ブログ

LC/MSにおけるMSのクロマトグラムに現れるゴーストピーク

 

今週から、メインのお客様のところで新しい試料のLC/MS条件検討を始めています。

 

自身としては久し振りに使う装置(四重極―飛行時間質量分析計)でしたが、最初からMSのクロマトグラム(全イオン電流クロマトグラムや抽出イオンクロマトグラム)にゴーストピークが出現し、なかなか消えずに困りました。マススペクトルから、ゴーストの正体は界面活性剤と予測し、3日間試行錯誤してようやく昨日の午後消えました\(^o^)/

 

ゴーストピークとは、試料に含まれていない筈なのに現れるピークのことで、試料溶液への環境や容器からの汚染などが原因になる場合が多いです。装置が汚染されている場合もあります。

 

ブランク溶媒を測定しても現れることから、ゴーストであることが確認できます。

 

オートインジェクターのニードルの汚れ、試料バイエルやキャップからの溶出、試料溶媒、移動相溶媒の汚染など疑いましたが何れも白!

 

HPLCの溶媒ラインのどこかが怪しいと思い、溶出力の高い溶媒を一晩流しっぱなしにしようと思ったら、何故か途中で止まったりして…(`_´メ)

 

現象から判断して、ラインでも特に水系溶媒側が怪しかったので、その検証をするためにブランク測定を繰り返し行ったら、ゴーストが消えてくれました\(^o^)/

 

これで条件検討が始められます❗

 

ゴーストピークの出現で困るのは、なんと言っても試料中の成分と重なること。解析が難しくなるし、場合によっては帰属ミスに繋がります。イオンサプレッションを起こす場合もあります。

 

今回のケースでは、前に使っていた人がLC移動相のボトル口にパラフィルムを巻いていたので、それが主な原因だと思います。

 

移動相溶媒の揮発や大気からの汚染を防ぐために、ボトル口にパラフィルムを巻いているのをたまに見かけますが、パラフィルムからの溶出成分があるのでやめたほうが良いです。

 

LC/MSにおけるゴーストピークの問題、常に付きまといますね(>_<)  数あるLC/MSのトラブルの中で、最も苦労するかも。

 

LC/MSに関する技術指導、分析代行、インハウスセミナーなどのご依頼は、ホームページの問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
TEL:042-308-5725
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

液クロ分取屋小原佐智子のブログ:サンプルを溶かす溶媒について

小原佐智子のブログ復帰2回目、以前投稿していた記事を再度掲載します。分取するサンプルを溶解する溶媒についてです。

 

20142月まではパラレル合成とフラッシュカラム精製を担当していましたが、20143月に分取担当の派遣の2人の方が退職し、それをきっかけに引継ぎ、現在分取を担当しています。

合成をやっていた時は分取の大変さを分かっておらず、お願いすれば何とかきれいにしてくれる!と思っていました。しかし、実際に自分が分取を担当してみて厄介だったり、大変だと思ったりすることが多々ありましたので、その辺の経験やその時思ったこと、アイディアだったりを思い立った順に書いてみます。今回はサンプルを溶かす溶媒についてです。

 

私の中での溶解溶媒の優先順位

MeOH>DMF>THF:MeOH=1:1>DMSO

 

分取をする上で、グラジエントの最初の溶媒組成で分取するサンプルを溶かすというのは基本ですが、扱っている化合物は基本的に水には溶けないので、上記の優先順位で溶かしてもらっています。(自分が担当するのは溶かしてもらったサンプルを分取するところから。)ただ、分取のバイアルに移している間に析出してきたり、分取中に析出してきたりということも多々あります。そういう場合は析出してきたものが目的物でなければろ過、目的物なら倍量で薄めたり、違う溶媒を試したりという作業が入ります。(なるべくやってもらっています)

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e6%ba%b6%e8%a7%a3%e6%ba%b6%e5%aa%92

 

自分の感覚では、DMFは顕著にUVが出てくるので、そこに目的物が出ないようには気を付けますが、分離には影響を与えません。THFでサンプルを溶解すると、化合物によっては分離が悪くなってしまいます。また、PEEKチューブはもろくなるらしいので、注意が必要です。SFCでは、サービスマンさん曰く、一時的に温度が下がる箇所があり、DMSOは詰まる可能性があるためあまりお勧めではないそうです。これも自分の感覚ですが、DMSOはピークの形が変わったり、カラムに量を乗せられなかったりします。特に順相条件でのキラル化合物の分取には要注意です。再度申しますが、基本は分取するときの最初の移動相と同じ組成の溶媒でサンプルを溶解ということをお忘れなく!

 

自分が合成やっていた時にあった特別な事例は酸で脱保護しアルカリで中和して水溶液のまま分取してもらうということでした。化合物ライブラリーを担当していたころのことで、水溶液のままの分取は脱保護後一度乾燥させてからMeOHに溶かして分取した時よりも飛躍的に目的物の回収率が上がりました。ただ、精製する量が4 mL~10 mLで、実際に自分が分取する側になったときには嫌な客だと思いました(苦笑)。

 

小原佐智子は現在派遣会社で働いており、転職活動中です。一日単位での分取代行にも対応できます。ご依頼はエムエス・ソリューションズまでご連絡ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC/MSセミナーは所詮机上の空論! 現場指導で応用力を身につけよう!!

 

昨年度から、月1回の割合で、ある大企業の研究所・解析チームを訪問しています。同社の製品開発に関わる、新しいLC/MS分析メソッドの開発を、共同研究と言う形で手伝っています。

 

通常は使わないイオン化条件やそれに付随するLC条件を確立するなど、成果を挙げています。担当の方から、¨自分達だけではこの成果は出せないと思う¨など、有り難い言葉を頂くと、この仕事をやって良かったと思います。

 

さて、今月訪問した時のこと、私が仕事をしているのとは別の解析チームの方から、LC/MSに関する相談を受けました。共同研究の内容とは関係ありませんが、訪問した時にはこのような相談にのることもあります。

 

合成部門からの依頼で分析しているとのことでしたが、分析に最低限必要な情報を、依頼者から聞き取りしていませんでした。必要な情報を伝え、先ずはそれを聞き取りして貰い、その上で分析条件などを検討するようにアドバイスしました。

 

こう言うことって、企業内の開発部門と分析部門との間で時々見られるようです。

 

分析部門の人は、開発部門より自分達を下に見る傾向があるように思えてなりません。だから遠慮から(?)か、分析に必要な情報を聞くことをせず、開発の人から渡された情報だけで分析を始めてしまう。でも、そもそもの情報が不足しているので、まともな分析はできず、正しい結果を報告できないと言う負のスパイラルに陥ってしまう。

 

分析部門は開発部門の下請けではありませんよ!

 

分析結果次第で開発の方向性が変わることもあるのですから、むしろ分析が開発を牽引するくらいの意気込みでやりたいですよね。特にLC/MSは難しいですから、開発の人は知識が乏しいケースが多いと思います。分析サイドが基礎・基本をしっかり抑えて、正しい分析をして欲しいと思います。

 

今回のケースでは、相談に来られた担当の方は、様々なセミナーなどに出掛けてしっかり勉強されています。私もそのような場で何度かお会いして面識がありました。セミナーなどで勉強しても、実際の現場での仕事は違うのです。

 

セミナーが役に立たない訳ではありませんが、分析上の問題は現場で起こります。セミナーなどで講師に質問してアドバイスを受けても、机上の空論に過ぎません。経験豊富な上級分析者に、現場を見て貰ってアドバイスを受けることが、良いLC/MS分析には必要不可欠です。

 

組織に該当者がいない時は、是非エムエス・ソリューションズを頼って下さい❗

 

自分達で苦労することも大切ですが、問題解決には道しるべが必要です。

コンパスも地図も持たずに山に入ることが無謀(迷って遭難するだけ)なように、大した知識も経験もない初心者分析者が、自分だけでLC/MSを何とかしようと思うのは、やっぱり無謀なことなのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

液クロ分取屋小原佐智子のブログ:コレクトのタイミングについて

 

暫くお休みしていた非常勤スタッフ小原佐智子のブログを再開します。再開第一回目は、LC, LC/MS分取におけるコレクトのタイミングについてです。

 

図1は分取のクロマトグラムの例を表しています。私が分取しているときには、図1のようにピンクの部分と黄色の部分のフラクションが取れてくる場合があります。目的物がピンクだった場合、量が十分であれば黄色の部分は捨てますが、量が少なかった場合、黄色の部分は集めておいて再分取をします。

20161121_%e5%9b%b31

図1 分取クロマトグラムの例

 

分取では、PC上のクロマトグラムと実際にコレクションするタイミングにずれがないことが重要だと思います。

 

分取をしている皆さんはコレクトのタイミングについて注意していますか?

逆相LC/MS分取の場合、スタンダードにクマリン314(黄色の色素)を入れて、トリガーをかけてクマリン314部分を分取して確かめています(毎日)。フラクションに入る量や色(見た目の濃度)がいつもと違う場合は以下のことを確認してください。

Watersの分取装置(2767)で説明します。ちょっと前にサービスマンの方に教えてもらいました。

2のコレクションバルブ(って呼んでいるのですが、あっているのでしょうか?(笑))を見てください。トリガーにかかっていない場合はバルブのAからBの方向に向かって液が流れていきます。トリガーがかかった場合、AからCの方向に流れます。クマリン314にトリガーをかけると分取装置が検出しコレクトバルブがカチッといって流路がABからACに変わり、ノズルから液が流れます。その時に、黄色の液体がBの方向に流れていないことを確認します。次にクマリン314を採り終わってバルブがカチッといったら流路がACからABに変わるので、ABの流路に黄色の液体が残っていないことを確認します。流路に黄色の液体が流れていたらコレクトのタイミングがずれていると思います。

分取の収率が思ったように上がらないというようなお悩み(があるとしたら)は、もしかしたらタイミングがずれているのかもしれません。一度サービスマンの方に相談してみてはいかがでしようか?自分で直せる方は直してみてください。

20161121_%e5%9b%b32

図2 コレクションバルブ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LC/MS用オンライン脱塩装置のデモンストレーション、からの脱塩カラムのみの販売決定

昨日、お客様からのご依頼により、開発中の“LC/MS用オンライン脱塩装置”のデモンストレーションを行ってきました。通常装置のデモンストレーションというと、お客様が販売側に来られて装置を見るというケースが殆どだと思いますが、私達はLC-MSをもっていないので、脱塩装置をお客様のLC-MSに接続して一緒に測定をしながら見て頂くというものです。

 

装置と言っても、重要なのは脱塩をするカラム部分なので、今回はその部分だけ持って行って、一緒にお客様の試料を測定しました。実はこの測定は2回目で、前回は内径2 mmLCカラム、移動相流量0.3 mL/min10 mMリン酸塩緩衝液のLC条件に対して、移動相流量1 mL/min用の脱塩カラムを使った(その時はこのサイズしか手元になかった)ため、ピークがブロードニングにしてしまったということがあり、今回はお客様のところでリン酸塩緩衝液を使うのは1 mL/minの流量が殆どであるということを伺ったので、前回と同じ脱塩カラムを持ち込んで、内径4.6 mmLCカラム、移動相流量1 mL/min10 mMリン酸塩緩衝液のLC条件で測定を行いました。イオン源はESI、昨日使ったLC-MSESI1 mL/minの移動相流量は多すぎることも懸念されたのですが、特に問題はありませんでした。通常ESIは、0.2 mL/min程度の移動相流量で使うことが多いので。

 

前回と同じ試料を測定し、UVクロマトグラムのピークよりほんの少しだけブロードにはなったものの、綺麗なMSのクロマトグラムが確認できました。このお客様、とにかく210 nmの波長でUV検出器を使うことが多いとのことで、酢酸やギ酸系の移動相ではなくリン酸塩を含む移動相を多用しているのだそうで、私達の技術に期待してくれています。

 

私達の脱塩装置は連続測定を想定して設計しているのですが、このお客様曰く、“差し当たって多検体の連続測定にまで発展するか分からないので、脱塩カラムだけ購入することはできないか?”というご質問を頂き、“脱塩カラムだけでも販売しますよ”と即決・即答してきました。

 

オンライン脱塩装置は来年4月発売予定ですが、連続測定まではしないというお客様に対しては、それより前に脱塩カラムだけの販売を開始することにしました。

 

発売時期や価格については追ってホームページに掲載しますが、充填剤を詰めた状態の脱塩カラムは110,000円程度、詰め替えは11,000円程度(ある程度まとまった数でご依頼された場合)になる見込みです。脱塩カラムは、通常性質の異なる2本を連結して使い、2本セットで、10 mMリン酸塩緩衝液を1 mL/minで送液して約30分間連続脱塩が可能です。例えばUV検出器でモニターしていて、目的成分付近の一部の時間だけ(3分間とか)バルブを切り替えて脱塩カラムを通して導入するという使い方をすれば、1つの脱塩カラムセットで最大10試料くらいまでは測定できる場合もあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

起業して大変なこと:資金の調達

エムエス・ソリューションズ()を設立して6年ちょっとが経ちました。アメブロに、企業して大変なことと題していくつか記事を書いています。

今回は開発資金の調達について、いま現在大変な思いをしていることを書いてみたいと思います。

 

今年の3月までは、LC/MSを行っている企業や研究機関、大学等での技術指導や分析サポート、セミナー講師等、所謂私自身が動くことが仕事の全てでした。物品の売買は殆どやっていなかったので、まとまった費用というのは特に必要ありませんでした。しかし4月以降、LC/MS用オンライン脱塩装置の開発とプロトタイプを用いた受託分析を行っています。

 

今までには必要なかった開発資金が必要な訳で、補助金やらなにやら資金の調達方法を色々と検討している訳ですが

 

資金の問題、もの造りをしている会社(特に中小や零細)は、どこでも経験しているのでしょうねぇ(>_<) いやぁ~、お金がないって本当に大変です。前職の時は、予算削減等でやりたい仕事が制限されることはあっても、自分の給料を削ってまで開発をするなんてことは無かったですから、自分でビジネスをすると色々なことが経験できます。

 

さて、資金調達として最良なのは返済の必要がない補助金。しかし、一人で(年明けに二人にはなりますが)やっている会社が単独で申請できる補助金の募集ってそもそも少ないのです。

 

まだまだチェックできていない補助金も沢山あるのだとは思いますが

 

それでも春から秋にかけて3つの補助金に応募しましたが、全て不採択(>_<)

dsc_1741

 

これらは、200万円位を受け取る計画で応募しましたが、50万円でも、あるいは10万円でも20万円でも、零細企業の開発資金としては助かる訳です。

 

有名大学、大企業、国研などが絡む産学や産官学の共同研究開発に何億も何十億も使うことは良いですが、その内の1%でも、小分けにして零細企業向けの補助金件数を増やして欲しいと思う、同規模の企業経営者は沢山いる筈です。

 

あるいは、オリンピックに関する様々な問題、ろくに仕事をしないで高い給料を貰っている一部の国家公務員、様々なところで行われている税金の無駄遣いを見直して、10万でも20万でもいい、我々零細企業に補助金を回して欲しいと切に願います。

 

LC/MS用オンライン脱塩装置は来年4月からの発売開始を決めました。価格は約150万円です。

お金はありませんが、お金がないなり知恵を絞って、人の力も借りて...

4月の発売開始に向けて、パートナーと頑張って開発を進めていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。