2017年8月

LC/MS用オンライン脱塩カートリッジを全国向けにリニューアル発売!

リン酸塩緩衝液を用いたLC/MSを可能にするオンライン脱塩カートリッジ”SALNACカートリッジ”、HPLCの移動相に含まれるリン酸塩をオンライン・リアルタイムで除去する技術として、製薬企業様を中心にお使い頂いていますが、今回樹脂の充填方法を改良すると共にラインナップを見直してリニューアルしました。

LC/MS用オンライン脱塩カートリッジ”SALNACカートリッジ

 

代理店経由でのお取引をご希望のお客様は、アルテア技研株式会社様へご連絡お願い致します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アジレント・テクノロジー㈱の飛行時間質量分析計の技術資料が分かり易い

アジレント・テクノロジー㈱の飛行時間質量分析計の技術資料が、なかなか分かり易くてよく書かれています。

特に、アナログーデジタル変換器(analog to digital converter, ADC)と時間ーデジタル変換器(time to digital converter, TDC)の解説は分かり易いです。

参考までに。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC/MS用オンライン脱塩カートリッジのアプリケーションノート(JEOL)に早速反響あり!

日本電子株式会社のアプリケーションノートに、弊社で開発したLC/MS用オンライン脱塩カートリッジを用いたデータを掲載して頂いたところ、早速反響がありました。

やっぱり、大企業の技術資料等に掲載されると違いますね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

可搬型の質量分析計を用いたデータ測定サポートのご依頼

最近になって、以前からの知り合いが経営している会社から、そこで開発している可搬型の質量分析計を用いたデータ測定のサポートを依頼されて請け負いました。

暫く、続けて行うことになりそうです。

 

質量分析計は、理化学機器としての位置づけが殆どで、研究室などに据え置き型で使われるケースが殆どです。価格も数千万円から1億円以上します。

しかし、選択性の高さ、感度の高さから、最近では可搬型(小型)の質量分析計を工場や工事現場などに持ち込んで、その環境(何らかの発生ガスなど)の分析をオンサイト(その場)で行う用途が増えてきたようです。

オンサイトで行うメリットは、現場の様子をそのままデータに反映できること。可搬型の装置は、小型で、機能も据え置き型に比べると限られるので、価格も安いです。と言ってもチョッと高級な車が買える位はしますが。

 

据え置き型の質量分析計で測定しようとすると、例えば工場の排気ガスなどを容器に捕集して、研究室に持ち帰って測定することになります。

そのような方法では、捕集してから測定するまでににガスの成分が変化してしまったり、容器に吸着してしまったりというリスクが有り得ます。

 

普段の仕事で行っている天然物試料のLC/MS測定などと比べると、かなり様子が違いますが、それでも”得られたデータが意味あるものなのか”つまり何かシグナルが検出された時に、そのシグナルが本当に試料由来のものなのか、あるいは元々環境中に存在していたものなのか、をしっかり識別できる測定手法が重要になってきます。

今までその会社では、装置を開発した人がそのままデータを測定していたようなのですが、一緒に仕事をしてみると、やはりその辺りの事が疎かになっているようです。

 

分析って、装置の性能も大切ですが、意味あるデータを得る技術がやっぱり最も重要なのだと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

設立7周年!

エムエス・ソリューションズは、先週水曜日(8月9日)で会社設立7周年を迎え、8期目に入りました (^_^)

 

AS起業.NET というサイトに、会社生存率というデータが載っていたので、以下に引用させて頂きます。

年数   存続率 100社あったら何社残る? 1000社あったら何社残る?

5年   14.8%    約14社          約148社

10年   6.3%    約6社             約63社

20年     0.4%         ほぼ0社                                  約4社

30年 0.021%         ほぼ0社                               ほぼ0社

 

7年のデータはありませんが、おおよそ10%位でしょうか?

質量分析などというニッチな分野の仕事を一人で始めて、もちろん前職である日本電子㈱でのバックグラウンドが大きく影響しているのは言うまでもありませんが、まぁまぁ頑張ってるなぁと思います。

技術指導やコンサルティングについてはリピーターのお客様が多く、有難い限りです。

今年から”LC/MS用オンライン脱塩カートリッジ”の開発・販売も始め、役員も一人加わりました。

 

総代理店もアルテア技研㈱様に決まりましたし、これからも質量分析に関して、大企業には手が回らないような小さな仕事をコツコツとやっていきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年6, 7月の月間走距離

6月は、18日にソフトボールの練習中に脹脛の肉離れを起こしてしまい、それ以降全く走れなかったのですが、4日の奥武蔵ウルトラマラソン78 kmで距離を稼いだので、10日間だけで170 kmでした。

 

7月は、怪我の影響が残り前半は全く走れず。2週目あたりから少しずつ走りましたが、距離はなかなか稼げず、暑いのでペースを上げられる訳でもなく、グズグズで10日間で78 km (>_<)

月間で100 km未満って、エプソンで距離管理するようになって多分初めての事です...

 

毎年、この時期は気持ちが乗らないのでラン練習はグズグズです。その分、週末の時間は少年サッカーに使う頻度が増えています。

ここ数年、秋に目標とする大会を入れていないのが原因なのですが...

 

これから早朝は涼しくて走り易くなると思うので、10月の2つの大会(1日の銚子マリーナトライアスロン、22日のフルーツマラソン大菩薩コース)に向けて、少し気持ちを切り替えていきます。

トライアスロンは7年ぶりで、最近になってバイクとスイムの練習を始めました v(^_^)v

9月24日にも榛名湖のフルマラソンを入れていますが、これは余り気持ちが入らない...

 

身体の状態と気持ちの両方が揃わないと、なかなか良い感じで走れないので、走れる時が来るまでのんびり行きましょう♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。