ブログ

起業して大変なこと:資金の調達

エムエス・ソリューションズ()を設立して6年ちょっとが経ちました。アメブロに、企業して大変なことと題していくつか記事を書いています。

今回は開発資金の調達について、いま現在大変な思いをしていることを書いてみたいと思います。

 

今年の3月までは、LC/MSを行っている企業や研究機関、大学等での技術指導や分析サポート、セミナー講師等、所謂私自身が動くことが仕事の全てでした。物品の売買は殆どやっていなかったので、まとまった費用というのは特に必要ありませんでした。しかし4月以降、LC/MS用オンライン脱塩装置の開発とプロトタイプを用いた受託分析を行っています。

 

今までには必要なかった開発資金が必要な訳で、補助金やらなにやら資金の調達方法を色々と検討している訳ですが

 

資金の問題、もの造りをしている会社(特に中小や零細)は、どこでも経験しているのでしょうねぇ(>_<) いやぁ~、お金がないって本当に大変です。前職の時は、予算削減等でやりたい仕事が制限されることはあっても、自分の給料を削ってまで開発をするなんてことは無かったですから、自分でビジネスをすると色々なことが経験できます。

 

さて、資金調達として最良なのは返済の必要がない補助金。しかし、一人で(年明けに二人にはなりますが)やっている会社が単独で申請できる補助金の募集ってそもそも少ないのです。

 

まだまだチェックできていない補助金も沢山あるのだとは思いますが

 

それでも春から秋にかけて3つの補助金に応募しましたが、全て不採択(>_<)

dsc_1741

 

これらは、200万円位を受け取る計画で応募しましたが、50万円でも、あるいは10万円でも20万円でも、零細企業の開発資金としては助かる訳です。

 

有名大学、大企業、国研などが絡む産学や産官学の共同研究開発に何億も何十億も使うことは良いですが、その内の1%でも、小分けにして零細企業向けの補助金件数を増やして欲しいと思う、同規模の企業経営者は沢山いる筈です。

 

あるいは、オリンピックに関する様々な問題、ろくに仕事をしないで高い給料を貰っている一部の国家公務員、様々なところで行われている税金の無駄遣いを見直して、10万でも20万でもいい、我々零細企業に補助金を回して欲しいと切に願います。

 

LC/MS用オンライン脱塩装置は来年4月からの発売開始を決めました。価格は約150万円です。

お金はありませんが、お金がないなり知恵を絞って、人の力も借りて...

4月の発売開始に向けて、パートナーと頑張って開発を進めていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

高分解能LC-MSによる精密質量測定と付加イオンの判別

前回のこのテーマでは、質量分析計の最も重要な性能の1つである質量分解能について、質量分解能の高い装置を使うと、イオンのm/z値を小数点以下3~4桁のレベルで正確に測れる可能性がある、近接するm/z 値の夾雜イオンと分析種イオンを分離できる可能性がある、ことを解説しました。

 

この¨可能性がある¨ってところがミソなのですが、それは別の機会に解説します。

 

今回は¨イオンのm/z 値を正確に測れるとどんな良いことがあるのか¨について解説します。

 

結論から言うと、そのイオンの元の分子の元素組成を推測する(状況に依っては決定する)ことができます。

 

分子を構成する各元素の原子質量は、例えば水素(1H)1.0078…、炭素(12C)12.0000…

酸素(16O)15.9949…と言うように、精密質量がきっちり決まっています。従って、既知分子であれば、その精密質量は一義的に決まる訳です。

 

例えばエタノールの元素組成はC2H6Oですから、モノアイソトピック質量は、小数点以下4桁では、46.0417となります。

*)モノアイソトピック質量とは、分子を構成する各元素について、天然存在比が最も大きな同位体の質量を用いて計算した分子の質量のこと。

 

正のエレクトロスプレーイオン化(ESI+)を用いたLC/MSでエタノールを測定すると、分子にプロトン(H)が付加したイオンが生成するので、モノアイソトピックピークの理論的なm/z 値は47.0491となります。

 

高分解能のLC-MSで未知試料を測定し、ある成分由来のイオンが47.0491に近いm/z 値のイオンが観測されれば、その値から元素組成を逆算し、そのイオンはエタノールのプロトン付加イオンと同じ元素組成をもつと推測できます。

 

ここで、イオンの元素組成から元の分子の元素組成を知るためには、重要なことがあります。それは、イオンの種類を判断することです。

 

例えば、ESI+では、前述したプロトン付加の他に、ナトリウムイオン付加、アンモニウムイオン付加、などによってイオンが生成する場合があります。

 

イオンの元素組成が解っても、(付加)イオンの種類が判らなければ元の分子の元素組成は分からないので、付加イオンの判別は非常に重要です。それをサポートしてくれるソフトもありますが、やっぱり自分で判断できるようにしたいですね。

 

ESIで生成し易いイオン種については、以下をご参照ください。

ESIで生成し易いイオン種

 

高分解能のLC-MSを使ってイオンのm/z 値を小数点以下3~4桁レベルまで正確に測れて、イオン種を判別できれば分子の元素組成が解る。

 

このことは、未知試料を測定する上で非常に重要です。世の中には数多くの分析装置がありますが、複雑な混合物から成る未知試料に対して、微量でここまでの(まだここでは解説していませんが実際にはこれ以上の)分析をするには、LC-MSGC-MSが最も適していると言えるでしょう。

 

 

マススペクトル解析などLC/MS関連全般に関するインハウスセミナーに講師を派遣します。

ご依頼は以下URLの問い合わせからお願いします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年10月の月間走距離

10月の月間走距離は、200 kmチョイでした。

201610%e6%9c%88%e9%96%93%e8%b5%b0%e8%b7%9d%e9%9b%a2

 

GPSでは187 kmになっていますが、一度20 km位走った時に、GPCウォッチが途中を間違えて途中でリセットしてしまったので、その時のデータがなくなってしまいました。

10月は16日にフルーツマラソンの大菩薩峠コースを走った以外、目立ったランイベントは無かったですね~

22日の、小澤酒造の蔵開きにランで行ったのは良かったですね!

月末に長女が卒業した高校の文化祭があって、PTAの催しを2日続けて手伝ったので、その二日間走らなかったのが効きましたね(>_<)

 

今月も大会の予定はないし、やっぱり大会が間近にないとモチベーション上がりませんねぇ...朝ランも最近寒くなってきたからサボりがちだし...

 

野辺山まではまだ時間があるし、焦らずマイペースで行きますかねぇ~(^o^)/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アドラー心理学と少年サッカーチームのコーチ

 

先週は少年サッカーウィークでした(^-^)

3日間の試合、私は審判を5試合!

dsc_1740

 

先日、家で仕事をしながら、友人がツイッターで薦めていたアドラー心理学に関するこの放送を聞いていて、

嫌われる勇気

サッカーの試合中にみた、コーチとしての子どもとの関わり方について思うところがあったので、書いておこうと思います。

 

私自身アドラー心理学に興味をもっていて、本は何冊か読んでいます。ブログにも何度か書いています。

 

 

先ずは、試合の結果から。

 

11月3日、市の4年生大会予選リーグ、一勝一敗で2位。審判は主審2試合。

11月5日、小平市のチームの招待試合、3年生。一勝二敗で6チーム中4位。審判は1審で1試合。

11月6日、市の4年生大会、予選2位チーム同士の決勝トーナメント。一勝一敗で入賞ならず。審判は主審2試合、第4審判1試合。

 

結果はついてきませんでしたが、何れの試合も良いゲームができていました。ただ、寄せが速いチーム、あたりの強いチームと対戦すると、まだ自分達のプレーができないですね。

 

さて、6日の他チーム同士の試合で第4の審判をやった時のこと、両方共強いチームなのですが、片方のチームの若いコーチが、試合中に選手達に罵声を浴びせるのです(>_<)

 

それはもう酷くて、叱るとか言うレベルではなく、人格を否定するような酷い言葉を、20分ハーフの試合中ずっとまくし立てるのです。

 

親として、コーチとして、教師として、など大人が子どもに関わるシチュエーションは様々ですが、どの様な関わり方であっても、目指すところは子ども達の健やかな成長だと思います。

 

褒めて育てる、叱って育てる、色々な方法がありますが、アドラーの考えは褒めることも叱ることも否定します。

 

褒めて育てると褒められるために頑張る、叱って育てると叱られないように大人のご機嫌を伺う、そんな子どもに育ってしまうと言う考え方です。

 

ではどうするか?

 

アドラーの考えは、動機付け、あるいは課題の分離、と言う言葉で表されます。サッカーを例にとるなら、何のために頑張って練習するのか、練習や試合でサボったら困るのは誰なのか、を認識させることを重要視しています。

 

サッカーが好きだから、試合に勝てばうれしいから、上手くなれば楽しいから、だから頑張る、努力する。これが動機付けです。

 

サボって他の子より上手くなれなければ、サボって試合に負ければ、困るのは自分であって親やコーチではない。これが課題の分離です。

 

自分の子どもであるなしに関わらず、以前はよく叱っていましたが、アドラー心理学を(少しですが)知ってからは、子どもを叱ることがなくなりました。

 

少年サッカーチームのようなシチュエーションでは、色々な大人が子ども達に関わるので、色々な接し方があって良いと思います。

 

叱咤激励することも、時には有効でしょう。前に書いたような、子ども達の人格まで否定するやりかたは、やり過ぎだと思いますが。

 

私はこれからも、叱らない、動機付けを伝えるような接し方をしていきたいです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析との出会い

このブログでは、エレクトロスプレーイオン化を主として、LC/MSについて質量分析関連の記事を書いていますが、その前はアメブロで質量分析関連の事を色々と書いていました。

 

最近このブログを読み始めてくれた方のために、以前アメブロに書いた記事を編集して、今書いている記事と並行して投稿してみたいと思います。

先ずは、私と質量分析との出会いから。

 

私と質量分析との出会いは、約30年前に遡ります。
群馬工業高等専門学校の5年生、卒業研究で物理化学の研究室に入ったことがきっかけでした。

質量分析とは何か?
っていうのは、この記事に極簡単に書いています。
質量分析とは?

担当の田島進教授はフラグメンテーション解析の専門家で、先生の元で1年間勉強して興味を持ち、質量分析の世界に入りました。

因みにフラグメンテーションとは、質量分析計の中でイオンが開裂することで、その様式や開裂した結果できた断片化イオンの構造を解析する学問がフラグメンテーション解析です。

例えば、皆さんが(私も)好きなお酒。主成分は、エタノールです。

エタノールの分子式は、CH3CH2OHです。

質量分析計で、このエタノール分子に強力な電子線を照射すると、分子から電子が一つはじき飛ばされて、CH3CH2OH+という+の電荷をもったイオンができます。このイオンは、質量分析計で得られるマススペクトル上では、46という数値で観測されます。

このエタノール分子イオンは、自身の内部エネルギーによって分裂し、CH3+ (15), CH3CH2+ (29), OH+ (17)などの質量の小さなイオンに断片化します(カッコ内は整数質量)。

この開裂は、分子構造の中の弱い結合が優先して切れて、且つ断片化したイオンは有機化学的に安定な構造をもつので、未知の分子であっても、質量分析においてフラグメンテーション解析することで、どのような分子であるかを推測することが出来るということになります。

話を群馬高専時代に戻しましょう。

当時田島研にあった質量分析計は、最近の装置とは全く異なります。
30年も前ですから、当然ですね! 当時の質量分析計と得られるマススペクトルデータは、こんな感じでした。

jeol_o1sg %e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%ab

 

これは前職である日本電子の昔の装置で、私が群馬高専で使っていたのは日立製作所の装置でしたが、世代としては似たり寄ったりだと思います。

最近の装置はコンピューター制御が進んでいて、ボタン一つ押すだけで殆ど自動で装置の調整から測定、解析まで、コンピューターがやってくれるものもあります。データはデジタルで、PC画面上でマススペクトルを見ると、質量値(実際にはm/z値)は自動的に割り当てられています。

昔の装置は、もちろんコンピューターなど使われておらず、操作は全て手動、データはアナログです。マススペクトル上に現れたイオンのm/z値は、ピーク1つずつ鉛筆で自分で付けていきます。m/z 100までのマススペクトルで、全ピークにm/z値を付けるのに30分位かかります。今は、m/z 1,000までであろうが10,000までであろうが、瞬時にイオンピークのm/z値を知ることができます。

質量分析計は、内部を高真空に保つ必要があります。

最近の装置は、装置が大気の状態から測定可能な高真空の状態にまでするのに、ボタン一つ押すだけで、自動制御でやってくれます。
真空ポンプの性能も高いので、装置によっては2時間位で使えるようになります。

昔の装置は、全て手動で真空状態をつくります。
5~6台はある真空ポンプの電源を順番に入れ、バルブを順番に空けて、少しずつ真空度を上げていきます。重要なのは、ポンプをオンにするタイミングと、バルブを開けるタイミングです。これを間違うと、ポンプのオイルミストが装置内に流れ込んでしまい、使えなくなります。

そうなると、私達学生で装置を全て分解、内部を有機溶媒で拭き上げます。これで二日はかかります。それから装置を1週間程かけて組み上げて、真空状態を作ります。真空を引き始めてから測定できる真空度になるまで、3日間ほどかかります。

つまり、ちょっと操作を間違えてしまうと、次に使えるようになるまでに2週間はかかる訳です。

最近の装置しか知らない人には、到底想像できないと思います。

昔の装置でできる事ってかなり限られていましたが、その限界の中でできるだけのことをやってきました。

昔の質量分析計から長い間現場で装置を触ってきた経験が、今の仕事に確実に生きていると思います。

LC/MS技術指導、マススペクトル解析、インハウスセミナー講師派遣などのご依頼は、以下URLのお問合せからお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析(LC/MS, GC/MSなどに関係なく)で絶対定量って有り得ないんだけど…

 

最近、質量分析関連の集まり(春の質量分析総合討論会や先日のLC/MSワークショップなど)で、一部のアプリケーションに質量分析を使っている人達が、¨絶対定量¨と言う言葉を使っているのを耳にして凄く違和感があったので、ブログに書いておこうと思います。

 

発表を聞いていて分かったのは、LC/MSにしろGC/MSにしろ、試料中の分析種(分析対象化合物)の絶対量や濃度を測ることを絶対定量、マススペクトルなどで強度を比較してどちらが何倍大きいなどと言うのを相対定量、と言っているようでした。

 

これって、分析化学的には正しくないです。

 

分析化学では、絶対量を測るかどうかに関わらず、量や濃度が既知の標品と試料のシグナル強度を比較する方法は相対定量、比較対象を必要とせず絶対量を測る方法が絶対定量です。

 

LC(UVでも蛍光でも)を用いる定量や比色法などは相対定量です。

電子天秤で重量を計る、メスシリンダーで液体の体積を計る、などが絶対定量になります。

 

質量分析はイオン化を必要とする分析化学です。イオン化の効率は化合物の性質によって異なるので、絶対量や濃度を測る時には、標品とのシグナル強度の比較が必要で、これは相対定量になります。

 

質量分析での絶対定量は、原理的に有り得ないのです。

 

このことは、今年味の素(株)様で5回実施した質量分析講義の定量分析初級編で話したので、そこに参加された方は正しく理解していると思います。

 

質量分析分野の人達が、この事を解っていて、つまり分析化学では相対定量だけど質量分析では絶対定量と言うことにしよう、と言う申し合わせがあったのならまだ良いのですが…

 

たかが用語されど用語

 

用語の定義って必要だし、用語を正しく使うことも重要です。

 

質量分析は分析化学の一種なので、基本的な用語や定義は分析化学に合わせるべきだと思います。

 

限られたメンバーで、全員が理解して議論しているような状況なら多少意味の間違った用語を使っても問題ないと思いますが、例えば質量分析を知らない分析化学者がこの言葉を聞いてあるいは学会要旨などで見て、¨質量分析って絶対定量ができるんだ! 凄いなー!¨ って思われるのは困りますね(>_<)

 

質量分析の専門家として、出来ることを出来ないって思われるは悔しいし、出来ないことを出来るって思われるのは困りますね。
LC/MSの技術指導、インハウスセミナー、LC-MS機種選定サポート、リン酸塩緩衝液を用いるLC/MS分析などのご依頼は、下記URLをご覧下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
TEL:042-308-5725
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。