マラソン

理系研究者はマラソンに向いている

理系研究者というと、根暗で部屋に閉じこもって勉強ばかりして、

スポーツとは無縁の人というイメージを持たれる方がいると思いますが...(>_<)

 

はっきり言って、理系研究者は本来スポーツに向いています。

マラソンには特に向いていると思います。

 

理由は以下!

1. スポーツ中の身体や道具の動きは、全て中学までの簡単な物理か化学で説明できること。

2. 理系研究者であればそのような簡単な物理や化学は誰でも理解できるであろうこと。

 (私は化学専門で物理はどちらかというと苦手だが、この程度は理解できる)

3. 頭で理解できれば、身体の動かし方をイメージしやすいこと。

4. マラソンは他のスポーツよりも地味でコツコツとやる感じがあり、化学の実験などに共通する部分であること。

 

私は6年程前からウルトラマラソンをやっていますが、加齢と共に怪我をしやすくなっていることを

悲しいことですが実感しています。

 

年をとっても怪我をしないようにするためには、筋力トレーニングも大事ですが、

何といっても理にかなった動きをすることだと思います。

 

そして、ここ1~2年、身体の構造とランニングの動きを物理的に考えて、

自分なりの理想の走り方を追求してきました。

 

(二週間程前にサッカー少年達と一緒にダッシュ練をやってハムストリングの軽い肉離れを起こしてしまいましたが)

マラソンのペースで走っている限りにおいては、

以前に比べると怪我をしにくくなりました。

 

初めて野辺山ウルトラマラソン(71 km)に出た時(6年前)には、

足首も膝もテーピングでガチガチに固定していましたが、

昨年はテーピングなしで100 km完走できました。

 

青白い顔して実験や論文執筆に時間を費やしている理系研究者のあなた!!

 

たまには外で運動して、健康な身体を手に入れてみませんか?

 

質量分析と一緒にランニングの指導も引き受けますので、お気軽にご相談下さい。

はなももマラソン完走記

先日の日曜日(3月13日)、茨城県古河市のはなももマラソンに参加してきました。 
 
 
昨年に続いて2回目の参加。 
 
野辺山100 kmまで2ヶ月と言う時期なので、自分の中ではその練習と言う意味合いが強く、 
 
昨年は前日に40 km走をこなして望み、疲労が残る中で、ネットで4時間8秒。 
 
結構頑張っちゃいました(^-^)/ 
 
 
 
今回は、3週間ほど前に足首を痛めてしまい、直前の走り込みが足りない感じ。 
 
前日も、長女が通っていた高校のPTA役員会に行くのに15 kmランとかなり短目。 
 
でも、パソコン背負ってたから何気にキツかったけど。 
 
 
で、今回 
 
足首が本調子じゃなかったし、4時間半位でノンビリ走るつもりでスタートラインに立ったのですが… 
 
スタート地点で女性のラン友さんに会い 
 
¨目標はサブフォー¨ 
 
とのこと。 
 
付いていくから引っ張って❗ 
 
と言われ 
 
じゃ~行ってみるかと方針変更。 
 
足首に不安はありましたがサブフォー狙いに変更。 
 
 
 
スタート後の混雑で一瞬離れてしまいましたが、25 kmまではキロ5分25秒~35秒のほぼイーブンで一緒に行けました。 
 
 
 
このコース、折り返しが何度もあるので、ラン友さんとすれ違いながら声を掛け合えるのが楽しいのです。

  
 
同じ富士見楽走会の石橋さんがだいぶ前、山本さんが少し後ろ、他のラン友さんも前後にいて、 
 
何度もすれ違い、声を掛け合いながら走りました。 
 
 
25 kmを過ぎた辺りから彼女の脚が動かなくなってきて、 
 
28 kmくらいまでは彼女の少し前で、励ましながら引っ張る感じで走りました。 
 
このまま一緒に走ろうかとも考えましたが、 
 
¨あの時粘れれば4時間切れた¨ 
 
ことを伝えたいと思い 
 
 
¨ネットでサブフォー¨のペースに戻しました。 
 
35 km前後で少し集中力が切れてペースが落ちましたが、全体としては大崩することなく後半までペースを維持できて、 
 
ネットで3時間57分15秒、グロスでは4時間00分37秒。 
 
 
 
欲を言えば、グロスタイムも意識して最後もう少し粘れたら良かったですねo(^o^)o 
 
 
ちなみに、グロスタイムとはスタートの号砲が鳴ってからゴールまでの時間、ネットタイムとはスタートラインを通過してからゴールするまでの時間です。 
 
大会の公式記録は、グロスタイムです。 
 
 
3時間15分ほどで走っちゃったラン友さんがいるなかで、タイム的には全然良くありませんが、 
 
野辺山100 kmにフォーカスしてのフルなので、まぁまぁ上出来でしょう

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。