2019年5月

イオン対試薬用ソルナックチューブ

HPLC移動相中の不揮発性塩をオンライン・リアルタイムに除去する事が可能なソルナックチューブは、従来、リン酸塩除去用のCFAN, TFAやリン酸除去用のCFOO, ナトリウムイオンやカリウムイオン除去用のOOANの三種類をご用意していました。5/15からつくば国際会議場で開催された質量分析総合討論会において発表しましたが、OOANにイオン対試薬除去の効果が確認できたため、イオン対試薬用としても発売を開始しました。ターゲットは、ジブチルアミンやトリエチルアミンです。

 

salnac tube ion pair-1 salnac tube ion pair-2

 

また、ドデシル硫酸アンモニウム用のイオン対ソルナックチューブCCOOを近日発売予定です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第67回質量分析総合討論会

明日515日~17日まで、つくば国際会議場において、67回質量分析総合討論会が開催されます。この会は、日本の質量分析関係の学術集会としては最大のものです。質量分析計やアプリケーションに関連する多くの企業、大学、研究機関から沢山の人達が参加します。

 

私は群馬高専の5年生で、田島進先生の研究室に入った事から質量分析の世界に飛び込みましたが、その年に早速この会には参加し、それ以来記憶が正しければ、一度も欠かさず参加しています。と言う事で、今回は33回目の参加になると思います。

 

この業界の知り合いの多くは、日本電子に勤めていた時からの付き合いですが、同窓会のようで毎年楽しみにしています。もちろん、仕事上でも本会は重要な位置づけです。

 

今年は、2件のポスター発表に名前を連ねています。

 

1つ目は初日の午後(1P-14)、エムエス・ソリューションズで開発している脱塩チューブを使った、不揮発性イオン対試薬によるLC/MSの応用例を紹介します。

2つ目は3日目の午後(3P-16)、浜松医科大の研究サポートとして行った、DESI用のエミッターチップ試作に関する内容紹介です。これは、エムエス・ソリューションズとプレッパーズ両方の会社として関わっています。

 

ご興味ある方は見に来て下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。