ブログ

核磁気共鳴装置で使う化学反応観測用マイクロチップ開発

最近、LC/MS専門書の執筆に関連して、化学反応を幾つか勉強し直しました。その中にWittig反応とGrignard反応があり、前職で開発した製品の事を思い出しました。

 

前職である日本電子㈱在職中、MCPTと言う国プロに参加して、マイクロ化学チップと機器分析装置との融合に関する研究を約4年間行っていました。その時の研究内容については、だいぶ前にアメブロに書いています。

 

この国プロ期間の最後に、NMRの超伝導マグネットの中で使う化学反応用のマイクロチップを開発し、それが日本電子で製品化されました。特許も取得し、今でも多少特許使用料が入って来ます。この技術、当時NMRのアプリケーションを担当していた人達とMICCS-NMRと名付け、MS屋でありながら、一時期は随分とNMRの仕事をしていました。それはそれで、とても楽しかった記憶があります。

 

これは、MICCS-NMRの関連で書いた最初の論文です。

MICCS-NMR_Wittig

 

有機合成の研究者の方達とも共同研究をしていました。化学反応の様子をリアルタイムにNMRで観測出来る技術と言う事で、他に同様な技術が無かったために、非常にニッチでありニーズの数自体は少なかったですが、興味を示す人は多かったですね。

 

このMICCS-NMRという製品、今でも日本電子で扱っていますので、興味ある人は日本電子のNMR関係者に問い合わせて下さい。私にご連絡頂いても大丈夫です

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年7月走距離

2018年7月の走距離は、200 kmに届きませんでした!

走距離_201807

 

この時期は毎年そうですが、5月の野辺山と6月のオクム、二つのウルトラマラソンが終わった後なので、

モチベーションがガクンと下がって、走距離がかなり減ります。特に今年は、7月の週末はサッカーに時間を

割こうと決めていたので、1日にトライアスロンチームのラン練習で30 km走った以外、週末はほとんど走り

ませんでした。

 

次の参加予定のマラソン大会は、9月30日の榛名湖フル。別に記録を狙っている訳ではありませんが、

アップダウンのキツイ好きな(初参加なので多分ですが)コースなので、特に上りでは余りズルズルにならない

ように、今月後半あたりから気持ちを上げていこうと思います(^_^)/

 

会社設立8周年! 今が踏ん張りどころ!!

今週で、エムエス・ソリューションズ株式会社を設立して8周年を迎え、9年目に突入します。最初の数年は、色々な方のご紹介で沢山のお仕事を頂いていましたが、ここ数年は、ホームページ等を見たお客様からの新規のご依頼が中心になり、収入の額こそ減りましたが、何とかこらえています。また、2007年の1月には、元富士フィルムファインケミカルズの清水を新たに取締役に迎えて、LC/MS用オンライン脱塩チューブ(ソルナックチューブ)の開発と販売をスタートしました。しかし、期待した程の売り上げが出ず、先月で清水は退職しまた1人ボッチの会社に戻りました。1人と2人では、固定費の額が全然違うので、それを従来の売り上げだけで賄う事が出来なかったためです。清水は退職しましたが、違う形で関係は続いており、ソルナックチューブの開発・販売も従来通り行っていきます。ソルナックチューブは、LCMSの間に接続するだけで、従来のLC/MSでは使えなかった不揮発性緩衝液の使用を可能にする、今までにない全く新しい技術(製品)です。条件によっては、無償のサンプル提供も可能ですので、是非一度試して頂きたいと思います。

 

さて会社の状況ですが、この4月からは特に売り上げが少なく、ここ4ヶ月程自分の給料を支払えていません(>_<) 質量分析というニッチな業界で、しかも1人でコンサルティングと言うこの業界では初めての仕事にチャレンジしていますから、良い時もあれば悪い時もあるのは当然だと思っています。質量分析の中で特に難しいLC/MSに関して、高い専門知識や経験に関するアウトソーシングを提供すると言う発想自体は、決して悪いものではないと信じています。実際、お手伝いしたお客様のLC/MS技術は確実に向上しています。まだまだ、LC/MS現場で困っている人は多いと思うので、これからもLC/MSに関して役に立つ仕事を継続していきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年度横浜市立大学における質量分析の講義&実習、全て終了

今年度も4月から始まった横浜市立大学での質量分析講義&実習、週に1回出向いていまし
たが、7月の末で全て終了。先日レポートの採点も終えました。今年は、良く書けているレ
ポートとそうでない(ダメダメな)レポートとの差が大きかったような気が...
先ずはボリューム。感想以外では3~4つの課題を出すのですが、多い学生は各課題に対し
て1ページ以上、データも添付して10ページ程度のレポートがある一方、少ない学生は各
課題1行、全体で1ページに満たないというのがありました。殆どは「〇〇について考察せ
よ」と言う内容の記述式なのですが、それで1行って言うのは有り得ないと思うのですが
...
次は内容。色々書いてくれて、読んでいて面白いものもありますが、“これは理系の3年生
としてどうよ!?”と思った1例が、質量数に“約”を付けたレポートがあったこと!
「質量数約12の炭素」や「質量数約14の窒素」と言う具合です。質量分析に関する講義&
実習なので、質量に関する定義は特に重要視します。質量数は、原子中の陽子の数と中性
子の数の和ですから、必ず整数になります。“約”を付けたのは、“質量”と“質量数”を混同し
ていたのだと思いますが、有り得ないですよね...(&gt;_&lt;)
私はこの講義&実習だけを担当する非常勤講師として横市大に行っているので、レポート
に対するフォローが出来ないのが残念です。レポートに対する私の意見(評価)が聞きた
い人は、レポートにメールアドレスを書いておけばメールで伝える旨、毎回話すのですが
、まぁ多くて1年に1人ですね! 今回1人居たのでメールしたら、受信されずにエラーで
帰って来ちゃったし...
前のブログに書きましたが、この講義&実習は、6つのグループを3つに分けて行っていま
す。各グループの最初に講義を行うのですが、そこでアドラー心理学の話しを少しだけす
るようにしています。課題の分離と意識付けの話しを、ほんの少しだけですが...
質量分析と言うニッチな課題に対して学生達がどの様に取り組むか!
質量分析は非常に重要な学問なので、興味をもってくれるように内容を考えて講義で話し
ますが、それはそれとして、質量分析に興味をもって取り組むか、「このオジサン何云っ
てんだか!」などと思って右から左に聞き流すか、それは私にはコントロール出来ない事
です。
学生自らの意思で、色々な事に興味をもって取り組んで欲しいと思っての事ですが、中々
伝わらないみたいです。学生達が意欲的に取り組む様に、毎年少しずつ工夫していますが、

来年もまた考えよう。

 

大学や企業での質量分析講義のご依頼、いつでも受け付けています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

知り合いのお嬢さんが出演するライブに行ってきた♪ ライブハウスの受動喫煙防止に対する考え方は?

もう大分前になりますが、710日、知り合いのお嬢さん(高校生)がバンドやっていて、そのグループ(teen’s sight)が企画するライブに行ってきました。以前、友人がドラムやっているお気に入りのバンドが在って、そのライブにはよく行っていたのですが、2年程前に活動休止しちゃって、それ以来ライブに行くのは久しぶりでした。

 

これがそのグループのTwitterに挙がっていた写真。一番左が知り合いのお嬢さん!

みなこライブ

彼女がグループのヴォーカル兼ギター(あと多分リーダー)で、ソロでアコギの弾き語りもやっていました。このグループの他には、若い男子のグループが3つ程出演。

彼女の弾き語りとteen’s sightの演奏、素晴らしかった~!! 心に染みる歌声っていうのかな!? とにかく良かったです。

 

ライブハウスに入って先ず驚いたのが、お客さんの年齢層の低さ!!

企画したのが女子高生グループだから当然と言えば当然なのかもですが、回りが女子高生ばっかりΣ(・□・;) 居心地が悪いのなんのって(>_<)

 

で、次に参ったのがタバコの煙(>_<) 最初の頃はまだ良かったのですが、若い男性客が増えるに連れてタバコの煙が部屋に充満してきて、最初の弾き語りを聴いたあと外(受付のところ)に出て、最後のteen’s sightの出番まで、外でドアから漏れてくる音楽を聴いていました。そしたら、受付の人が“出来れば中に入って下さい”とか言って来て、“タバコの煙で頭が痛くなるから中に居られないのです”、“このお店は受動喫煙防止についてどう考えているのですか?”と言ったら、何も返事がありませんでした...

 

未成年が沢山いる密閉された空間で喫煙を認める店の考えって、どうなんだろうって思います。まぁ、本人達が気にならなければ、それはそれで良いのかも知れませんが。

しかし、タバコ嫌いの客をタバコの煙が充満している部屋に押し込めようとする店の姿勢は、完全にアウトでしょう! 中に入る事を余り強くは言ってきませんでしたが、強制的に入れようとすれば、傷害罪にもあたる行為だと思います。

 

音楽は愛煙者だけのものではない筈です。嫌煙者も気軽にライブハウスで音楽を楽しめるように、ライブハウスの人達には考えて頂きたいものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エレクトロスプレーでイオン化できる化合物は?

LC/MSのイオン化法として代表的な2法、エレクトロスプレーイオン化法(electrospray ionization, ESI)と大気圧化学イオン化法(atmospheric pressure chemical ionization, APCI)、以下の図のような基準での使い分けが一般的です。

ESIとAPCIの使い分け

 

中~高極性化合物はESI、低~中極性化合物はAPCI、概ね正しいですし、ファーストチョイスとしては良い指標だと思います。しかし実際には、多くの人が描いているイメージより、ESIAPCIも沢山の化合物をイオン化出来ます。また、移動相溶媒(インフュージョンによる連続導入の場合は試料溶媒)についても、ESIには極性溶媒が必須であると思われがちですが、必ずしもそうではありません。流石にヘキサン100%ESIによる測定は難しいですが、ジクロロメタン、クロロホルム、ベンゼン、トルエンなどは100%でもESIに使えます。また、そのような溶媒にのみ溶解する化合物(極性溶媒に不溶)は、イオン化効率は高くはありませんが、ESIでイオン化するものが結構あります。低極性溶媒をESIに使用する場合、例えばそれがLCの溶離液であれば、ポストカラムから溶離液および分析種が溶解する程度の極性溶媒を添加する方法が一般的ですが、極性溶媒(水酸基に対して反応性をもつ化合物など)によって分解してしまう化合物もあるので、そのような方法を用いる事が出来ない場合があります。

 

多環芳香族化合物やある種の金属錯体などは良い例だと思います。多環芳香族化合物は、ベンゼン、ナフタレン、アントラセン辺りの低分子ではESIで殆どイオン化しませんが、例えばこんな構造であればESI[M+H]+が観測されます。

Rubene

 

また、金属錯体など熱的に不安定な構造をもつ化合物の場合、ESIの脱溶媒の過程で熱分解を起こしてしまうので、脱溶媒温度を下げる事でイオンが確認できる場合があります。極端な例はコールドスプレーですが、ここまで積極的に低温にしなくても、脱溶媒の温度を室温程度まで下げれば高温条件では検出できなかった目的イオンが観測できるようになる場合があります。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。