辺りから、日陰の登山道脇に長い霜柱が立っていて、それは下りの時も残っていたので、日が当たらない場所は日中でも零度近い気温だったってことですね。

湧き水も凍って、こんな感じになっていました。

DSC_0826

DSC_0826

湧き水が小さな滝になって凍っていた

 

DSC_0827

DSC_0827

滝の下には氷の小さな塊が沢山

 

DSC_0825

DSC_0825

登山道は概ねこんな景色

 

 

登り始めが8時、雲取山山頂には1110分位に着きました。山頂はとても寒く、なんと雪がちらついていました。流石にダウンジャケットを着ないと居られませんでした。サクサクっと写真を撮って、避難小屋でおにぎりを一個食べて少し休憩して、11時半には下り始めました。

23805656_1732345043503252_813027169_n23755707_1733176046753485_7756623295178624378_n 23794837_1733178573419899_8041402937720117631_n 23622079_1732540563483700_1285228257596579799_n

DSC_0834

DSC_0834

DSC_0828

DSC_0828

 

下りは、ちょいと急な岩場や大きな石がゴロゴロしている所は慎重に歩き、それ以外は結構走れました。平日ということもあり、登りも下りも会う人は疎ら、下りでハイカーを追い抜く時は、当然ですがかなり前から声をかけて、ゆっくり追い抜いて♪

 

走れるところは頑張って走り、鴨沢バス停には1343分着。1350分のバスに乗れました(^o^) 山頂での休憩を除けば往復で5時間半位。走距離は約22 km。

雲取山20171120

 

 

夏の日が長い時期であれば、奥多摩駅近くから登るルートや秩父側から登るルートなど、もっと長いコースを取れるルートでも、十分日帰りで行けそうです。来年暖かくなってきたら、また行って見たいと思います。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月の月間走距離、最近ワラーチで走るのが快適♪

10月の月間走距離は、なんと70 km程にしかなりませんでした(>_<)

月間走距離201710

 

右のハムと大臀筋辺りの痛みは相変わらず治まらず、知り合いの接骨院で鍼をうってもらったりもしているのですが...

 

この痛みはもう治まらないような気がして、最近は諦めてまた走り始めてしまいました。

だましだまし、この痛みと付き合いながら走るしかないのかなぁと思い始めています。

 

それでも、シューズよりはワラーチの方が痛い部分への負担が少ない感じなので、最近のラン練習はこれです↓

DSC_0771

DSC_0771

 

これに慣れてくると、余りゆっくり走るより、少しペースを上げた方が快適なんですよね♪

ミッドフット着地で足を回すように走ると、自然とペースが上がってきて快適になってきます。

これから寒くなりますが、もう暫く練習はワラーチで、少しずつ距離を伸ばして行こうかな(^o^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第8回甲州フルーツマラソン大菩薩コース完走記

昨日(10/22)、表題のマラソン大会に参加してきました。

 

10 km、ハーフ、そして大菩薩コースの3つのコース(ファミリーコース除く)がありますが、地域柄どのコースもアップダウンのキツいコース設定です。特に大菩薩コース(23 km)は、7 km過ぎから16 kmをひたすら上り続けるという超エグイ刺激的なコースです。コースマップや昨年の様子は、こちらをご覧ください。

 

今年は、台風21号の影響で、山間部がゴールとなる大菩薩コースは、安全を見てゴール地点を下げた15 kmの短縮コースに変更になりました。

 

この大会(大菩薩コース)、5月の野辺山100 kmの次に毎年楽しみにしているお気に入りの大会です。最初のハーフを含め、4年連続参加しています(大菩薩コースは3回目)。9月の初め辺りから右脚(大殿筋~ハムストリングス)の調子が悪く、924日の榛名湖フルマラソンと101日の銚子マリーナトライアスロンをDNSにして脚を温存、今回に臨みました。仲間8人でエントリーしましたが、3人は色々あってDNS、5人で参加してきました。

 

行きの電車内で、“東京の大会は軒並み中止なのにフルーツマラソンはやるんだね~! 山梨は東京よりは天気良いのかなぁ?”などと話していましたが、車窓から見える景色はずっと雨、会場の最寄り駅勝沼ぶどう郷駅についても変わらず雨。泥んこのグランドで受付を済ませ、ゴール地点に届けてもらう着替え荷物を預け、予定通り9時半にスタート。ウェアーは、Tシャツにアームウォーマー+ビニール合羽、走っている間もずっと雨は降り続いていましたが、気温はそれ程下がらず、靴がずぶ濡れで重くなった以外、まずまず快適に走れました。雨の中、コース整理等のボランティアの方やコース近辺にお住まいの方に沢山応援してもらえて、楽しく走ることができました。ありがとうございました。問題の脚は、5 km辺りから痛みが出始め、後ろの筋肉に負担をかけないように誤魔化しながら走ったら、ラスト2 km辺りから脛の筋肉が攣り始めてしまい、結構ギリギリな感じでした。短縮されない23 kmだったら完走できなかったカモ...

 

タイムは1時間42分47秒。昨年は2時間39分でしたから、あと8 kmの激上りを1時間切って走れる訳はなく、やはり今回は相当遅かったですね。

DSC_0454

DSC_0454

 

会場(10 kmやハーフのゴール地点)では、お弁当やぶどうを頂ける他、ワインやぶどうジュースを振舞ってくれます。例年、大菩薩コースを走り終わって会場まで降りた時には、それらは大抵なくなっている(他のコースの人達用なので)ので、大菩薩のゴール地点でしこたま頂いて降りるのですが、今回は雨降りの中ゆっくりしていることは出来ず、そもそも参加者が少なくなることを見越して余り上げていなかった感じでした。その代わり、会場に下りてから余っているぶどうやワインを沢山頂けました。やっぱり、全体的に参加者が少なかったようです。

 

終了後は体育館でプチ宴会。ゴール地点での打ち上げ用に、小さなクーラーバッグにビールとお手製ピクルス、チーズなどを忍ばせておいたのが役に立ちました。ワインやお弁当もあったし。

 

今回、同行した仲間の一人が、中央本線遅延の可能性を考えて早めに現地入りしたので、体育館の良い場所を確保してくれました。ありがとうございました。また、別の仲間は寝坊して電車に乗り遅れ、受付に間に合わないかも知れないというドキドキの状態でしたが、無事に一緒に走れました。良かった良かった(^o^)  悪天候ということもあり、駅から会場までのシャトルバス運行、受付をスタートギリギリまで伸ばしてくれました。運営サイドの対応に感謝。

 

その他、前夜に飲み過ぎて起きれずにDNSになった仲間がいたなど、色々とハプニングがあった大会でしたが、やっぱりフルーツマラソンは好きな大会です。特に大菩薩コースのエグイ登り坂は病みつきになります。

 

今回のような天候では、一人で参加すると気がめいってしまうこともありますが、仲間が一緒で1日楽しく過ごすことができました。やっぱり仲間の存在って有難い! 良い仲間に恵まれてるなぁと実感しました。

 

また来年も大菩薩コースで参加します!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。