2018年1月19日

LC-ESI/MSにおける酸性移動相条件での負イオン検出について

逆相分配クロマトグラフィーにおいて、カラムに保持され難い高極性化合物(イオン性化合物)を保持させるために、イオン対試薬を用いる方法と解離抑制の移動相を用いる方法があり、解離抑制のための移動相条件はLC/MSには適さないという話を以前ブログに書きました。

 

 

シリカベースの逆相カラムは、一般的には強塩基性条件に弱いので、解離抑制のための移動相条件としては酸性側で使う方が多いと思います。解離抑制のために移動相を酸性にするということは、分析種も酸性ですから、LC/MSでの検出には正イオンより負イオンの方が適しています。移動相が酸性、分析種も酸性、そして分析種を負イオンで検出するということは、分析種の負イオン検出におけるイオン強度は移動相の種類(酸性度)に大きく依存します。

 

先日、ソルナックチューブの実験のために日本電子㈱で装置をお借りした時、1つの化合物(分析種)を負イオンで検出する時、移動相を酢酸、ギ酸、TFAと変化させた時、分析種のイオン強度がどの程度変化するのか確認してみました。試料はアミノ酸の一種であるメチオニンを用いました。各移動相条件で測定した時の、メチオニンの[M-H]に相当する抽出イオンクロマトグラム(EIC)とマススペクトルを示します。

 

酢酸条件

メチオニン 負イオン 酢酸条件

 

ギ酸条件

メチオニン 負イオン ギ酸条件

 

TFA条件

メチオニン 負イオン TFA条件

 

各条件におけるEIC強度は、酢酸の時は5233、ギ酸の時は958、そしてTFAの時は未検出でした。移動相の酸性度が大きくなる程、メチオニンの[M-H]の生成が抑制されて、強度が減少していることが分かります。

 

また、TFA条件でHPLCとMSイオン源の間に陰イオン交換型のソルナックを接続した時のデータを示します。チューブ内での拡散の影響でピークはブロードニングしていますが、EICピークが確認できます。

 

TFA条件でソルナックチューブを用いた場合

メチオニン 負イオン TFA+ソルナック

 

また保持時間は、酢酸の時は1.8分、ギ酸の時は2.0分、TFA(+ソルナックチューブ)の時は3.6分でした。TFAでは、メチオニンのカルボキシ基の解離が抑制されたために保持が向上したことが分かります。

 

酸性移動相を用いて分析種を負イオンで検出する場合、移動相に添加した酸が付加したイオンが高い強度で検出される場合がありますが、今回のように酸が付加したイオンが検出されない場合、基本的には移動相の酸性度が高くなるほど、分析種の負イオンの生成は抑制される傾向にあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年秋ドラマ:個人的に面白かったランキングベスト3

冬ドラマがすでに始まっていますが、昨年末に終了した秋ドラマの中から、個人的に“面白かったなぁ”と思うドラマベスト3を紹介します。因みに、私はドラマが大好きで、昨年は以下8つの秋ドラマを見ていました。「民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~」、「明日の約束」、「奥様は、取り扱い注意」、「ドクターX」、「刑事ゆがみ」、「コウノドリ」、「先に生まれただけの僕」、「陸王」

なお、私が面白いと思うドラマは、

・共感できる内容

・感動できる学園もの

・好きな俳優・女優が出演している

のどれかである可能性が高いです。

 

で...

 

第一位:陸王

昨秋ドラマは何といっても「陸王」でしたね! 老舗足袋製造業の零細企業「こはぜや」が厳しい経営状況の中、存続をかけて新製品であるランニングシューズを開発するか従来の足袋事業に留まるかの選択を迫られる。開発資金調達や既存市場への新規参入の難しさ。零細企業経営者として、共感できる内容が多く、毎回ストーリーに入り込みました。また、私の趣味の1つであるランニングが、ストーリーの重要なテーマであったことも大きかったですね。私は15年程前から走っていますが、3年程前から膝への負担を減らすために、約1年かけてフォームを改良。踵着地 → フォア・ミッドフット着地に変更し、最近その走り方が大分安定してきたところでした。そこへきて「陸王」の中で「こはぜや」が開発した新しいシューズが、正にフォア・ミッドフット着地のためのシューズってことで、その点でも大いに興味を惹かれました。

開発したシューズは良い品なのに、なかなか市場で認めて貰えない。良い製品が必ずしも売れる訳ではない。開発を行っている企業であれば、どこでも経験することです。そのジレンマや、地団駄を踏みたくなるような悔しさ、開発したくても資金がないもどかしさ。とにかく共感できる内容が多かったという点で、ダントツの一位でした!!

 

第二位:先に生まれただけの僕

企業の営業マン(鳴海、嵐の櫻井翔くん)が、その企業が経営する高校の校長として出向させられ、他教師や出向元企業の専務(鳴海を出向させた張本人)らと対立しならが、特徴も人気もない三流高校を人気の進学校に変えるために奮闘する学園ドラマ。新任教師がその学校の従来の校風をぶち壊すというストーリーは学園ものにはありがちですが、それが校長というのは今までに余り見たことがないかなぁと思います。最初は校長の仕事にやる気を見せなかった鳴海が、学校を良くしたいという思いから少しずつ変わっていく。変わる最初のキッカケは、実績を上げて会社に戻りたいという自分のためだったが、徐々に生徒達のためにという気持ちの変化が現れ、見ていてほっこりする気持ちになることがしばしばありました。自分の意にそぐわない立場に立たされたとしても、その場で自分の出来ることをやるというスタンスは、良い仕事をする上でとても重要なことだと思います。

昨今、新入社員が直ぐに退職してしまうケースが多く、その理由の1つに“希望する仕事内容とのミスマッチ”があるという話題がしばしば報じられています。そのような理由で離職するのは入社1年目が多いらしいですね。私は仕事で学生と関わることが多く、彼らが卒業して就職する時には、“3年は辞めるな”と伝えるようにしています。“希望する仕事内容とのミスマッチ”と言いますが、そもそも希望する仕事内容が自分に向いているのか、希望通りでなく嫌だと思っている仕事が本当に自分に向いていないのか、本当は向いているのではないか、そんなことは就職して1年やそこらで分かる筈がないと考えており、学生達にもそのように伝えています。“先に生まれただけの僕”は、これから社会に出る学生くん達に見て貰いたいドラマでしたね。

 

第三位;ドクターX

今回で5作目だったのですね! 外科医の高いスキルと経験をもってフリーランスで勝負する大門未知子の姿は、大企業を退職して質量分析屋としてのスキルと経験で勝負している身として、毎回共感できる部分があり、欠かさず見ています。ストーリーはマンネリ化している感はありますが、次回作も楽しみです。

 

2018年冬ドラマも面白そうな作品が幾つかありますね。こちらも楽しみです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。