不揮発性のイオン対試薬によるLC/MS分析例:ソルナックチューブの応用

塩基性化合物のHPLC分析には、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)などの不揮発性イオン対試薬を添加した溶離液が用いられます。SDSは不揮発性なので、LC/MSに用いることは出来ません。

我々は、不揮発性のリン酸塩を添加した溶離液条件でのLC/MSを可能にする脱塩システム(ソルナック)を開発しています。

ソルナックチューブを不揮発性のイオン対試薬に応用したアプリケーションデータを、ホームページに掲載しました。

ただし、SDSの使用は困難だったので、ドデシル硫酸アンモニウムを用いています。

 

イオン液体の分析例

陽イオン界面活性剤の分析例

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エムエス・ソリューションズ株式会社
http://www.ms-solutions.jp/
住所:〒187-0035 東京都小平市小川西町2-18-13
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇