2018年10月

質量分析コンサルティング等の価格改定

以前に書いたこの記事で仕事を手伝っている大学のプロジェクトですが、科学技術振興機構の大学発新産業創出プログラム(通称STARTプログラム)と言って、大学発ベンチャーを立ち上げる事を出口戦略としている補助金制度です。

 

そして、現在のこのプロジェクトは来年3月で終了しますので、出口戦略として立ち上げる新しいベンチャーに関わる事になりました。来年4月以降、実際には3月の準備期間から、そちらの仕事にある程度軸足を移す事になりそうです。もちろん、エムエス・ソリューションズの現在の仕事は継続して行います。しかし、それにかけられる時間はかなり少なくなると思います。

 

 

その事と、少し前にこの記事に書いた様に現在質量分析コンサルティング関係の仕事依頼が少ない事を勘案し、3月までの時間を可能な限り質量分析コンサルティングに使いたいと思い、価格を大幅に改定しました。特に、初回限定の“診断およびコンサルティング”は、1日40,000円で引き受ける事にしました。個人の収入では無く会社の売り上げとしての価格ですから、はっきり言って出血大サービスです。まぁ、時給1,000円一寸の日雇いバイトをするよりはマシなので...

 

現在LC/MSをお使いの多くの現場では、ほぼ間違いなく何らかの問題を抱えている筈ですが、その殆どで問題を問題として認識していないと予測しています。つまり、本来得られるよりもかなり質の悪いデータが得られているにも関わらず、それに気づいていない、数千万円もする効果な装置を有効に活用できていないと言う事になります。今回、価格改定に併せて新たに設けた“診断およびコンサルティング”では、日常的に行っているLC/MS分析業務を一通り拝見し、得られたデータなども確認し、装置が効果的に使われているか、試料前処理や溶離液調整に問題はないか、データ解析は正しく行われているか、などを診断し、必要に応じてコンサルティングを行います。基本的には1日かけて、その作業を実施します。

 

 

手前味噌ではありますが、私のLC/MSに関する経験・知識・技術を、LC/MSの現場で使えない事は本当に勿体ないです。上述の通り、来年4月以降(早ければ3月中から)、質量分析(LC/MS)に関するコンサルティングを実施する時間は大幅に減らさざるをなくなります。この機会を是非ご活用下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

緊急募集! 11月16日AM都内限定、訪問LCMS無料セミナー

11月16日(金)、午前中2時間(10時~12時)、新宿駅から30分ないし40分程度で行ける場所限定で、LC/MSの訪問無料セミナーを承ります。

先着1社様のみ(研究機関や大学ももちろん可)、テーマは”LC/MSにおけるマススペクトル解析の基礎”です。

 

ご希望される方は、ホームページのお問合せからご連絡ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本ウォーターズのMSフォーラムに参加してきました

先週木曜日(1025日)、日本ウォーターズ株式会社のMSフォーラムに参加して来ました。午前中の全体セッションでは、お世話になっている横浜市立大の高山先生がご講演されました。午後のパラレルセッションは“バイオメディカルリサーチ”を選択。こちらも演者の人達は全員顔見知りでしたが、全員の仕事内容を詳細に知っている訳ではないので、彼らの研究内容を改めて知る事が出来て良かったです。

 

 

エムエス・ソリューションズを設立して今の質量分析コンサルタントとしての仕事を始めてから、前職である日本電子以外の質量分析計を自分で触る機会が多々あります。ウォーターズ社の装置はもちろん、他のメーカーさんの装置も、お客様のところに伺った時に、コンサルティングをする上で必要に応じて自分で操作します。

 

お金がないので自分で装置を買う事は出来ませんが、ウォーターズさんは他のユーザーの方と同様にこの様なイベントに特に制限なしに受け入れてくれるので、とても有難いです。と言うのも、例年複数のMSメーカーさんの同種のイベントに申込みするのですが、今年はもう一社参加を申し込んでいた他MSメーカーさんでは、一旦は参加申し込みを受け付けてくれましたが、後に“申込み者数が定員を超えたので装置購入実績が無い方はご遠慮頂きます”と言う旨のメールと共にキャンセルされてしまいました。

 

この様なイベントは、参加者が一人増えればそれ相応にお金がかかるので、ビジネスを考えれば妥当な対応です。一方、ウォーターズさんでは、今回の参加者は当初予定した定員をオーバーしていたにも拘らず、装置購入実績が無いのに断られる事もなく、他の参加者の方と同等の扱いをしてくれ、懐の大きさに感激しました。

 

そして、今回はとても嬉しい事がありました。

 

休憩時間にコーヒーを飲んでいた時の事、後ろから声を掛けられて振り返ると、以前共同研究で農工大に通っていた時に学生で研究室にいた女性でした。確か、2, 3年年前に修士を出たのではなかったかな? 聞けば、就職した会社で分析の業務をしていて、LCLC/MSを使っているとのこと。仕事で色々な大学に出入りしていますが、そこで会った学生が就職してから、仕事で再会するのってとても嬉しいです。今回会った子も、すっかり社会人っぽくなっていました。

 

ウォーターズ社製のQ-TOFMSMS/MSのソフトで少し好きではない部分があるのですが、今メインで仕事を受けているお客様のところで使っている装置がウォーターズ社製のQ-TOFMSなので、今後もウォーターズ社の装置と上手く付き合っていきたいですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自分の時間を如何にしてお金に変えるか!

士業とかリーランスと言われる人達は、基本的には1人で“自分が動いてなんぼ”と言う仕事をしているので、自分の時間をお金に変えて生活していると言えます。そして私も、エムエス・ソリューションズという会社組織にはしていますが、1人の会社ですし売り上げの9割は質量分析コンサルティング関連なので、実態はフリーランスと同じだと思っています。

 

この記事に書いた様に、最近お金になる仕事件数が少ない割に、原稿料が殆ど入らない執筆依頼が多く、自分の時間をお金に変えられない日が増えてきています。

 

最近、会社のホームページに“お客様の声”と言うコーナーを新設しました。まだまだ一部の方からの感想を頂けているに過ぎませんが、ご依頼頂いた方はとても頼りにしてくれています。

 

また、この記事で書いた大学での研究サポートの案件では、装置の一寸した改造を含めたメソッド開発をしています。日本電子に居た経験から、一寸装置を弄る事は何でもないですし、装置パラメーターに関しても、普通のユーザーがメーカーのエンジニアの方からトレーニングで教わる範囲を超えて動かします。今までよりも結果がかなり早く出ているようで、教授はかなり頼りにしてくれています。

 

 

社会のお役に立てる仕事をしていると言う自信はありますが、中々結果に結びつかない状況が続く中で、最近になってふと“空いている時間で日雇いのバイトでもしてみようか”と思い立って、先週と今週で各1日、時給1,050円の日雇いバイトを経験しました。まぁ、手っ取り早く時間をお金に変えた訳です。仕事内容は、書類の仕分けや並べ替えなどの単純作業、本当に誰にでも出来る簡単な仕事で、頭は殆ど使いません。本来の質量分析の仕事とは大違いです。

 

“頭脳労働にこそ価値がある”などと思っている訳ではありませんが、あの日雇いバイトの仕事は時給1,050円に相応しいと思いましたし、私本来の質量分析コンサルティングの仕事は、その10倍でも全然安いと思いました。自画自賛になりますが、それ程レベルの高い仕事をしていると言う自負があります。実際、時給に換算すると10,000円以上の料金設定にしています。日本全国を探しても、私と同じ仕事を出来る人は他に居ませんし、経験・技術・知識どれをとっても高くない料金設定だと思います。

 

日雇いバイトを経験してみて強烈に思った事は、“私がこの仕事をする事はなんて勿体ないのだろう”と言う事です。私は質量分析に関しては、間違いなく日本でトップレベルの経験・技術・知識をもっています。それを役立てない日がある事に対して、非常に勿体ないと感じた訳です。

 

私の経験・技術・知識をもっと広く社会に活用してもらうためには、様々なハードルがあります。そもそも質量分析コンサルタントと言う仕事やエムエス・ソリューションズと言う会社自体の知名度が低く、私の仕事が知られていません。また、この様な仕事を外部に委託すると言う文化が、日本の多くの企業には無いのだと言う事も感じています。

 

そして、ハードルの1つが“料金”にあるのであれば、思い切ってそれを下げてみようと思いました。自分を安売りするようで躊躇している面もありますが、近々新しい料金をホームページに掲載します。

 

日雇いバイトをする事に対して勿体ないと書きましたが、それが無駄な事だったとは思っていません。“百聞は一見に如かず”、何歳になっても、どんな事でも(人さまの迷惑になる行為でなければ)新たな経験をすると言う事があって良いと思います。

 

日雇いバイト、月に数日ですが暫くは継続してみようと思っています。継続できなくなるくらいに、本来の仕事が増えると良いのですが...

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

㈱情報機構主催LC/MS定量セミナーの講師割引

11月22日(木)、株式会社情報機構が主催するLC/MS,LC/MS/MS定量分析セミナーで講師を務めることになりました。

主催者から、講師割引の申込み用紙を頂いたので、ご興味ある方はご活用ください。

メールでご連絡頂ければ、PDFファイルをお送り致します。

情報機構セミナー案内_講師割引

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第3回LC/MS分析士二段試験解説書

またまた発刊されました。LC/MS分析士試験の解説書。

今回は、2014年度に行われた第3回LC/MS分析士二段試験の解説書です。

DSC_2638

DSC_2638

 

基本的に出題者が自分の分の解説を執筆します。今回も、私は何問か分の解説を執筆しました。

DSC_2640

DSC_2640

 

50問を大体6~7名ほどで作成しますので(今回は6名)、一人当たり8問平均です。

執筆だけでも、この記事に書いたように殆どお金にならないボランティア活動なのですが、原稿の査読会に参加して他の執筆者の原稿をチェックしたり、

他の査読者がチェックしてくれた自分の原稿を修正したりの作業もありますので、1冊仕上げるのにはかなりの労力を伴います。

 

LC及びLC/MS分析士試験の解説書の発刊予定は以下のようになっており、LC/MS二段試験についてはあと2回分残っています。

DSC_2639

DSC_2639

 

ただし、4,5回目のLC/MS二段試験には確か関わっていなかったと記憶しているので、二段試験の解説書は私にとってはこれが最後になると思います。

 

税別で2,000円なので、専門的な書籍としてはかなり安いと思います。その分、私のような(事実上フリーランス)の者にさえ原稿料を支払ってくれません。

苦労して作製した本なので、分析士試験を受けなくても、LC/MSに係る多くの人に読んで欲しいです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。