お客様の声

企業の分析担当者様A

LC-MSを初めて導入・使用することをきっかけに、 導入後にコンサルティングを依頼しました。 最初は条件設定や解析に対する基本的な考え方を 初心者にもわかりやすく丁寧に教えていただき、 その後は、ご指導をいただきながら、 未知物質の同定に取り組みました。 所有している装置で可能な限りの分析を行い、 測定に対する理解と所有する装置の限界把握ができました。 同定しきれなかった物質に関しては、 精密質量MSでの測定を依頼することで同定することもできました。 その際も、結果だけの報告ではなく、 解析の仕方や考え方を併せて教えていただくことができ、 外部の分析会社に測定を依頼して結果を得る以上の効果がありました。 その後はメール会員として、 日々の業務に関する質問をさせていただいていますが、 どのような質問に対しても根気よく答えていただけ、 また、非常に早いレスポンスで業務のスピードにも適しています。 困ったときにすぐ相談することができ、 相談後は悩まず聞いてよかったと思えます。 また、LC-MSに限らず目的に適した手法を提案していただけるため、 分析全体への理解が深まることは想像以上の効果でした。 今後も継続して利用したいと考えています。

企業の分析担当者様B

数年前にLC-MSを導入しましたが、解析対象となる成分が非常に多く、 分析条件の検討や解析方法に行き詰まっていました。そんな中、LC研究懇談会や質量分析討論会で髙橋さんとお会いし、コンサルティングをお願いしました。内容は月1で、職場にお越しいただき、一緒に考えながら条件検討等を行っていくものです。 おかげさまでイオン化等の基礎的な内容から始めていきましたが、現在は、ほぼ分析条件が確立され、解析面では多変量解析もご指導いただき試料の比較を行っております。 検討中の思い出としては、導入した装置がそのままでは分析ができないことが分かるとコストをほとんどかけずに簡易的な分析システムを作製していただくなど、臨機応変に我々の要望に応えていただいたことが記憶に残っています。現在は、自動で分析できるシステムをご提案いただき作製しましたが、メーカーではなかなか対応できないシステムもしっかり立ち上げていただき大変助かりました。検討を通じて自分自身の分析技術の向上が図れたと思っております。今後もLC-MSに関する相談は髙橋さんにお願いしようと思います。

研究機関の分析部門責任者様

我々のラボでは法令や規格に基づく定量分析をメイン業務としていますが、ここ数年は未知成分の組成式推定や構造解析の業務が増えてきています。未知成分の組成式推定・構造解析では、LC-MS/MSを用いて取得したマススペクトル及びプロダクトイオンペクトルを読み解く作業を行いますが、特に分析種のフラグメンテーションが非常に難解な場合や急ぎの案件が舞い込んだ場合には、我々の知識・経験が不足しているために依頼者に納得してもらえる報告書を作成することは容易ではありません。そこで最近では、質量分析を用いた定性分析の案件では専門家であるエムエス・ソリューションズ様を利用するようになりました。エムエス・ソリューションズ様からいただく報告書には、決定した構造に加えその解析術も盛り込まれていますので、依頼者に結果を報告する際の参考になり、大変助かっています。また、エムエス・ソリューションズ様はスペクトル解析に長けているだけでなく、質量分析計とその取扱いについても豊富な知識・経験をおもちですので、測定条件の設定にも適切なアドバイスをいただくことができます。今後もこのような業務をお願いしたいと思うと同時に、社内勉強会を開催する際に外部講師としてお招きできたらとも考えています。