ブログ

LC/MSで観測される可塑剤由来のバックグランドイオン

LC/MSでは様々なバックグランドイオンが観測されます。正イオンESIで、m/z 391413のバックグランドイオンを見た事がある人は多いと思います。これに関して、私は大分前にブログに書いたつもりでいたのですが、検索しても出てこないので、どうやら書いたつもりになっていて実は書いていなかったようです。

 

正イオンESIで観測されるm/z 391イオンと413イオンは、同じ物質由来です。正体は、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)です。通称DOP。分子式はC24H38O4、ノミナル質量は390、モノアイソトピック質量は390.2770です。前述のm/z 391は、DOPのプロトン付加分子([M+H]+)、m/z 413はナトリウム付加イオン([M+Na]+)です。

 

DOPは可塑剤として用いられておりLC/MSにおいても、使用する容器などに含まれていると考えられます。

 

 

この両イオンをはじめとして、LC/MSで余りにも沢山のバックグラウンドイオンが高強度で観測される状況は好ましくありません。と言って、バックグランドイオンを完全にゼロにする事は不可能です。このブログで書いた様な状況は避けなければなりませんが、重要な事は、“気を付けつつも気にし過ぎない”だと思います。

 

 

私自身は、DOPのイオンは、装置のキャリブレーションの指標として積極的に使っています。私の仕事では、高分解能LC/MSを使う事が多いので、キャリブレーションはとても重要です。とは言え、無条件に毎回使う度にキャリブレーションするのではなく、今この装置がキャリブレーションを必要としている状況なのか否かを、DOPの様な既知のバックグランドイオンを見て判断しています。前述のDOPの分子式から、プロトン付加分子とナトリウム付加イオンの計算精密質量は、それぞれ391.2843, 413.2662となります。キャリブレーションする前の装置で、“両イオンの実測m/z値が計算値とどれ位ズレているか”で、その装置のキャリブレーションの必要性が判断できます。

 

以下は、お客様の装置で観測されたDOPのイオンですが、観測されているm/z値は、両方共理論値との誤差は約2 ppmですから、まずまずの状態である事が分かります。

DOP

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新しいベンチャーの登記完了!

少し前からお伝えしている通り、4月から本格的に営業を始める新しいベンチャーの登記が完了しました。まだ詳細はお伝え出来ませんが、本社は品川に置くことになったので、暫くは都内を拠点にして営業活動を中心に行う事になると思います。業務の主力は質量分析を中心とした受託分析で、何割かはLC/MSで占められたら良いと思っています。

定性・定量共に、中々強力な装置が揃っています。LC/MS(/MS)の定性分析については、当面は私が直接分析する事になります。未知化合物の構造推定など、安心してお任せ下さい。質量分析屋の名に懸けて、データの質にはキッチリ拘ります。

 

分析内容に関するお問合せや見積依頼など、既に受け付けています。ホームページは準備中なので、出来るまではこちらのお問合せからお願いします。

 

エムエス・ソリューションズの本来の業務であるLC/MSの技術指導やコンサルティングも、勿論継続して行います。二足の草鞋で頑張ります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

三連休は、走ってサッカー審判やって仕事!

三連休が終わりますね(ToT) 如何お過ごしでしたか?

私は、走ってサッカーの試合で審判やって、あとは仕事してました!

 

初日は、早朝から東村山トライアスロン連合の迫田さんと、小雪がちらつく中、多摩湖周辺を元気に走りました。3年ほど前から一緒に走りたいと思っていて、ついに実現。私の最近お気に入りのコースをご案内しました。私は25 km、迫田さんかチョイ遠い所から来てくれたので、35 kmでした。寒かったけど、気持ちよく走れました~♪

午後はずっと仕事してました。

13797 13798 20190209_190211_0004

 

2日目は、終日少年サッカー5年生チームの試合に帯同。鶴ヶ島まで行ってきました。折角遠くまで行くからランで、と思いましたが、google mapを見ると距離は約30 km。走れない距離ではありませんが、9時には現地に着かなければいけない事と、着いた後審判で走る事を考え、電車で西武線の新狭山と言う駅まで行って、そこから走る事にしました。約15 kmでした。寒い事が予想されたので、前日にベンチコートなどを選手のお父さんに預けておきました。

審判も1試合だけでしたが、しっかりやりましたよ。レベルの高いチーム同士の試合を1人審で! いやぁ、走らされました(^o^; 肝心の試合は、二敗一分けで揮いませんでした(>_<)

DSC_0257

DSC_0257

長鶴ラン_20190210

 

で、最終日の今日は一日中ひたすら仕事! 今抱えている大きな仕事が全然終わる気配がないので、来週以降も土日のどちらかは返上して仕事しないと...

しかし、個人事業主に近い立場としては、これほど大きな仕事は中々来ないので、嬉しい悲鳴です。頑張ってやり遂げます p(^_^)q

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

フリーランスの質量分析屋を目指す人と知り合った

先日、ある質量分析装置メーカーに勤めている知り合いから、私と同じ様にメーカーを退職して独立し、フリーランスの質量分析屋(コンサルタント)を目指している人がいるから会って話しをしてやって欲しいと頼まれました。

 

私に連絡するように伝えたところ、早速その方からメールが来て、少し前にお会いして話しをしてきました。職務経歴などを聞いたところ、LC/MSGC/MSの経験はかなり豊富と言う事と、独立して1人でやっていこうと思った動機が、私の場合ととても良く似ていると言う事から、その人の仕事に協力する事にしました。

 

少し前のブログに書きましたが、4月から受託分析の会社を新たに始めるので、その非常勤スタッフとして、主にLC/MSの分析を担当して頂く事にしました。その会社のオーナー(株主)にも、既に会って頂きました。また、その会社を始めると、私自身は今の仕事を少し減らさざるを得ないため、エムエス・ソリューションズに来たご依頼の一部を、その方にお願いする事も出来ると思って期待しています。

 

ただ、今の私の仕事は、LC-MS装置が使えたりメソッド開発が出来たりするだけでは全く不十分で、誰に対しても原理原則に基づいた正しい情報を論理的に説明できるだけの理論武装をしている必要があります。もちろん、豊富な経験も必要です。LC/MS分析士の過去問を少しやって頂きましたが、原理原則の部分がまだまだ足りていない事が分かりました。これから、頑張って勉強して貰います。私と同じレベルで仕事が出来るようになるのは、当分先かな。

 

私の仕事って、完全にバッティングする競合相手がいない分、仕事そのものが業界に認識されていないと言う問題を抱えています。同じ仕事をする人が増えれば、知名度が上がります。そして、何と言っても、業界に必要な仕事だと思っています。大企業では対応できない小さな仕事をコツコツとこなす事で、質量分析全体の底上げに繋がります。本当は、大企業が皆その部分(自分達では出来ない事が結構ある)を認識して、自分達に足りない部分に対して私達に協力を仰いでくれると良いのですが、大企業の人ってやっぱりプライドが高いので、自分達で全部出来てると思い込んでいるんです。そんな事あり得ないのに。

 

同じ組織に居なくても、将来は競争相手なる可能性があっても、後輩を育てるのは先に行っている者の務めだと思います。一日でも早く、一人前のフリーランス質量分析屋に育てたいです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少年サッカーチーム内での審判研修会

もう大分前の事ですが、昨年末1216日、私がコーチをしている少年サッカークラブ(富士見スポーツクラブサッカー部、FSS)の5年生の冠大会が開催されました。今私が主として見ている学年です。私は今年度チーム内の審判部長も引き受けていて、“いつかチーム内での審判研修をやりたいなぁ”と思っていて、この大会でやる事にしました。

DSC_3151

 

3年生のお父さんコーチで、今年度4級審判員資格を取得した人が何人かいるので、彼らを中心に14名のコーチに参加してもらいました。招待したチームは7チーム。予選リーグ&決勝トーナメント含め16試合中、10試合をFSSで担当しました。

 

FSSには、14ブロックの審判部長を務められているレジェンド的存在の審判がおられまして、その方に講師として参加して頂きました。私が審判を始めた頃に沢山の事を教えて頂いて、身近で目標とするべき審判員です。

当日は、私も三位決定戦で主審を務めた以外は、他のコーチの審判を見てアドバイスをさせて頂きました。

 

さて、何故私が少年サッカーチームで審判を頑張っているかと申しますと、サッカー経験がないので審判(&子ども達と一緒に走る)くらいしかチームのために役立つ事が無いから。そしてこちらの方が理由としては大きいのですが、何と言ってもサッカーの審判が楽しいからです。

 

サッカーの試合をするのは勿論選手ですが、審判次第で試合の内容はガラッと変わってしまいます。全然走らずプレーを見ないで笛を吹いたり、ダラダラしていたり、副審と主審でコミュニケーションを取らなかったり、そんな審判をしていると選手には伝わるので、試合が荒れたり、選手やベンチからクレームの声が上がったりします。逆に、しっかり走ってプレーを近くで監視し、堂々とした態度でしっかり増えを吹いて、選手ともコミュニケーションを取れれば、締まった良い試合になります。

 

高学年でレベルの高いチーム同士の試合では、身体の当たりは強いし、激しいプレーが多いですが、そんな試合をビシっと締められると、終わった後に何とも言えない爽快感があります。マラソンを完走した時とは全然違う感覚です。

 

試合の主役はあくまでも選手であり、審判は裏方ですが、無くてはならない存在ですし、審判次第で試合の良し悪しが変わります。そんなところが魅力ですね! 今のチームに関わって、そこそこ経験を積んできて、こう言う感覚を持つようになってきました。他のコーチにここまで求める事はしませんが、選手が安心してプレーできるように、基本はしっかり押さえて伝えていきたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC/MS関連のご依頼が集中して嬉しい悲鳴!

今月半ばから、大学との共同研究で週2日に加え、低分子化合物の構造解析のご依頼に平日の残りの日を割り当てる事になり、3月中旬まで平日は全て埋まりました。それに加え、液体クロマトグラフィー研究懇談会関連の書籍の執筆に関するリマインダーメールが最近届き、LC/MS関係の原稿締切りが2月中旬に迫っている事を思い出しました。

 

仕事が立て込んでいる時は、1つ1つの仕事に集中して取り組めます。こういう時は、いつにも増して良い仕事が出来そうな気がします。

 

2月からは、5月の野辺山ウルトラマラソンに向けて、土日のどちらかはロングラン練習を入れて行くつもりでしたが、少し先延ばしになりそうです。土曜日に仕事しないと、とても終わりそうにない...(^o^;)

 

サッカーもあるし...

 

今は兎に角3月中旬までが勝負!

1日たりとも休めないから、風邪もひけないし(まぁ、元々風邪は殆どひかないけど...)。

集中して頑張ります!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 髙橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solutions.jp
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。