2021年5月13日

軟X線重畳ESIイオン源の論文

 

もう4年前になりますが、古巣の人達と一緒に実験した結果を質量分析総合討論会に発表しました。

論文書かなければと思いつつ、なかなか手を付けられませんでしたが、最近になってようやく書き始めました。

もう少しかかりますが、書きあげて投稿までもって行きます。

こうやって宣言すれば、途中で止められなくなりますからね!

 

で、内容はESIに軟X線を重畳照射すると、ある種の化合物でイオン強度が増加すると言う内容。

その理由をどう考察するか、色々と考えているところです。因みに、大分前に特許も出願済みです。

データを1つだけ紹介します。試薬はアントラキノンです。

 

ESI-X benzanthraquinone

 

上段がESIで測定したマススペクトル。構造的にはESIに向かない化合物なので、シグナル強度は低く、やっとイオンげ検出されたレベル。中段が軟X線重畳ESIのデータ。プロトン付加分子の強度は約40倍に増加しています。下段は軟X線のみ、ESIと同程度のイオン強度です。

 

実用化についても、何とかしたいと思っています。ご興味あれば、ご質問などお待ちしています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。