ブログ

理系研究者はマラソンに向いている

理系研究者というと、根暗で部屋に閉じこもって勉強ばかりして、

スポーツとは無縁の人というイメージを持たれる方がいると思いますが...(>_<)

 

はっきり言って、理系研究者は本来スポーツに向いています。

マラソンには特に向いていると思います。

 

理由は以下!

1. スポーツ中の身体や道具の動きは、全て中学までの簡単な物理か化学で説明できること。

2. 理系研究者であればそのような簡単な物理や化学は誰でも理解できるであろうこと。

 (私は化学専門で物理はどちらかというと苦手だが、この程度は理解できる)

3. 頭で理解できれば、身体の動かし方をイメージしやすいこと。

4. マラソンは他のスポーツよりも地味でコツコツとやる感じがあり、化学の実験などに共通する部分であること。

 

私は6年程前からウルトラマラソンをやっていますが、加齢と共に怪我をしやすくなっていることを

悲しいことですが実感しています。

 

年をとっても怪我をしないようにするためには、筋力トレーニングも大事ですが、

何といっても理にかなった動きをすることだと思います。

 

そして、ここ1~2年、身体の構造とランニングの動きを物理的に考えて、

自分なりの理想の走り方を追求してきました。

 

(二週間程前にサッカー少年達と一緒にダッシュ練をやってハムストリングの軽い肉離れを起こしてしまいましたが)

マラソンのペースで走っている限りにおいては、

以前に比べると怪我をしにくくなりました。

 

初めて野辺山ウルトラマラソン(71 km)に出た時(6年前)には、

足首も膝もテーピングでガチガチに固定していましたが、

昨年はテーピングなしで100 km完走できました。

 

青白い顔して実験や論文執筆に時間を費やしている理系研究者のあなた!!

 

たまには外で運動して、健康な身体を手に入れてみませんか?

 

質量分析と一緒にランニングの指導も引き受けますので、お気軽にご相談下さい。

大学での質量分析の講義で意識していること

会社設立2年目から、4~7月の毎週月曜日は、横浜市立大学(八景キャンパス)で、質量分析の講義をしています。 
異なる二つの装置を使って実習を行うので、もう一人の先生と2名で担当。 
 
対象は3年生 
8~10名でグループ分けして、2グループ一緒に講義、実習はグループ毎に2回、解析も2グループ一緒。 
4週で1サイクル。これを3回(全6グループ)やります。 
 
 
内容は質量分析の基本的なこと、マススペクトルの解析、特に同位体の解釈。 
 
 
炭素、水素など多くの元素には、複数の同位体が存在します。 
同位体とは、化学的性質が同じで質量が異なる同種元素のことです。 
 
同位体の解説は長くなるので、また今度にしますが。 
 
 
同位体の存在を確認しながら、マススペクトルの解釈の仕方を教えています。 
 
しかし、ただ一方通行で教えても学生達は覚えないので、色々と質問するようにしています。 
 
 
 
3年生は、この春に初めて質量分析と言う言葉を聞いたので、まだ何も知らないのと同じです。 
 
でも、私は敢えて学生達にこう言います❗

 
 
「私は皆が質量分析について殆ど知識がないことを知っています。それでいて敢えて色々な質問をします。

分からないことを分からないと安易に答えるのではなく、考えて、想像して、イメージして、

間違っていても良いから自分の言葉で何か答えてみましょう」

 
 
大学の3年生までは、既知のことを教えられて試験でそれをアウトプットするだけです。 
しかし、4年生になると研究室に配属されるし、早い子はその1年後には社会にでます。 
 
 
覚えた事をアウトプットするだけ 
 
分からないことを分からないで済ませてしまう 
 
そんなことでは、社会に出て、理系大学出身者として何の役にも立ちません。 
 
 
 
社会で役に立つ人材を大学で育てるには、自ら考えて行動する力をつけさせることが大切だと思います。

 

 

講義や実習の間には、時間を見つけて起業の話などもします。

サラリーマン時代との仕事内容や意識の違い

起業してから苦労していること

起業して良かったこと

起業するってこと自体は簡単であること、などなど

 

 
 
今年の3年生、今見ているグループには男女一人ずつ見所のある子がいます。 
 
 
そう言う子が、私が出入りしている研究室に入ってくれば良いなぁと思いつつ、 
 
7月まで講義頑張ります(^-^)/

東京都スキー連盟の指導員研修会

 
先週末は、東京都スキー連盟の指導員研修会で、志賀高原の熊の湯スキー場に行ってきました。 
 
前職である日本電子に勤めている時、スキー部に入っていて 
 
19年前に全日本スキー連盟の指導員資格を取得しました。これ⬇がライセンス 
 
 
最近付き合いのある人の中で、髪がある私を知っている人は少ないと思います(((^_^;)

ちなみに、今も剃らなければ結構残ってるんですよ!!!

 
 
さて、私が日本電子に入社した1990年はスキーブーム全盛期!

 

原田知世さん主演の”私をスキーに連れてって”の公開が1987年でしたから

入社当時はスキー場への行き帰りの道路はどこも激しい渋滞

スキー場でのリフト待ち1時間以上なんてざらにあった

ゲレンデでは松任谷由実さんの”サーフ天国スキー天国”が何処へ行っても流れていた

そんな時代でした。

 

 
スキー部でも講習会を開催すると大勢人が集まりましたが、資格をもっている部員はいない状況。 
 
 
私は学生の時に1級を取っていたので、必要に迫られ、入社2年目に準指導員の資格試験を受けましたが不合格(゜ロ゜) 
 
翌年に2回目の挑戦で合格(^-^) 
 
 
更に3年後に指導員資格を取得(準指導員として3年間の指導経験がないと指導員試験を受けられない)し、 
 
会社を辞める5年ほど前まで、社員や家族の方達にスキーを教えていました! 
 
 
全日本スキー連盟の下に各都道府県の連盟があり、日本電子スキー部は、東京都スキー連盟に登録しています。 
 
 
資格を維持するためには、都道府県の連盟に登録しているクラブに所属していて、最低2年に1回は研修会に参加する必要があります。 
 
日本電子を退職して5年経ちましたが、いまだに日本電子スキー部に所属させてもらっています。 
 
 
とても有り難いですし、前職の仲間とスキーを通じて繋がっていられるのは、うれしいですね。 
 
 
いつもは、部の指導員仲間と12月の研修会に参加するのですが、 
 
12月にはホノルルマラソンと環太平洋国際化学会議に参加したので、 
 
 
今シーズンは4月にしました。 
 
 
でも、一人で行くのはつまらないし車の運転も大変なので、 
 
飲み友達を誘って3人で行ってきました❗ 
 
 
研修会終了後のフリータイムに撮影。 
 
 
 
最近は冬場も走ってばかりで、スキーに行く機会が大分減りましたが、 
 
やっぱりスキーは楽しいです(^-^) 
 
 
折角指導員の資格を維持しているので、スキーの楽しさを多くの人に伝える機会をもてると良いなぁと思っています\(^^)/ 
 
 
私は今でこそマラソン中心(⬅もちろん仕事以外で)の生活ですが、 
 
指導員の資格を取得した頃は、スキーのことしか頭にない(⬅もちろん仕事以外で)ほどのスキー馬鹿でした。 
 
 
 
私の今まで50年の人生は、スキー無くしては語れないので、 
 
これからスキーの記事も書いていこうと思います。 
 
 

見えないものを見えるようにする技術

あなたは目に見えないものの存在を信じますか? 
 
 
見えないものを見えるようにする技術ってありますよね❗ 
 
 
いくつかタイプがありますが、 
 
総称すると 
 
 
可視化 
 
 
と呼ばれる技術です。 
 
 
 
身近なところでは 
 
整形外科でのレントゲン撮影 
 
骨折しているかどうか、胸部の診断などに使います。 
 
 
 
これは、皮膚を切って身体の中を見れば肉眼で見えますが、切らずに見えるようにすると言う可視化技術です。 
 
建築物の非破壊検査もこれに相当します。 
 
 
 
一方で 
 
今の科学技術ではどうあがいても見えないものを見えるようにする、 
 
そんな可視化もあります。 
 
 
 
質量分析っていうのは、ある意味後者の可視化技術なんだなぁと 
 
今日何気なく思いました。 
 
 
 
 
質量分析は 
 
気相イオンを分析する技術です。 
 
 
 
単分子の気相イオンと言うのは 
 
世界最高性能の電子顕微鏡を使っても 
 
その姿を捕らえる(見る)ことはできません。 
 
 
 
質量分析計では 
 
気相イオンは金属板に衝突させて二次電子に変換し 
 
それを電気信号に変換して最終的にマススペクトルとして観測できるので、 
 
 
 
目には見えなくてもその存在や性質を確認することができる 
 
非常に優れた可視化技術と言えます。 
 
 
 
昨日は早稲田大でLC/MSの技術指導の日、研究室に4年生が配属されたので、 
 
一日講義をしてきました。 
 
 
 
難しいけど大切な技術なので 
 
しっかり伝えていきたいです。 
 
 
 
 
可視化技術と言えば 
 
 
トトロは子供にしか見えないお化けと言う設定ですが、 
 
人間には見えなかったものが、 
 
近年の科学技術の進歩で、その存在が明らかになってきています。 
 
 
 
私は宮崎駿さんの作品が好きで、 
 
中でも 
 
となりのトトロ 
 
はホントに大好きで 
 
 
 
トトロのようなお化けはホントに居るんじゃないかと、半ば本気で思っています。 
 
 
トトロを可視化できる技術ができると良いですねo(^o^)o

質量分析計のキャリブレーション

質量分析計(MS装置)におけるキャリブレーションの話を1つ。 
 
 
 
MS装置のキャリブレーションとは、 
 
MSで得られるマススペクトルの横軸(m/z、mはイオンの質量でzは電荷数) 
 
を補正する操作です。 
 
正確にはマスキャリブレーション、日本語では質量校正と言います。 
 
 
MSはイオンを分析する技術であり、 
 
マススペクトル上に観測されたイオンのm/z値から 
 
元の分子の質量を知ることができるため、 
 
 
m/z値が正しいかどうか 
 
 
と言うことは 
 
質量分析で最も重要なことです。 
 
 
つまり 
 
キャリブレーションが正しく実行されたかどうか 
 
あるいは 
 
今の装置が正しくキャリブレーションされている状態かどうか 
 
 
を検証することが 
 
極めて重要です。 
 
 
 
最近のMS装置はソフトウェアの機能がとても充実していて、 
 
キャリブレーションが正しく実行されたかどうかを検証してくれます。 
 
 
 
その機能はとても有用で便利なのですが、 
 
機能に頼りすぎてしまい 
 
自ら検証できる分析者が少なくなっているように思います。 
 
 
 
今日、 
 
大学でLC/MSの技術指導をしていて、 
 
先日LC/MS分析士二段を取得した学生が、 
 
キャリブレーションの検証をサボりました(>_<)

 

二段を取得したので安心していましたが、

 
大切なことは、根気よく繰返し伝えていく必要がありますね。

LC/MS分析士五段:プロとしての誇り

日本分析化学会では、

液体クロマトグラフィー分析士、LC/MS分析士、イオンクロマトグラフィー分析士

という資格認証制度を始めています。

 

初段から五段まであり、一年に一段ずつ受験することができます。

 

私はLC/MS分析士試験が始まった年から毎年一段ずつ受験していて、

昨年末に最高段位の五段を取得しました。

LC/MS分析士五段取得者は、まだ4人しかいません。

201632121290.jpg

 

五段まで取得するには

LC/MSに関する豊富な経験と十分な知識、高い分析スキルが必要です。

 

 

近年、LC-MSの操作性が飛躍的に向上したため、

オペレーションを覚えて測定をできるようになるだけなら

専門的な知識も経験も殆ど必要ありません。

 

 

車の操作を覚えるだけで路上を運転できますか?

できませんよね?

 

教習所で交通ルールやマナーを教わって

免許(資格)を取って

初めて路上を運転できます。

 

質量分析(LC/MS)が車の運転と同じとは言いませんが...

 

メーカーで教えてくれるのは、装置のオペレーションです。

無料の基礎セミナーで分析技術についても少しは教えてくれます。

私もメーカーの無料セミナーに参加したことがありますが、

正直言ってレベルは低いです。

まぁ、無料なんだから当然ですね!

 

 

装置のオペレーションを覚えただけでLC/MSができるようになったと勘違いしていませんか?

 

私の経験では、

LC/MSで重要なのは

前処理30%

各種条件検討30%

データ解析30%

オペレーションはほんの10%

 

LC/MSをちゃんとやりたいのなら

分析技術としてのLC/MSをしっかり学んでください。

 

そのために、プロの技を是非活用して下さい。

 

 

質量分析屋のブログでは小平市を拠点とする日々の活動やお役立ち情報をご紹介しております

東京都小平市にあるエムエス・ソリューションズ株式会社のブログでは、企業様や研究機関における技術指導やセミナーなど日々の活動のご紹介をはじめ、大学での講義の模様などもご案内しております。
当社がどのようなサービスをご提供しているか検討材料にしていただけるのはもちろん、質量分析の最新情報やノウハウなどもご紹介しておりますのでぜひご参考になさってください。
東京都小平市のエムエス・ソリューションズ株式会社のブログではトライアスロンやマラソンを趣味とする代表のエピソードなどもご紹介しております。技術指導やご相談を承る代表の人柄なども垣間見られるブログとなっておりますので、ぜひ判断材料の1つにお役立ていただき、初めての方もお気軽にお問い合わせください。