LC/MS用脱塩チューブ情報

LC/MS用オンライン脱塩チューブ“ソルナック”を用いたリン酸塩緩衝液条件でのサルファ剤の分析

エムエス・ソリューションズで開発している、LC/MS用オンライン脱塩チューブ“ソルナックチューブ”は、従来LC/MSに使えなかったリン酸塩緩衝液を、チューブ1本で使用可能にする、オリジナルの新技術です。今回は、リン酸塩緩衝液を使ったサルファ剤のLC/MS分析例をご紹介します。

 

1は、ソルナックチューブを接続したLC-MSの構成図です。LCMSの間にソルナックチューブ(内径1 mm、外径1/16インチ)を接続するだけです。

 

ソルナックチューブLCMS構成図

1 ソルナックチューブを用いたLC-MS構成図

 

サルファ剤とは、スルファミンを母体とした一群の化学療法剤の総称です。動物用医薬品として用いられています。資生堂㈱のアプリケーションデータにリン酸塩緩衝液を用いた例が掲載されていたので、それを参考に溶離液条件を検討しました。今回は、図2に示す4種類のサルファ剤を用いました。

 

無題 

2 4種類のサルファ剤の構造

 

サルファ剤分析条件 

UVクロマトグラム、抽出イオンクロマトグラム、マススペクトルを図3に示します。ソルナックチューブCFANの中には、陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂が充填されており、溶離液に含まれるリン酸塩は、一定量イオン交換樹脂に吸着されるため、MSには導入されません。一方分析種であるサルファ剤は、構造によってイオン交換樹脂との相互作用が異なりますが、ソルナックチューブを通過し、各成分がEICで観測されています。③スルファモノメトキシンは、他の3成分よりEICピークがブロードニングしており、イオン交換樹脂と比較的強く相互作用している事が分かります。①、②、④のEICについても若干のテーリングが見られますが、これはソルナックチューブの内部容量による影響です。

 

サルファ剤のデータ

3 ソルナックチューブCFANを用いたサルファ剤のLC/MSデータ

 

ソルナックチューブCFANを用いる事で、LC/MSでは従来用いる事が出来なかったリン酸塩緩衝液条件でのオンラインLC/MS分析が可能になりました。

 

ソルナックチューブに関するお問合せは、ホームページのお問合せからお願いします。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

汎用HPLC向けオンライン脱塩チューブ(ディスポタイプ)新登場

LC溶離液中の不揮発性塩やTFA, リン酸、ナトリウムイオンなどをMSの手前でオンライン・リアルタイムに除去するためのオリジナル製品“ソルナック”。今までは、セミミクロHPLC(移動相流量0.20.3 mL/min)向けにディスポタイプの“ソルナックチューブ”、汎用HPLC(移動相流量0.81.0 mL/min)向けに詰め替え“ソルナックカートリッジ”を用意していました。汎用HPLC向けにもディスポタイプを望まれるお客様が多かったため、内径の太いテフロン系チューブや耐圧性フィッティングを探し、イオン交換樹脂量やチューブの長さを精査、移動相流量0.81.0 mL/min向けのソルナックチューブを開発しました。イオン交換樹脂の種類は、従来同様3種類(陽&陰イオン交換:CFAN、陽イオン交換:OOAN、陰イオン交換:CFOO)。

汎用HPLC向けソルナックチューブ

 

汎用HPLC向けのソルナックチューブ、5月から発売開始します!

8月末まで30%OFFキャンペーンを行います!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ソルナックチューブにトライアルセットがラインナップ

LCでは問題なく使えるけどLC/MSには使用が適さない”リン酸塩やTFAなどの添加剤”をオンラインで除去するための”ソルナックチューブ”、昨年9月に発売開始して以来、製薬企業様を中心に導入して頂いています。除去したい物質に合わせて3種類をご用意しています。リン酸塩を除去するためのCFAN、TFAなどの強酸性添加剤を除去するためのCFOO、ナトリウムイオンやカリウムイオンを除去するためのOOAN、各10本セット(¥30,000)が基本です。

 

最近になって、少ない本数でそれぞれ試してみたいというご要望が多く寄せられており、各2本ずつ計6本のトライアルセットを¥15,000で発売することにしました。1本あたりの単価を10本セットより安く設定しましたので、是非お試し下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。