2018年12月

大学発ベンチャーの設立

9月から研究サポートでお邪魔している大学で、来年4月に大学発ベンチャーを設立する予定で、それに関わる事になりました。今の会社エムエス・ソリューションズも継続するので、暫くは二足の草鞋を履く事になります。そして、4月以降、多分その準備期間から、新しい会社にある程度軸足を移す事になるので、今の仕事、LC/MSコンサルティングやセミナーを受ける件数は減らさざるを得ない状況になります。

 

新しいベンチャーでどんな業務をするかについては、追ってご紹介したいと思います。

 

3月までに出来るだけ空いている日を減らしたいと言う思いから(実際年明けは仕事が入っていない日が結構ある)、コンサルティングや技術指導、セミナーの価格を、3月までの期間限定で大幅に値下げしました。この機会に、是非ご利用下さい。私が一日伺ってLC/MSの状況を見れば、必ずより効率的な運用方法をご提案します。

 

詳細はお問合せ下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お客様の声を追加しました

LC-MS/MSによる構造解析のご依頼を何度か頂いた研究機関の方から、お客様の声を頂きました。

今後も、LC/MSの現場でお役に立てる仕事をしていきます。

 

LC-MS/MSによる構造解析は弊社の最も得意な分野です。安心してお任せ下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社情報機構のLC/MS定量分析セミナー

1122日(木)、株式会社情報機構のセミナーで講師を務めてきました。講義のタイトルは、「LC/MSの基礎、およびLC/MS, LC/MS/MS定量分析入門」としました。

送った資料を、こんな立派なテキストに仕上げてくれました。

DSC_2792

DSC_2792

 

企業の分析現場で、LC/MS, LC/MS/MSを用いて定量分析を行っている人達の中には、マススペクトルを殆ど見た事がない人が多く居ると聞いた事があります。LC/MS(/MS)は高感度で高選択的な機器分析なので、定量分析に用いられる割合が多いのは事実ですが、本来MSはマススペクトルを得るための定性分析中心の方法なので、定量分析目的であってもマススペクトルの最低限の解釈の仕方は理解しておくべきと言うのが私の考えです。

 

そんな訳で、定量分析入門と言いながら、マススペクトルの読み方について十分で且つ正しい内容を盛り込みました。MSメーカーの無料セミナーを何度が聴いた事があるのですが、中には厳密に言うと正しくない内容のものが結構あります。私は真の専門化として、現時点での質量分析学的にキッチリ正しい内容を伝えられるように日々勉強しています。

 

また、主なLC-MSメーカーのMS調整画面のハードコピーを使って、それぞれ共通の役割をもつパラメーターとその働き、調整する時の基本的な考え方などをお話ししたのですが、後のアンケートを見ると、その部分の話しが役に立ったというご意見がありました。LC-MS装置は、7社以上のメーカーから発売されていて、構造は概ね似ているものの、各社でパラメーターの名称が異なっているため、機能は同じなのに、各社のどれがどれに対応しているのか分からないと言う人はとても多いと思います。今回は、その内容を盛り込んでみた訳です。

 

その他には、「定量に用いるイオンを選択する時の考え方が分かった」や「丁寧な説明で分かり易かった」などのご意見がありました。一日かけてのセミナーは久しぶりで一寸疲れましたが、やって良かったです。

 

またご依頼頂ければ、受けようと思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年11月の総走距離

11月の総距離は約110 kmでした。夏から秋にかけては毎年そうですが、モチベーションが上がりません。

今月は、もう少し走れるかな!

201811走距離

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無意識に出来る事を敢えて教える事の難しさ:サッカー少年達へのランニング指導

球技の中で走る事が重要な代表的例と言えば、誰もが思いつくのがサッカーでしょう。特に少年サッカーは8人制なので、全員で攻めて全員で守る事が求められ、キーパー以外はゲーム中常に走っているイメージです。足元でボールを扱う技術やパス、トラップなどの技術が重要なのは言うまでもありませんが、最低限の走力と持久力が無いとやはり試合には出られません。

 

私は、今は高校3年生になった長男が小学校3年生の時、サッカーをやりたいと言ったところから、現在コーチ&審判をしている少年サッカーチームに関わるようになりました。私にはサッカー経験はありませんでしたが、当時既にウルトラマラソンを走っていたし、市の陸上大会では100 mに出て入賞、多摩地区の大会に市の代表選手として参加したりして、とにかく走る事はチームのコーチ陣の中で誰より出来ました。

 

私がチームに関わり始めた頃は、通常の練習の中で子ども達は良く走って(走らされて?)いました。しかし、ここ数年、通常練習ではボールを扱うトレーニングに割く時間が増えてきて、走る時間が少なくなってきました。それによって子ども達の走力が落ちるのは好ましくないので、週に1回だけ、早朝に集まってランニングトレーニングを始めました。45年前の事です。

 

ヒトは日常生活の中で物を運ぶ時、主には手を使います。一方でサッカーは、手以外の身体の部分(主には足)を使ってボールを運ぶスポーツです。始めてサッカーをする時、あるいはサッカーをするまででなくても足でボールを蹴る(扱う)時、いきなり上手に出来る人はいないでしょう。それは、足でボールを扱うと言う動作が極めて非日常的であり、動作11つに対して意識をしなければならないからです。

 

ヒトは、生まれてからある程度の年齢になると、誰に教わる訳でもなく歩いたり走ったりできるようになります。子どもは、家庭で父親や母親、あるいは兄弟が歩いたり手で物を運んだりする動作を見ながら育つ事で、自然にそれらの動作を身につけます。意識をして出来るようになる訳ではありません。しかし、ここで歩く・走ると言う動作が意識せずに出来てしまうが故に、正しくない所謂我流な動きが身についてしまう可能性があり、それが、小学生や中学生になって“速く走れるようになりたい”と思った時の弊害になると考えられます。

 

意識せずに出来るようになってしまった身体の動きは、正に体に浸み込んでいるため、変えようと思っても早々変えられるものではありません。“速く走れない事”は、多くの場合走り方(フォームや着地の仕方)に問題があり、意識を変えないとそれらの身体の動きを変える事は出来ません。サッカー選手は、サッカーの中でボールを扱う事に意識を集中させますから、無意識に出来る“走る事”に意識を集中させる事は容易な事ではありません。

 

数年前から始めたサッカー少年達への早朝ラントレーニングは、正にその部分に狙いがあります。サッカーから離れたところで、走り方を意識し易い環境をつくり、着地の仕方や身体の運び方を意識させ、良い動きを身につけさせます。意識して良い動きが出来るようになったら、それを繰り返す事で無意識になり、その段階まで来て初めて、サッカーの中で良い走り方が出来るようになると考えています。

 

この早朝ラントレーニングを数年前に始めた当初、対象は6年生だけでした。希望すれば4, 5年生も参加可能にはしていましたが。しかし、試行錯誤しながら指導していく中で、上述した様な難しさに気付き、このトレーニングの目的を達成するためには、もっと長い時間が必要である事が分かってきました。そして今年から、4年生以上を対象にしました。本当は3年生からでも良いのかも知れませんが、そこまで含めると子どもの数が多くなり過ぎて、1人では見切れなくなる恐れがあるので、今はまだ4年生以上にしています。

 

4年生から6年生まで3年かけて、チーム全員に良い走りを身につけさせてから卒業させたい! それが私の、少年サッカーチームでの最大の目標です。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。