2020年2月

新型コロナウィルス感染症の影響

新型コロナウィルス感染症の影響が多方面で出ていますね。

仕事で関係するところでは、講演予定だった質量分析学会関東支部講演会が開催見合わせとなりました。

ボランティアの関係では、少年サッカーチームの試合が軒並み中止に!

また、趣味関係でも、3月開催予定のマラソン大会の多くが中止になっています。

さらに、安部首相が全国の小中高への休校を要請するなど、自治体や教育現場では混乱も起きているようです。

 

多くの場合、右に倣えで単純にイベントを中止、学校を休校にしてしまいますが、つくば市のように柔軟に対応できるのは素晴らしいと思います。

以下、つくば市長のFacebook投稿からの引用です。

 

「首相より3月2日より全国の学校を休校する要請が出されたことを踏まえ、つくば市では、緊急で対応を協議しました。仕事を休めない保護者の皆様の対応を考慮し、感染防止策を講じたうえで準備期間として3月5日までは通常登校といたします。なお、出席することに不安がある場合には、登校しなくても欠席扱いにはなりません。

3月6日から3月24日までは臨時休業としますが、登校は可能です。 教員が対応しますが授業は実施せず、自主学習となります。開校している時間は8時00分から15時00分までです。放課後に当たる時間帯は通常どおり学童保育を実施します。

給食は3月5日まで通常どおり提供することとし、3月6日以降につい ては、3月2日に行う希望調査に基づき、希望された方に用意いたします。」

 

このような柔軟に対応する姿勢は、仕事や立場は違えど見習いたい所ですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC-MSイオン導入細孔の電圧設定

お仕事でLC-MSをお使いの方で、イオン導入細孔の電圧設定を意識しておられる方はどれ位いらっしゃるでしょうか?イオン導入細孔は、ESIAPCIなどの大気圧イオン源において、大気圧で生成したイオンが真空領域に入っていく時に最初に通過する細孔です。図1をご参照下さい。

 ESIソース

図1 ESIソースの概略図

 

メーカーによって名称は異なり、cone, orifice, transfer tube, heated capillaryなどと呼ばれています。その後に続く差動排気部にイオンを送り込むために、数十V程度の電圧が印加されています。イオンを後ろから押す所謂リペラー電圧的な役割を果たしますが、その電圧の最適値は、イオンのm/zに依存します。その依存性というかイオンのm/zによってどの程度最適電圧が違うかは、メーカーや機種によって異なります。メーカーや機種毎にデフォルトの設定値があり、多くの化合物はデフォルト設定値のまま測定してもそこそこのシグナル強度が得られますが、極端に分子量が小さい、あるいは大きい化合物については、そのイオンを通すための最適値がデフォルト値から大きく外れる事もあります。

 

最近の多くの装置では、このイオン導入細孔を含め、複数の関連するパラメーターをオートチューニングできる機構が備わっていますが、その際にチューニングの対象とするイオンのm/zを設定できるようになっていると思います。

 

オートチューニングを使っても勿論良いですが、オートチューニングを使うまでもなく、この電圧をちょっと変えるだけでシグナル強度が劇的に変わる場合があります。より良いLC/MS分析のために、この辺りも一寸意識して使ってみて下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

注目製品紹介:ChipベースのCE-MSインターフェース”ZipChip”

株式会社エス・ティ・ジャパンで扱っている”ZipChip”という製品をご紹介します。

これは、マイクロチップベースのCE-MSインターフェースで、マイクロ流路でCE分離を行い、チップの隅から直接エレクトロスプレーイオン化を行うというデバイスです。

メーカーは限定されますが、市販のLC-MSに接続可能とのことです。

私は、日本電子に在籍中、NEDOのプロジェクト(マイクロ化学プロセス技術研究組合)に出向して、マイクロチップと分析機器との融合に関する研究開発を行っていたので、この種の製品(技術)には、とても興味があります。

ZipChip

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

共感できるブログ記事

FBで繋がっているブロガー”かさこさん”がシェアしていたので、ワタナベ薫さんという女性のブログを読んでみました。

まだ一つだけしか読んでいませんが、共感できる内容でした。特に

 

「行動に移さずに

情報だけ取り入れていますと、

わかった気になってしまい、

何度か同じような内容を読みますと、

「それ知っている~」状態になり、

次は、頭にも心にも、それどころか

耳にも入ってこなくなります。」

 

というくだり。

私は質量分析の専門家ですが、もちろん質量分析の事をすべて知っている訳ではなく、

日々新しい情報を取り入れるよう勉強しています。

として、自分の仕事に役立ちそうな内容については、状況が許せば実際に試すようにしています。

 

”聞いただけ”と”実際にやってみる”とは大違いです。

これは、色々な状況でいえる事だと思います。忘れないようにしておきたい事ですね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。